高速道路グルメ批評その1 100メニュー

あえて高速道路のパーキングだけに絞ったグルメコーナー。最初から少し高めで、あんまり期待してない分、
思ったより美味しいとなんか嬉しいんじゃないか?と言うお店の人に怒られそうなスタンスでやっていきます。

予算はザックリ千円、高くなると美味しくても評価は厳しくなるのがここのやり方。
美味しいものを紹介するんじゃなく、どうしても利用する高速道路で何か楽しみ(?)を見つけないとな〜、ってことですね。

★5つ また食べまーす。
★4つ 美味い。また食べるかも。
★3つ 合格点。でもまた食べるかな?
★2つ 完食しただけ。次はない。
★1つ 我慢して食っただけ。
★ゼロ 許さん!

これが評価基準です。実際にはいろんなものを食べるので同じものを食べることはあまりないだろうけどね。


名神高速下り大津SA カレーチャンポン980円

この企画、100メニュー目がこれです。続いてますね、まだまだ続きますよ。下り大津SAが新しくなって初めて行ってみました。確かに以前は一世代前のパーキングって感じでね、それはそれで良かったけど、新しいのは落ち着かないくらい広いです。レストランだと単価が1000円超えになるのでギリギリのこれにしてみたんですけど、どうでしょう?誰でも考えつきそうなメニューではあります。

チャンポンは基本がリンガーハットですからね、あの値段と量に慣れてるボクは厳しくなってしまいますが、リンガーハットにはない変化球をこのフードコートはいくつか持ってましたんでカレーチャンポンですが、思いっきり想定の範囲内でホッとしたところと、ちょっと面白く無いかな?の2つが感想。おそらくスープはカレー味になっただけで具とかは基本のチャンポンと同じだと思う。辛さはボクでもいける、辛いの好きな人向けでもないですね。

★は3つ、ボリュームのあるチャンポンですけど、980円は高い気がする。チャンポンとは本来「安く作れるもの」である、元々の成り立ちはここですから。名神の滋賀県内には多賀、黒丸、菩提寺、草津、大津とパーキングは充実してるけど、渋滞する前に走り抜けたい気があって案外大津などはスルーなんですよね。でも休日の夕方って食べるところは空いてます。駐車場いっぱいでも空いてます。日曜日に夜は家で食べたい派が多いんでしょうな。

名神高速上り多賀SA 鉄板ミックスグリル1000円

以前やられた多賀でガッツリメニューがあったので行ってみましょう、朝5時にミックスグリルを食べられるボク、そうでなければこの企画は続きません。「超肉食系向け」とありますね、鉄板にはハンバーグとウインナーが長いの2本、これに唐揚げが2つ。チキンステーキではなく唐揚げなのは笑ってスルーしましょう。そしてパスタがあって、ベーコン、ハンバーグにはこれカレーがかけてあるんですね。さらにサラダ、ライス。すごいな。

確かに迫力あります、弱気になると残しそうなんで強気でガンガン食べます。ライスが茶碗サイズで良かった、と言うかライス要らんかも?なんて思ったくらい。これアラフォー過ぎた人には本当にライスはこれでも多いくらいですね。ミックスグリルはボクも以前からファミレスとかでもお世話になったけどウインナーが2本ってのはここくらいじゃないか?

鉄板に唐揚げ?と思ったがこれ調理側を考えてみるとすぐ分かる、実際にこの鉄板で調理もなにもこれ載せてるだけ、みんなチン!で出来るものを鉄板に載せてるんでしょう。ボクはこれ全然かまいません。評価としては最初からガッツリ行ったるで!と気合が入って1000円でも★5つ。高ポイントのひとつは他のフードコートにはないメニューだから。ハンバーグにかかってたカレーは甘め、10代向けのメニュー、この先50過ぎても食っちゃる!

北陸道上り呉羽PA サクサク海老のオムライス970円

フードコートなんだけど、店は「キッチンNORIO」というお店、明るく感じのいい店になってますが、作業着のおっさんが少し浮いてしまうからパーキングではあまりオシャレ路線にならないで下さいね。ここくらいなら許容範囲ですけど。で、970円もするオムライスなど。これエビフライが5つトッピングしてあるんですね。ケチャップやマヨネーズもちょっとカッコつけてかけてあります。

エビフライは尻尾もちゃんと外してあって嬉しいよね。やよい軒のエビチリなんざカタい尻尾付いたままだったな。あれはないと思ったわ。当店のは尻尾付きですとただし書きしたってダメ、尻尾は取るべき。このオムライス、味は予想の範囲内、そういう意味じゃオムライスは外しにくいメニューだと思う。

ケチャップライスも濃い目のケチャップ味が付いてマッシュルームやらの具も大きめで美味しかったけど、やはり970円(税込みね)は高いかな?オムライスってそもそも高いものか?ボクの印象じゃ580円が基本のオムライスの値段だけどな...それにエビフライだからそんなもんかな。★3つ、普段から定食のご飯は大盛りにするひとは量が足りないんじゃないかな?

北陸道上り有磯海SA 牛とじ丼セット890円

ここのフードコートの目玉商品とでも言いましょうか、白えびを使ったものなどが昼前からとのことで、24時間やってるメニューから選んで牛とじ丼でございます。この看板メニューにもなり切れず..でもボクは好き、でも牛丼がずっと安く食べられるのに手間もあるのか一気に高くなってしまうそんな牛とじ丼。決して牛丼に生卵かけちゃうものとは違う、もっとボクとしてはハイグレードな丼、それが牛とじ丼。

これね、今まで食べた牛とじ丼の中で一番牛丼の部分が前面に出てきてる感じ。玉子丼の具に牛肉を使ってるとかじゃない。丼の右の方に見える卵とじの色の濃さがそれですね。牛丼屋だとたくあんとか出てきませんが、実は牛とじ丼ではたくあんが欲しくなったりするんよね。牛丼屋はお新香で稼がんといけないからたくあん出せないもんね。

牛とじ丼が良かったのでセットになってたそばの印象はすでに飛んでますが、美味しくても不味くても特別なら覚えてるもの。ここは三つ葉まで載せちゃった丼の良さが光る。親子丼で三つ葉が乗ってないと★2つはマイナスだけど、牛とじ丼で三つ葉はあまりない?ところでこれを他人丼としてもいいと思うけど。そうじゃないのはなんだろ?牛とじ丼の方が高級に思えるからやろか?★4つ!(単品で安けりゃ5つやったな)

北陸道下り有磯海SA 富山ブラックらーめん900円

富山県のパーキングではだいたい置いてあるのかな?名物ブラックらーめんです。ボクは以前お土産用のラーメンを買いまくりの食べまくりだった頃に自分で作ったブラックらーめんを食べてます。これだけ、と言うわけでお店では初でございます。その地方のらーめんもいろいろありますが、その中にもいろいろありましてこれが合うかどうかはわかりません、もしこれがイマイチだなと思ってもブラックらーめん自体否定する気もなし。さてどうでしょう?

900円ってのは単品にしては高めですね。呼ばれてもらいに行くと店のおばちゃんが「これはしょっぱいのが特徴です、しょっぱ過ぎたらスープで薄めますからね」と。つまりは事例があるんでしょう、自分で作ったものは色の濃い醤油らーめんだったが、これは?最初から黒胡椒が振ってありますね、スープも確かにしょっぱそう。これ麺や具は語るも後回し、やはりスープですね、確かにしょっぱいです。薄めてもらうことはないけど相当なもんです。

細かいチャーシューやでっかく切ったネギも相まって独特の富山ブラックらーめん、この店のに限ればちょいキツイ。ボクにもしょっぱ過ぎますね。胡椒も効いてるし、スープもレンゲでちょっと啜ってもキツイ。そもそも黒胡椒要るかな?評価は価格もあって★2つ。逆に他の店のブラックらーめんも食べてみたくなった。ボクはよくある「スープの色が濃いのに意外とあっさり」と言うのがもったいない感じで、ガツンと来て欲しいと思ってたが、これ強烈っす。

北陸道下り南条SA 濃厚カニスープラーメン880円

880円とやっぱりいい値段ですね、この値段を美味しさから来る自信の表れなのかも?といい様に受け取ってドボン!を繰り返すことこそパー飯の悪夢、いや魅力なのだ。画像検索で「かにラーメン」など調べてみるとラーメンに甲羅ごとのカニそのまま乗ってるドッキリネタみたいなのが登場するけど、こちらはそこまで下品ではなく、一応考えて作ったラーメンのようです。

うん、濃厚という言葉をメニューに入れたのはわかる。思ってるよりしっかりかにの味を、大袈裟なくらいにかに風味の味になっている。これは醤油スープにかにの味を付けたとかじゃなく、「かに」味のスープと言ってもいいくらい。麺もカタ麺派が納得するくらい?黙ってもカタ麺です。ま、いつもこの茹で方かはわかんないですね。

具には「かにの身」も入ってますが、わかめは多め。そして玉子?ですね。これってこの地方の名物である「ボルガ丼」の玉子の使い回しと言ったら言葉悪いけど、あの玉子ですね。これで少しマイルドになってるかな?味はいいけど、ひとつありがちだが、ワカメその他の具を入れ過ぎて最初から気持ち冷めてる気がする。猫舌仕様になってる気がした。ボクは熱々をフーフーしたい派、これでちょいマイナスで★3つ。

舞鶴若狭道上り西紀SA ローストビーフ丼1000円

勝負してやりました、この企画やってなきゃ食べてないと思います。えーっと、器がなんか歪んで見えますがそういうデザインです、カメラがおかしいんじゃないです。メニューは恐怖の期間限定メニュー、セットとは書いてませんが小うどんが付いてきます。それにしてもローストビーフってご飯に合うものかな?冷たくして食べるものだと思ってましたが...

うむ、やはり温かいご飯に冷たい野菜とローストビーフ乗っけてるだけのものでございます。つけ麺同様に熱いか冷たいかどっちでもなくぬるくなってしまうパターンですな。ボクはこの丼用に何かしら特別なご飯に合うタレでも使ってるのかと思いきや、ローストビーフにも野菜にもご飯に合うことを考えてるとは思えないサラダ用のジュレタイプのドレッシングですな。

もうね、ローストビーフが薄いとか少ないとかはどうでもいいんです。実物とメニューの写真はほぼ同じですから。でも安直だなー、結局ローストビーフと野菜だけ冷たいうちにと急いで食べて残ったご飯を小うどんで流し込んだ状態になってしまいました。この展開...もう分かってたんですよ、初心者じゃないもん。でも勝負する面白さに負けて、勝負に負けました。★1つじゃ。

阪神高速神戸線西行京橋PA 京橋かつめし880円

「またビフカツかよ!」と聞こえてきそうですが...兵庫のグルメ、特に南部は神戸のぼっかけ、明石焼、姫路おでん、などありますがどれも庶民的ですよね。もうひとつ加古川には「かつめし」ってのがありまして、これも庶民的の範疇でしょうか、ビフカツをライスに乗せてデミグラスソースをかけちゃうワンプレートもの。これは京橋PAなので京橋かつめしというだけで、ここのオリジナルじゃないですよ。

東行の京橋PAはレストランは中華になりますが、こちらはカレーやフライの定食のレストラン。どちらもネクスコとは違うので少し感じが違いますね。全体的な料理の設定価格も控えめて耐えております。その中じゃこれは少々お高めの880円。店は喫茶店風ですね。このメニューは10時からです。

味は見たままでいい意味で安心出来るもの。でもこういう企画を自分でやってるとちょっとばかし「おぉ!」という驚き、予想外の何かが欲しいものなんですけどね。ラッキョウ×4ってのは予想外か、サンプルの写真にはラッキョウはなかったような気がしたが。★は3つにはするけど、少しボリュームが足らん気もする。サンプルの写真はラッキョウのところまでライスなんだけどな。

名神高速上り吹田SA ビフカツ定食890円

ビフカツ好きなんです。トンカツ定食はあくまでもビフカツ定食がないけど気分はカツだから、と言うことなんです。以前ココイチに行ってた頃も、チキンにこみかビフカツ乗せてました。ビフカツがあれば頼んじゃいますよ。ちなみにこれ朝ごはんですから、朝5時にビフカツ定食食べる男!朝5時にこれが食べられるのがもしかしてパー飯(パーキングの食事と意味)の素晴らしさ。

この上り吹田のSAのフードコート。多分全国でもほとんどないと思うけど、フードコートなのにショーウインドーにメニューのサンプルがズラッと並んでます。これレストランならよくあるけど、フードコートなど今はほとんど写真で済ましてますからね。日本の高速道路では歴史的に古いここならでは光景かも知れない。ちなみにここ、大阪だけど富山名物ブラックラーメンありますよ。でも食べてない、実は富山のそれとは全然違ったりして。

このビフカツはもちろん揚げたて、見た目や味も想像通りの安心感。ビフカツはサクッと半分に噛みきれちゃうのが醍醐味でして、御飯はそれほど進まないデミグラスソースですが、これも無難なソースです。これを店でわざわざ作るフードコートはないと思うので逆に安心です。ボクとしてはもう少しキャベツをドサッとボリュームアップしてくれたらいいけど★3つの安定感。

北陸道上り杉津PA 手作り唐揚げ定食600円

600円と言うのは嬉しいですね、山奥だから土地代安いもんな、とか言うのは関係ないかも知れませんが。手作りというのは業務用のものを使うんじゃなくて、わざわざ手間かけて作ってると言うこと?確かにそんな感じ、小ぶりな唐揚げが7つ?もっと?いっぱいありまして量的にはボクなら十分でした。ご飯大盛りでも同じ値段だったかな?(ボクはもう大盛りはしません)


長時間和風だしに漬け込んだという唐揚げは家庭風とでも言いましょうか。家庭風と言うのは誰に対してに売り文句かと言えば恐らくボクみたいな外食とコンビニ食で人生終わりそうなおっさんへの当て付けでもあり(?)、だけどもこれに弱いことも知ってる文句なのであります。逆にたまには外食したいなという人もいるんだろうけどね。もっとも値段的に家庭風とか手作りとつけばそれほど高いものもないのでよく釣られるますわ。

これに限らず、この杉津PAの上りのフードコート、杉津食堂ってのは高速道路では安くて美味しい方だと思いますよ。この唐揚げ定食もポテトサラダなどでもう少し豪華にしてもいいけど600円で抑えようとしてるのがエライ。これで足らない人はどこでもあるであろう、フランクフルトや練り物天でもどうぞ、まだ千円でお釣りが来るはず。★3つ、定食として全体的には普通。

10

北陸道上り米山SA ハムカツと鮭フライ定食700円

レストランが満員でフードコートへ。3つのテーブル繋げて6人席になってたけど、空いた瞬間にテーブルのひとつを離して2人用を作り自分の席ゲットです。さて揚げ物の定食は定番で、うどんやそばよりも多く食べてるのだけど、ハムカツと鮭フライってのは庶民的ではあるけど、あまり定食では見かけないよね、と思ったらすでに食券買ってました。

なんでもない小鉢と思いきや、この高菜炒めが好きだし、このご飯大盛りにしてないのに、他店では大盛りでもおかしくない量です。なぜかプチトマトが2つだったり、味噌汁の具が海苔だったりいろいろ違いがありますね、プチトマトはポイントになってませんけどね。ちゃんとキャベツの水切りが出来てたのはポイントです。

ハムカツと鮭フライそのものは想像通りで「ちょっと時間がかかります」だけあって揚げたて、待たされて揚げたてじゃなかったら、何に時間かかったの?ですからね、待ったかいあります。だいたい揚げたてのハムカツって初めてかも。でも熱いだけで他の揚げ物より揚げたての喜びはないフライかも。最後に、おせっかいだけど、どうして鮭フライを隠すように盛り付ける?少なく見えるじゃん。★は700円なら5つ。(700円台の揚げ物定食に甘い)

北陸道下り米山SA かき揚げ丼590円

高速道路で590円なら、一般なら390円くらいの感覚で期待してみましょう。かき揚げも海鮮なんとかとやりだすと千円超える丼になってしまうが、ボクのイメージでは価格も抑えたお手軽メニューなんですよ。ホカ弁創世記(?)の80年代後半に「かき揚げ丼」と言うのがあって、これが「のり弁」とほぼ同価格の290円くらいだったように記憶、つまり安く済ませたい時にありがたいのがかき揚げ。

これサヤエンドウときざみ海苔がトッピング。ただ、かき揚げが2度揚げ風で見た目で期待値が下がってしまった。実際、かき揚げ自体はたいしたことなく、これがもうそばに入れてふやかして食べちゃう方がいいよねというもの。かき揚げが美味しければサヤエンドウの歯応えが面白かったかも知れないが...

濃い目のタレのおかげで完食はしましたが、★2つかなー。590円は嬉しいけど、もうちょい出すから美味しいのよろしく。この2度揚げってのは決して否定はしない。もちろん、美味しければ。ただ、いつもは2度揚げしてないけど、時間帯によってそうしちゃうのはいただけない。ここはいつもこんなかき揚げなのかな?かき揚げ好きなので今後もあちこちで食べ比べますよ。


北陸道下り賤ヶ岳SA 山小屋カツカレー900円

リニューアルして「山小屋食堂」となった賤ヶ岳のフードコート(レストランと統合)、単価が高いんですよね、1000円以下で食べようとすると探さないといけない感じ。丼物で1550円とかヤメて欲しいわ。と言うわけで900円ならなんとか...とカツカレーでございます。当時ダイエット中でしたが、朝5時からカツカレー食べるんだからね。(その分あとは寝るまであまり食べない)

サラダ付きですからこれが100円としましょうか。では800円のカツカレーとしていただきましょう。うん、カツの味がリアル?食べ進めてみると分かるのだが、カレーの味が憎らしいほど微妙なのであります。カツの味がリアルと思ったのも、カレーが本当に最低限の仕事しかしてないからカツの味が目立ってしまうのだった。不味いんじゃあない、絶妙な物足りなさでどんどん食べ進んでしまう憎たらしさ。

やよい軒の味噌汁と同じ作戦だな、少し物足りなくしておいてどんどん食べ進むような仕掛けと言うか。濃すぎて辛く思ったり、クドく思われるよりいいと言うのか..なんか、このカレーにひと手間加えてオリジナリティを出せばいいと思うが、そのまま出してるような感じ。カツカレーだったから★3つだけど、カツがなければ2つだったかも。時々ある首を傾げて考えて食べるカレーのひとつ。

東名高速上り鮎沢PA よくばりカレー復活800円

また「復活」という危険なキーワードが入ったメニューに釣られてしまったのですが...松屋で何十回も(?)この復活に釣られてるわけでボクって復活メニュー好きなんでしょう。なんでこれが一度はメニューから外れたのかわかりませんが、そういうわけで、「よくばりカレー復活」までがメニューの名前になってました。これ券売機のところの写真じゃ何が載ってるのかよくわかりません。ま、大丈夫でしょう。

当店のカレーは辛口です、と書いてあるがココイチの「普通」でヒィヒィ言ってるボクでなんとも思わない辛さですからこの辛口を期待した人は「辛くないじゃーん」ってことになるのであしからず。で、出来上がったこのカレー、“見た目は気にしないパー飯”の王道行ってますな。カレーに上にカボチャ天、唐揚げ、ポテト揚げ、ナス揚げ、半熟ゆで卵、よくわかんないカツに福神漬けまぶしてあるよ、さらに今まで必要に感じたことのない糸唐辛子まで。

よくばりと言うかヤケクソというか。でもこれ800円なら頑張ってるような気もする。そうそう、よくわかんないカツね、これ3枚も入ってるけど中身が薄くて???なんかおつまみのカツみたいな感じだったな。カレーの味からやけくそのトッピングまで含めてこれはお弁当の残りを使った大食い主婦の昼ごはんって感じ。味もどこかの家でよばれてる感じ。★3つ。見た目で損してる?

中央道上り釈迦堂PA 釈迦堂エビ塩ラーメン770円

エビ辛のマークがありますけど、大丈夫かな?ラー油らしきものが小さな別皿になってます。これ結構入れちゃったけど大丈夫でした。塩ラーメンなんですけどいろいろ入ってますよ。メニューには甲斐サーモン入りとかありますけど、山梨県って鮭捕れるんかな?そう言えば山梨県ってマグロとかの消費がすげえ多いんだよね。そもそもエビを使ってるのも謎、ボクが知らんだけで山梨県って海があるのかも知れない。

このラーメン、エビ、鮭に海苔とワカメが海のものとして入ってます。さらに普通にネギ、シナチク、チャーシューが入ってます、さらに温泉卵まで入ってますぜ、もうなんだかわからんくらい、いろいろ入れすぎでしょう。それでも塩味が強引に最後まで味を整えておりました、塩ダレ強しって感じです。いろいろ入ってますけどワカメと鮭と温泉卵は疑問があるかな。

メニューにあるエビにそこまで特化してないこのラーメン。麺は印象薄いな、具が賑やかすぎて。とにかく具がいっぱいのメニューは冷めやすかったり、スープの味がややこしくて結果美味しくなくなったりと欲張って自滅するものだが、これもそういう感じになってる気がする。札幌には「鮭だし」を使ったラーメンがあるようだけど、この塩ラーメンには鮭フレークがそのまま...うん、評価は★3つ、これは美味しいからの評価じゃなく、楽しませてもらった点が★半分加味されてるよ。



名神高速上り養老SA 恵那鶏の親子丼750円

親子丼を食べようかとなればボクの場合、歩いて5分のところにあるなか卯で決まりです。ワンコインであれなら文句無し、小さめに切ってある鶏肉も柔らかくて美味しいじゃん。なか卯の鶏肉の産地は?調べても書いてあるのは「厳選された...」の文字だけ、国産ならそう書くよね、中国でしょう。ボクは気にしません。で、本題の親子丼は恵那鶏だそうです。どうだろ?

○○鶏と名を語るものは基本的にしっかりした歯ごたえがあるものが多いと感じる。これもそう、ただボクは柔らかければいいという派でもないのでこの鶏も美味しく頂く。それよりもちゃんとデッカイ三つ葉が乗ってるところがいい。親子丼と三つ葉は切っても切れない関係。時々三つ葉じゃなく刻み海苔だけが乗ってるところあるけどダメです。

この親子丼の嬉しい誤算は食べだしてすぐわかる。それは玉葱が多め、これはシャクシャクと卵やツユの一緒になって美味しいんです。まさか玉葱がここで主役を食うほど目立ってくるとは思いも寄らず。もちろん鶏肉の存在感も親子丼ですからありますよ。でもさらに少し大きく切ったことで前面に出てくる玉葱の美味しさがボクには大ヒット。★5つのプレゼント。

伊勢湾岸道上り湾岸長島PA 長島スパゲティ700円

新東名のパーキングはどこも大混雑、そこで湾岸長島ですよ、フードコートなどボクの他に客は一組だけ、落ち着きます。ここで頂くのは...ここならではのメニュー、長島スパゲティなるもの。これは名古屋方面のみ?で普通にある「あんかけスパゲティ」の類、ボクも知ってはいたけど食べたことなかったので食べてみます。食券を買う時点で全く味の想像出来ません。

スパゲティですから、フォークが付いてきます。3分の1はこれで食べましたが、お箸を取りに行きましてこれで頂きます、カッコつけません。太めのもっちり麺にトマトベースだと思うが結構濃い目のソース、美味しいじゃないの。初めての味で説明が出来ないけど、塩や胡椒も効いててこれ嫌いな人あまりいないと思う。ま、それでもどちらかと言えば若者向けかな。

名古屋方面じゃこの「あんスパの素」も売ってるほど。ただ、愛知県生まれのボクだけどこれには縁なくここまで来てました。あんに入ってる具は「赤いウインナー」これが主役でこれがいい、この懐かしいウインナーをここまでスター扱いにするメニューは他に知らない。味が濃いので玉子の味は消えてるがこれも濃さを和らげるアクセントになってると思う。★5つのご当地メニュー。


東名高速上り日本平PA 桜えびクリーミーラーメン780円

勝負しましょう!そんな心意気でこのラーメン。桜えびを使ったうどん、そばは有りがちですが、ここはラーメン。醤油ラーメンを桜えびを合わせたものもあったと思ったが、ここはクリーミーラーメンです。味の想像が付くような付かないような...そんなに他のフードコートにあるようなもんでもないし、これで美味しければこういう企画を自分でやってて良かったなと思うしね、不味ければおかしくネタにするだけ。

とりあえず出てきたものを見ると、九州のとんこつラーメンのような海苔やきくらげ、煮玉子。麺も細いストレートです。桜えびは天ぷらにしたものと、そのままの姿のもの。いやいや問題はスープでしょう。思い切り洋風になってるスープはなるほど美味しいじゃん。ゆっくり味わって食べましたよ、冷める前に、伸びる前にと麺類は一気に食べちゃうこのボクが。

麺や具をだいたい食べちゃうとスープに残るのが桜えびの天ぷらね。これをレンゲで掬いながらスープをすするのがいい、これは当たりやね。★4つ。麺や具が本当にスープに合ってるのかわかんないが、どんな味やろ?と興味を持たれたらこれは食べてみることをお勧めしたい。クセになってるファンがいると思われるラーメンの変化球です。


名神高速上り吹田SA きつねそば定食740円

きつねそば定食とはなんぞや?またあまり確認しないまま食券購入。まあ大丈夫でしょう、朝定食の類だけは納豆がダメなんで確認してからしか食券買わないけどね。きつねそばなるものはなく、これは「たぬき」じゃという声もあると思いますが、こんなのは提供する側が決めるのでもうそんなのは止めましょう。ちなみにボクは昔からこれは「きつねそば」ですね、つまりは油揚げがきつねということ。

お、これがそのきつねそば定食。なるほど、でもこのマカロニサラダがなんか場違い感がありますね。でもマカロニサラダってもう和食化してるか?なんとなくこの一品に関してはその時の都合でコロコロ変わりそうな感じですね。基本はそばと炊き込みご飯、あとの2品はおまかせだと思う。この小鉢で出されそうでダメなのがオクラくらいだね。ボクはオクラをこの世から消したい。

そばも炊き込みごはんもいかにもフードコートらしいものね。決して美味しいという言葉は使えない。「ま、こんなもんだな」と言う言葉がドンピシャでございます。炊き込みご飯のパサパサ感は調理→保温時間のタイミングが悪くかなりの時間保温されてるね。白ご飯なら色が変わってきてるくらい。具もたけのこのみってのはケチりすぎ。★は厳しく2つかな。吹田のここはメニュー豊富なんであえてこれはもう頼まないかな。


山陽道下り吉備SA 小海老のかき揚げそば定食820円

カロリー表示ってよくありますよね?これ749キロカロリーってあったけど、そんな少なくないって。魚のフライとかき揚げってハイカロリーの代表レベルでしょ。どうもフードコートのカロリー表示は異様に数字が小さかったり大きかったりするんだけど、あんまり気にしてないのかな?で、このガッツリ推定1100キロカロリーのこれを朝から頂く。

定食って何が付くんだろ?と思ったら、魚のフライ。ボクは歓迎ですね、あんまりないパターンで。そばの定食ってご飯もののセットが多いけど、不思議な組み合わせではあります。朝5時ごろなんで客も少ない時間帯。ご飯なんて保温したまま時間が経った状態だけど、どちらかと言うとコワめのご飯が好きなんでちょうど良かったりする。

そばもフライもこういうところでいっぱい食べてきたボクとしては全部合格のクオリティでした。そばなんてどこも一緒だろ?と思われそうだが、こういうところのそばであっても違いはあります。こういうところは最初から“もりそばで1000円する蕎麦屋”とは違うそばを追求してくれればいいんです。と言うわけで★5つの満腹コースでした。

20

徳島道上り上板SA 徳島丼680円

これはもう「まかない」の表メニュー昇格版?メニューの写真見ただけでだいたい想像できますね。徳島ラーメンの丼物版です。まかないメニューをヒントにちゃんとしたものになっているか、そのまんまの「まかない」じゃないか!なのか、では勝負してみましょう。食券を出すとすぐに呼ばれる。そりゃ時間がかかるものには見えない。

玉子は別になって出てきました。メニューでは卵黄が中央に載せてあったのに。この手間すら惜しむ?このメニュー、温かいのはご飯くらいで後は特に温めたものが載るわけでもないので猫舌メニューなんすよ。ボクは熱い方が美味しいと思ったらフゥーフゥーしてゆっくり食べたい派、これで玉子乗せたらさらに冷めちゃうよな。このパターンは何度となく指摘してきたもの。

見た目は肉がそこそこある、と思いきやメンマの配置がいいのか、肉と思ったらメンマ、みたいな...うむ、これは「450円で徳島まかない丼」にすべきやね。★は2つですね。評価基準の「完食しただけ。次はない」ってのがドンピシャでございます。ここ上板食堂で一番あかんの食べたかも知れんね。地雷メニューってやつ。

追記→ ドリー8さんのコメントからの返答として。味は薄くて物足らない感じ、もし濃い目のタレがかかっていてご飯が進めば評価は違ってたかな。

松山道下り伊予灘SA 伊予灘チャンポン800円

西日本はどうもチャンポン推しのパーキングが多いような気がするんですよね。で、ここ伊予灘もSAもそう。メニューも以前とは変わったようで下り線ではこの「伊予灘チャンポン」と「八幡浜チャンポン」ってのがあります。八幡浜チャンポンってのは練り物(じゃこ天とか)が入ったあっさり風なものだと思ったが、各店で特徴を出そうとするのでいろいろあると思います。で、伊予灘チャンポンとは...

醤油ベースのスープですが、スープが濁ってますね。これは具の野菜炒めをどーんと載せたからだろうか?具は野菜も肉も魚介もバランスよく入っています、特徴は何と言っても玉子が入ってます、炒り卵になってるんですよ、これが醤油ベースのスープに合ってるし、最後に胡麻が振りかけてあります。これは「有り」ですね、写真ではかなり濃厚に見えますが特に濃さを感じることはなく、イケます。

麺はこれチャンポン用の麺だけど細いな。ラーメンも麺ではない感じ。この麺はこれでもいいし、長崎ちゃんぽんでおなじみのあの太い麺でもいいと思う。ちょいと前に中国道の七塚原で食べた「ななちゃんぽん」も当たりだったし、今ちゃんぽんの風向きがいいんでない?もちろん過去には「あかんやろ..」のレベルのちゃんぽん2つ喰らってますけどね。(この企画やってたら★1つ級にやつ)で、この伊予灘チャンポンはもちろん★5つ。


中国自動車道上り真庭PA ニンニクの芽炒め定食780円

このニンニクの芽なるもの、ボクは結構好きでメニューで見つけると反応しちゃう。もうずっと昔になるんだけど餃子の王将でもニンニクの芽を使ったメニューがレギュラーにあって、「ニンニクの芽とイカの炒めもの」なんてそんなに出るメニューじゃなかったと思うけど、好きでございました。そんなボクなんで季節限定だったっけ?注文しちゃう。

見るからに味が濃いんだろうなというのがわかります。名前はニンニクの芽炒め定食ですが、実際は牛焼肉定食のアレンジ版と言えるものでタレがすごーく濃いですね、このタレの味でニンニクの芽の風味は完全に抑え込まれちゃってます。ボクはご飯おかわりはしないけど、おかわり自由だったと思うからこの濃いタレでご飯食べられる人はいいかも。

中国道は西から帰る途中に食事してゆこうかな?というPAがいくつもあるんだけど、真庭は初めてだったと思う。まだ宝塚まで距離があるからここで食べてゆこうとは思わないんだけどね。九州からの帰りで最初から宝塚の渋滞が治まってから帰る気だったから立ち寄ったんですよね。そう言えばすき家も昔はニンニクの芽牛丼ってレギュラーだったような?すんごいニンニクの味付けでクルマがニンニク仕様になった覚えがあるぞ。ニンニクの芽炒め定食は...★3つ。


九州道上り広川SA 丸公黒チャーシュー麺1030円

よくこんな高い単品のチャーシュー麺食べるよな!と自分でも思いながら食券購入、これはガソリンが当時リッター103円くらいだったんじゃないかな?満タンにするたびに1000円くらい浮いてくるような感覚があったので「こんな時じゃないと食べないよな」とこれにしてみる。もちろん不味かったらここぞとばかりに叩くぞ、ボクは千円以上になると一気に厳しくなるからな。税金で千円超えただけ?同じじゃ、厳しく行くぞ。

呼ばれてカウンターで手渡されたこれ、なんか量がさみしいような...さらにチャーシューのこの薄さは芸術の域ですな、ここまで切るのは逆に難しいじゃん。味や麺の茹で方は普通レベルであれこれ言う気もないが、これで1030円頂いちゃおうというのがボクには真似出来ない、ボクは高速道路のパーキングでラーメン売る仕事は無理だなと思った広川SAでございました。

ラーメンという食べ物はやっぱり味を追求するにしろいくらなんでも一杯1000円以下でなんとかする努力をすべきだと思う。ショバ代がかかるのは仕方ないが、チャーシュー麺であれ1000円以下にしろと。チャーシュー麺ってね、時々「こんなに肉いっぱいとは...」とボクが喜ぶもしんどくなるくらいのチャーシュー麺にたまーに出会うが、これは重ねたら普通のチャーシュー1.5枚です。この値段なら★は1つしかやれん。


中国自動車道下り七塚原SA ななちゃんぽん830円

ちゃんぽん推しの店が多い気がする中国、四国地方ですが、理由はわかりません。でもちゃんぽん大好き人間のボクですから「ええやないの〜」と言うわけでここでも行っておきましょう、「ななちゃんぽん」の単品で830円!リンガーハットのちゃんぽんが尼崎なら580円(全国あちこちで値段が違う)だからいい値段です。ま、高速道路ですからね。

ここ七塚原SAと言うのは貴重な給油ポイントでもあるし、いくら元気でも宝塚から頑張って走ればここで休憩です。途中軽く休憩をしていてもここは寄りますね。ここね、フードコートとレストランが一緒になって24時間食事は出来ないんですけど、レストランの店でフードコートの食事が出来るというのが特徴。ちょっといい気分になれる?では、ななちゃんぽん、これ開店直後の朝ごはんです。

バターがトッピングされてるのね、このちゃんぽん、この値段でも高いとか思わなかった、美味しいです。今まで口にしたちゃんぽんでも相当上位間違いなし、コクというものがしっかりあり、野菜のボリュームだけで押してくることなく、肉や魚介、かまぼこ、きくらげなど一緒になって結構感動、スープの飲み干してしまう。この味で830円、納得です。近所にこれがあればこの値段でも構わない、通いそう。★5つ!


東名高速下り小笠PA 桜えびおろしそば大盛り850円

このPAには鐘庵という店が入ってまして、静岡ではぼちぼち見かけるお店です。ボクとしては静岡に来たら、ここかスマル亭で桜えびの天ぷらのそばを食べることが出来たらもう大満足ですから。そばとうどんとあればまず間違いなくそばを選ぶボクですけど、だからと言ってそばにこだわりもないし、別にうるさい男でもございません。以前<a href='http://minkara.carview.co.jp/userid/242226/blog/36109196/' target='_blank'>そば吉野家で悪夢があった</a>のでここなら大丈夫だろうというだけ、一口食べてホッとした。

桜えびの天ぷらも揚げたて、そばは全国あちこちでいろんなタイプのそばを食べてるけど、細いこの麺は冷たいのが合いますな。ただ。わさびは別で持ってきて欲しいかも。これはわがままかな?ボクってわさびの風味だけでいいんですね、辛いのいらない。だから本当にちょいだけでいい、このそばに乗ってるこの量だと5年分くらいになります。

これ850円、メニューに価格にところがシールになってたから最近値上げしたんだろうね?ここが高速道路料金なのかは知らないけど★5つにしよう。どうでもいいことだけど、初めて鐘庵に行った時はこれを注文して確認のやりとりがあったのに牛肉おろしそばになってました。(三保の店で)でもそれも美味しかったよ。冷やし肉そばってのもありなのね。(山形名物らしいそれはイマイチだったけど)


東名高速道路上り小笠PA 生姜焼き定食830円

もうかなり前のこと、多分ここ小笠PAのフードコートも「ふじのや」じゃなかった頃だと思う。ここで生姜焼き定食を食べて本当に感動して、以来とにかく生姜焼き定食を全国のパーキングで食べまくった。それでもここで当時食べたものを超えるものはなかったような気もする。味、量ともにガツンと来るもので肉だけじゃなく、サラダや冷奴、味噌汁まで褒め言葉としてガツンとくるものだった。木綿豆腐の硬めの冷奴もボクにはインパクトがあった。

そんな小笠PA、数年前にやはり生姜焼き定食を食べてかなりグレードダウンしてショックだった。でもあれは特別調子悪かったに違いないと再びここで生姜焼き定食。何せ当時は生姜焼き定食でWEBサイトを新規で作ろうと思ったくらいですからね、パーキングの定食に希望の光を見たこともあったわけです(?)それで...これ、うーむ物足りない感が全身を襲います。皿が大きいと言うより野菜も肉もこんだけ?って感じ。ちなみに最初に感動した生姜焼き定食は野菜も量が多く、豚肉も厚切りのボリュームのあるものがドドドドーンと4枚だったと思う。こんなじゃないぞ...

味はね、すごーく生姜が強くて不味くはない。でも、ご飯食べ放題としてもボクはおかわりするほどいっぱい食べられないし、肉もこの量じゃご飯食べ放題でもバランス合わんでしょ。小笠PAは東名じゃ場所もよく、混み方も穏やかなんでこれからもお世話になるけど、この生姜焼き定食だけはここでさよならを言わねばなるまい。この「ふじのや」はガッツリ男の定食とかボリュームが売りなのになあ。★は1つしかやりたくないが、評価基準があるので★は2つ。裏切られた感がつらい。


阪神高速3号神戸線東行京橋PA 唐揚げラーメンセット870円

阪神高速は上り下りではなく西行、東行と言います。東行は1階の中華レストランで海上明珠「楽善園」というお店。この日の朝は淡路SAでやられてしまったので同じようなメニューでリベンジすべく早めの晩ごはん、と言うかそれなら夕御飯と言うべきか?ここでこれを食べようと決めてました。ここでゆっくりしてると深江あたりで渋滞が始まるんだけど、こいつを食べるのです。

阪神高速のレストランはネクスコのフードコーナーとは違いちゃんとしたレストランだったりするんです。ここの中華レストランは値段と量と味で言えば高速道路でこれならありがたいと思えるレベルで、ラーメンも見た目はフードコーナーっぽいけど違います、麺も茹で時間重視のものじゃなく、しっかりしたコシもあるもので一線を画するものです。よし、リベンジ完了!

唐揚げもご飯も納得、朝の淡路SAではこれより高くてあれだもん、これで870円なら全国の高速道路レベルでは最強のラーメンセットかも知れませんよ。★は文句なし5つです。他の定食メニューも最近はお高くなってるネクスコのパーキングのフードコーナーに比べれば安いです。やれば出来るはずなんだよな。ちなみに、阪神高速16号大阪港線のPAのレストランも安くて美味しいっす。


神戸淡路鳴門自動車道淡路SA 淡路玉葱平天ラーメンセット980円

淡路島と言えば玉ねぎってことで安直っぽさがあるメニューではあります。実はずっと前からこれとは違う「玉ねぎラーメン」なるものは何度か食べたことがあってこの企画のため(?)に改めて食べてみるかと思ったわけですね。朝一番に家を出てここで朝飯にガッツリと玉ねぎラーメンってのはスカイラインに乗ってた頃から何度かやってました。当時は橋代が高くて近くて遠い淡路島であり四国だったね。この玉ねぎラーメンは普通の醤油ラーメンにスライスオニオンがドカッと入ってるもの。少し甘くなってそれなりに美味い。

久しぶりだったが、今回は微妙に違う玉葱平天ラーメンなるものにチャレンジ。平天ってラーメンに入れちゃうか?と思ったが、意外な美味しさがあれば面白いじゃん、ってことです。この平天、思ったより薄っぺらくてモチモチしていて玉ねぎを感じるよりも感触が何とも心地よく、平天自体はお気に入りです。これが醤油ラーメンのスープに浸かっていて不思議メニューの気配。

と、面白がるのはここまで。ご飯が見ただけでアカンという炊き方、半口食べてあとは残す。ラーメンの麺は柔すぎ。ボクは硬麺とは言わず普通でいいのに。という状態で唐揚げと平天だけ食べて返却口へ。★ゼロは武力行使なんで★1つの評価だが、★半分ってのもあっていいかな?と思った。とりあえず当分ここで食べることはないな。


名神高速下り桂川PA 肉すい定食780円

シンプルにネギと肉だけの鍋?肉すいの「すい」はいったいなんだろう?これ、「肉吸い」が元ネタで大阪難波のうどん屋さんが発祥のメニュー。やはり肉うどんのうどん抜きが正解です。どこにでもあるメニューじゃあないですね、作るのはうどん出してる店なら簡単に出せそうなもんではあります。味は想像の通りでそこはホッと出来る部分です。780円はギリギリのいい線ですな。

さて?卵が付いてるけど、これって?鍋ならこれを溶き卵にして入れちゃうもいいけど、多分この状態じゃあ玉子も固まらないと思うな。そう思って卵ご飯として食べちゃう?結局、すき焼きみたいに玉子に肉を絡めて食べてみたりしたけど、そうするとちょいと肉の味が薄まってしまう。卵は卵ご飯にするのが正解で発祥の店の定番が卵ご飯を一緒に注文することからこうなったみたいですね。

結構ご飯が大盛り?でそこそこお腹も落ち着いたけど、たくさん食べたい人には物足りないと思う。素直に肉うどんにご飯物でガッツりいくべきです。★は3つ、肉すいに豆腐を入れて欲しいな。それでもこの値段なら★もうひとつ足してあげる。でも、肉すいはこんな鍋じゃなく、普通にうどん用の丼でいいよ。

30

東名高速下り中井PA 豚肉そばセット680円

豚肉そばに高菜ごはんが付いてくるセット。ラーメン類のセットとなるともはや1000円覚悟の時代ですが、その点そばはまだこの値段で済むのかな。680円ってのはこれで美味しかったらありがたいと思って注文したんですが...おぉ、嬉しいのは見本の写真とほぼ同じ量の豚肉が入ってるじゃん。ごはんの高菜とそばのネギの量がわずかに違うくらい?そんなことブーブー言いませんから。

ボクは肉そばの脂の浮いた甘いツユがなんとも好き。ちょっとお高い本格的な蕎麦屋にはあまり行かないけど、多分そういうところって「肉そば」とかないんじゃないですか?鴨南蛮とかはあるけど。肉そばは立ち食いそばの高級品としてありがたいメニューです。ここに高菜を乗せたご飯。これがまた上手に炊いてるし、高菜も漬物じゃなく、ご飯に合うように油で炒めたものかな?辛くなくてありがたい。

久しぶりにそばのセットで当たりを引いたと思う。★5つです。これ680円ですもん、関西のPAも負けたらアカンって。関西人は勝手に関東のそばとかうどんは...とどこか悪く言うというよりも、黒くて辛くてさあ、みたいな言い方を半分ネタで知らなくとも言ったりするもんです。いやぁこのセットはボクとしては当たり。広い広い海老名SAじゃなくこっちで正解だったかな。

館山道上り市原SA カレー蕎麦750円

そもそも、カレー蕎麦なるメニューとは?見たこともあるし、カップ麺でも首を傾げながら食べたことがある。蕎麦屋でもカレー屋でもわざわざ作るかな?という立ち位置のわからんメニューで、カレーうどんがあるんだから蕎麦があってもいいジャン的なものだと思ってましたが.. 勝負してみる。

ボクは辛いのが苦手でココイチのカレーも最近はギブアップして食べに行かないくらい。だから辛過ぎたら困っちゃうんですが、これはそこそこ辛い。ボクは辛くなければカレーじゃないという人とは味覚がそもそも違うと思ってますんで、そういう人向けに辛さ何段階とか何倍ってやつが場所によってはあるので普通のメニューは気持ち甘めでいいと思ってます。うーむ、ギリギリの辛さだな。

眉間にシワを寄せてカレー蕎麦なるものは..と食べてみたが、まず蕎麦の風味とか考えるとこのメニューはあり得ない。やはりカレーの異端メニューかな?それなら細いうどんの方がいいんかな?とか。それとも思い切って日本そばのツユに上品にカレー風味を乗せたものとかやってみる?現状のこのカレー蕎麦には未来はない気がする。★2つ。



東京湾アクアライン海ほたるPA 潮干狩り丼1050円

東京はとにかく物価が高い(ここは千葉県でしたが)、もし手が出ない価格だったらどうしようとビビリまくって海ほたる内部をウロウロ。全部を歩きまわる気もなく、もしまだ空いてたら何か食べておこうというところで午前中から天丼、いいですなあ。もしかしたら年末年始ということで普段より早めにお店を開けてたんじゃないかな?とフードコートの「ち〜ば丼」で頂きます。

あさりの卵とじで穴子店がどーんと乗ってる天丼、海苔天も入っています。潮干狩り丼という名前なんでそういうことを意識、表現したつもりですが、名前とは関係なく普通の普通に食べられるレベル。海の上なんでちょいと高めでも1050円ですが、想定内なんでホッとしてました。天丼でいいんだけど、あさりを入れたいとなると卵とじにしちゃうよね、ってメニュー。

うん、わかった、ボクって穴子天がすんごい好きみたいです。これで★1つは完全にプラスですね。そもそも海ほたるくらいだと店もいろいろあるし、何の下調べもなし。ウロウロしていて混むと嫌だとほとんど他店もチェックするまでも無く選んで★3つ(穴子天で評価上がっても4つはちょい無理か..)、これならヨシ!としましょう。帰りにもし気になる店を見つけてもヒョイと来れるわけでもないのでもう他店とか見ない見ない、とっととクルマに戻りました。



東名高速浜名湖SA 浜名湖あおさそばミニきざみ鰻丼セット900円

「さすがにそれはないだろ?」と言いつつも、「やはりそういうことってあんの?」って思っちゃうこと。それはレストランのあるパーキングのフードコーナーはわざと不味くしてるんじゃないの?というもの。このセットを食べてこのそばはそういう意識が働いているように思えて仕方ない、フードコーナーのそばだって差はある、どこでも一緒じゃない、ここはアカン方ですね。そばにやる気がない。

丼の方は「こんなもんでしょ」ってとこですね、ちなみにサンプルの写真との違いを指摘すると刻んだ鰻はいいけど、錦糸玉子が少なくて、サンプルでは完全にご飯が隠れてました。別にここでネタにするくらいでそれ以上ないけど、サンプルと実物が違っていてそれで問題にならんところに外食の世界は甘えてるよね。ここもう少し厳しくていいと思う、安くないのだ。★は2つ、合格点やれない。

浜名湖SAは施設は上下線共用なのでタイトルに上下線の表記はなし。施設は別だけど通路があって往き来が出来るパーキングはこんな趣味なんでありがたいんですけどね。上下線共用は面白みにかける。でも名神の多賀とか通路が廃止になってしまったのよね。あのめったに人が通らない歩道橋、好きで利用してたのに。(昔あった下り線の朝食バイキングがお目当てで)

↑ここ訂正です。多賀SAの歩道橋はたまたま工事(?)で通れなかっただけなのか、今も使えます。失礼しました。2016年2月7日22時訂正。



山陽道上り権現湖PA 兵庫醤油ラーメン650円

恐怖のNGワードがこの企画をやっていてあることに気付く、そのひとつが「復活」であります。そもそも復活と言うことは終売になったことがあるわけで、大人気ならそういうことはないと思うもの。牛丼屋チェーン、特に松屋などはこの復活が好きですね、でも松屋の「復活」はまあいいんですよ、単なる商品の入れ替えですから。

復活の文字で再登場したのが「兵庫醤油ラーメン」で、以前はこのPAには「とん太」というラーメン屋があり、そこで神戸名物と言うか思い切りB級グルメの「ぼっかけ」が入ったラーメンがあったようで、そのとん太閉店後にフードコーナーで復活させたということかなと。それにしても兵庫と名付けるあたり大きく出やがったなという印象。「ぼっかけ」は神戸でも一部で集中的に出されてるものなんだが..

ぼっかけとはすじ肉とこんにゃくを甘辛く炊いたもの、これはご飯に合うことは自分でも実証済み。ラーメン?うーむ、この兵庫醤油ラーメンはほとんど思いつきの域を出てないね、厳しいことしか言えない。ぼっかけの味でラーメンとなると頼りないです、基本が醤油味で甘辛いものだから。一緒にするとどう調整しても美味しくならないかも?と思ってしまう。★2つ。ついでに言えば、肉というかゼラチンの塊がほとんどやったぞ...



広島道下り久地PA 野菜炒め定食720円

無難なメニューというのがボクの中にありまして、と言うかどこにでもあるメニューは失敗が少ないもの、限定メニュー、ご当地メニューなどはちょっと勝負になると言うのが大雑把な印象。今回はどちらかと言えば無難なメニューにしたと言うか、逃げた?のだが...これは?無難なメニューはあくまでも失敗が少ないという話、この野菜炒めは結果、ひたすら首を傾げるものでありました。

目玉焼きが乗ってると幸せ度がアップするのでこれいいですね、いかにもPAのフードコーナーって感じのここ久地PAの隅っこの席でいただきます。野菜炒めですから味も想像出来るんですが、これが???と?を連発しちゃう。目玉焼きでちょっとマイルドになった?と思ったが半分食べても?マークが頭でグルグル回る。眉間にしわ寄せて食べる野菜炒めは人生初。

なんとなく全体が赤っぽい?塩や醤油などで味付けしてるよりも何かが効いてる?なんだろ?結局はわからずだったが、なんだかキムチの素だけ少し入ってるような感じ?隠し味が目立とうとしてわけわかんなくなったのこれ?わかんないな、じゃあもう一回食べる?と言われれば「いや、別のメニューにします」となります。最後まで首を傾げたまま食べたメニューなんで★2つ。



山陽道下り龍野西SA 皿うどん880円

名物グルメ(具たっぷり)、そう券売機のボタンに書いてありましたな。皿うどんってのはボリュームあるし好きなメニュー。880円とは200円ほど高速道路料金が足されてる感じ、それくらいはいいです。美味しければ文句ないし、不味ければネタにするだけです。なんで龍野でこれが名物かわかんないけどね。まあ「名物」なんてのは言ったもん勝ちですから。

ボクはおでんであれ焼売であれ「からし」なるものは一切要らない人ですから、この盛り付けにピクッと反応。大皿にこれはボク的にペケですよ。さすがに揚げたこの麺に差はどこもないと思う。太麺の揚げた麺もあるけど、あれは特別でしょ。中華あんかけがどうなのか?もうこれが評価の大半になるんですが見たところイカ、ホタテ、エビとまあまあ入ってます。ただ盛り付けは下手すぎ。

では頂きます、うむ味が...薄い。レトルトを温めてかけるだけだと思うんですよ。24時間のフードコーナーでこれ調理する人もいないと思うから。でもこの味の薄さはあり得ないと思う。何かを足して完成させるんじゃないの?って感じ。醤油かけて食べる皿うどんは初めてでした。★はひとつ。繰り返すけど、これ名物を謳ってたんですよ。「具たっぷり」はわかった、でも味くらいちゃんと付けようね。



徳島道下り吉野川SA 阿波尾鶏とり天丼750円

最近ではセブンイレブンのレジ横でも「とり天」が売ってたりして徐々に身近になって来た感があるとり天なんですけど、ボクってとり天なるものを初めて食べたのは10年くらい前が最初、鶏と言えばフライドチキンなり、唐揚げなり、チキンカツだったりして天ぷらはその下のメジャーに上がれない存在だったんじゃなかろうか?ちなみにジョイフルでの定食メニューで食べたのが最初だったと思うが...(多分大分で)

少し待たされるとか言われたっけ?揚げたてなら大歓迎、出てきたものは人参、ししとう、レモンで色の使いもいい天丼になってました。ボクは大胆に天つゆ?タレ?を多めにかけて食べてみる。うむ、こんなもんかな、天つゆが言い方だけど上品すぎてもう少し濃くてもいいかな?と。鶏肉も唐揚げではパサパサしちゃう部位も天ぷらだと衣もあり、ツユをつけるのでこういった部位を使うのね、と思った。

そしてこれはボクのこのメニューの食べ方の作戦ミスなのか、人参ですわ。これを全体にまぶすようにしたんですが、この細く切られた人参はプツプツと火を通してない感触、思ったよりカタイのだ。人参は嫌いじゃないけど(むしろ好きなくらい)、この細くプツンプツンしたカタイ人参はやはり合わない(結構多いのだ)。これも天ぷらにしちゃえばいいのに。★3つ。



松山道上り伊予灘SA 伊予灘まんきつセット980円

肱川とんこつラーメン、ちぎりじゃこ天、元気鶏の唐揚げ、ちりめんご飯のセット。これで819キロカロリーなんでラーメンのセットでは少ない方。肱川ラーメンってのはローカロリーで以前ボクがお土産ラーメンに凝っていた時も最高評価だったラーメンです、安くて美味しい。肱川ラーメンには醤油味もあってこっちの方が好きだったけどセットのこれはとんこつでした(味噌、塩もある)。揚げ物とちりめんご飯はマル。

おそらくこのラーメンはお土産用で売ってるものと同じものを使ってると思う。それならは自分ごのみに作ってたボクが自分用に作ってた方が好みに合わせてるので美味しいので、ここで茹で加減とスープの濃さで不利ですね、ほんの少し茹で過ぎ、ほんの少しスープが薄いかってところ、ボクは4回自分用に作ってますもん。この「肱川ラーメン」はお土産用で売ってますが、もっと広まってもいいくらい老若男女誰でも気に入る味だと思ってますよ。

819キロカロリーで満腹になるってところがありがたいかな?ボクはドライブ中はコンビに寄ってはなんか買い食いしてるので摂取カロリーとか気にしてないけど、単純で1000キロカロリー超えるメニューになると躊躇するんですね。ドーナツや唐揚げの類をコンビニ寄る度に買っておきながら何をいまさら...なんですが。★は3つ、肱川ラーメンはやはりお勧め。



高知道下り立川PA オムチャーハン620円

「いのししうどん」とかありましたけど、これにしてみました。中華と洋食の合わせ技メニューですがスープが中華スープなのでチャーハンの一種ということですかね。ちなみにミニチャーハンというセット用のメニューはありましたが単品チャーハンはなし、それでもってひと手間あるオムチャーハンがあります。写真を見て味とか想像してもこれでハズレはなかろう。

出来上がったものを見て「美味しそう」であります。玉子もいい感じだし、ソースとの色合いもいいじゃん、では頂きますと。うむ、何口か食べてみて思ったのはチャーハンの味がない?口を水でリセットしてチャーハンだけ頂いてみるとちゃんと味がする。そうなんですよ、このデミグラスソース(って言うのか?)の味が強くて100%チャーハンの味を押さえつけてます。

ソースを控えめにして食べても、スプーンに残ってるソースだけでもチャーハンの味を消し飛ばす味の濃さなんですね。ボクはしないけどチャーハンに醤油やソースかける人いるでしょ。ボクも試したことあります。それでもチャーハンの味は完全には消えませんがデミグラスソースは「味の種類」でしょうか、強いんですわ。だからとチャーハンの味を濃くしても全体的に辛くなっちゃうかなー。味のバランスに難あれど★3つ。それと、スープは洋風の方がいいと思う...

40


山陽道三木SA下り 冬の丼680円

冬の丼だとわかりませんよね、メニューにはカッコして「淡路玉ねぎのかき揚げかに身あんかけ」とあります、これはここでしか食べられないよね?と頂きます。天丼のバリエーションのひとつで、かき揚げに関しては北陸道でやってしまったことを思い出す、でも680円だし、もし...でもダメージは少ないか?と思ってると呼ばれて取りに行く。ほぉ、見た目もきれいで美味しそうじゃん。

玉ねぎのかき揚げってのは思い通りに箸で小さく出来ないのでもうカブっとかぶりついたりして頂く。これにかにのあんかけが絡み美味しいです。甘い玉ねぎと上手くマッチしたあんかけ、ここに三つ葉の味も上手に絡んで来ます、やったこれは当たり。かにもサンプルの写真ほどは絶対ないとは思ったけどもっとケチって来ると思ってたので嬉しい誤算。

ひとつ、気に入ったこれにも物足らないことが食べ終わって出てくる。その物足りなさはわずかでもいいから肉が欲しいかなということ。もちろんこういうメニューですからこれでいいんですよね。でもラーメンでも一切れでいいからチャーシューがあれば納得ですが、もし一切れないとなると寂しいでしょ、あれです。ま、でもこれはそういうメニュー、別でフランクフルトでも買ってやりましょう。700円以下なので久しぶりの★5つ。(味噌汁はちょいマイナスだったが)


名神高速上り桂川PA 銀トロ鮭・豚汁セット890円

桂川PAの上り線は早朝に走る抜けちゃうことがほとんどなのでここで食事をするのはあんまりないですね。この日は比叡山にでも行こうと思い立った日の朝ごはん、豚汁定食とかあるよね?とメニューを見るとここはどうも銀トロ鮭ってのが売りのようです。でも890円とかなりいい値段。この定食を分解してみると銀トロ鮭がいくらわかるかな?

豚汁とご飯と冷奴、高速価格でもこれで500円がせいぜいでしょう。としても400円くらいか。ボクは鮭の切り身がどれくらいするか知らないし、例えばやよい軒の鯖の定食の値段を考えても、この鮭って高いか?美味しければいいよ。だいたい鮭なのかどうかわかんない牛丼屋の薄っぺらい鮭が基本だからね、これまあまあ分厚くて(写真じゃ分からないかな?)期待してしまいます。

ではいただきますか..ん?トロってのは?だけどこれはおかずになるわ、許せる範囲でしっかり塩が効いてる。2口で豚汁に手を付ける前にご飯の5分の4がなくなりました。確かにボクは気に入ったし、このサイズの鮭を外で食べられるところはあまりないでしょ。でもいい値段、豚汁+鮭で890円はなあ...豚汁は普通レベル、具にキャベツ入ってたけどこれはマイナス、嫌いじゃないがその分も豚肉にしようよ、豚汁でしょう。★3つ、鮭は高級魚と思うこと。



中国道上り上月PA ひまわりカレー650円

この「パーめし」のネタ、溜まりすぎて連投にならないようにドライブネタに混ぜてアップして行きます。パーめし?これ「パーキングでの食事」のくだけた言い方。「ハイウェイのパーキングの食事」で略してハイパー食とか考えてたけど、ざっくり「パーめし」の方がいいでしょ、もし失敗しても「まあ、パーめしなんてこんなもんやで」で済ませちゃう。そんなこと言いながらも、やはり「結構いけますぜ」と言いたいからまだまだチャレンジしてゆきます。

無難だと思ってたけど、結構やられてるカレーでございます。ここ上月PAがある町はひまわりが有名で、そこから来てる名前ですね。見たところは揚げた玉ねぎのトッピング、それとゆで卵並べてるだけですが...もしこれだけならかなり強気な店じゃないですか(これでひまわり?)。その特徴である揚げた玉ねぎとゆで卵ですが、カレーライスを邪魔しちゃってるだけかも?ゆで卵ってなーんにでも合うと言えばそうだけど、これが冷たい...カレーを冷ますだけ。

これ、サラダ付きなんだがらゆで卵も揚げた玉ねぎもサラダにそのまま入れた方がいいんでないの?ひまわりを強調したいゆえにおかしくなってます。もうパーめしを何十食を食べてると、手間をかけるほど評価が下がることがわかりますよね。これもその通りなのでした。兵庫県のPAはドライブ帰りの早めの晩飯になるのでこの企画において重点地域になります。隠れた逸品に地元で出合いたいもんです。★2つ。



中国道下り本郷PA もみじ豚の焼肉丼(赤)800円

あれだけ先日名神の多賀で地雷踏んだと言っておきながら、また懲りずに怪しい豚丼にチャレンジするボク。マゾっ気があるのかリベンジに燃えてるのか、はたまた寝ぼけているのか...豚丼は安いものの方が美味しいと自分なりに答えは出てるのだが数秒の躊躇のあと、「おりゃ!」と券売機のボタンを押す、おばちゃん頼んまっせと食券をカウンターへ、店の人もまさかここまで思いつめてるお客には見えまい。

このメニュー、店内にSAPAのコンテストに出品してると言うメニュー、これが経験上「手間ひまかけて不味くする」メニューによくなってるのだ。そして出来上がり、呼ばれて現物を見ると「うッ!」また紫玉ねぎだ。店のポスターの写真はよーく見ないとこれが見えないように撮ってました。糸唐辛子の下に隠してやんの。その糸唐辛子も見た目重視の食材、思えばこれが乗ってて美味しかったことあったっけ?

焼き肉丼ということだけど、豚肉ですから豚丼でもあります。これのバリエーションなんですけど、これもまたやはり自爆してるメニューだと思う。基本的に肉が少なかった。そもそも豚丼にアイデアを被せてなんとかするのはほぼ自爆になると思う。さらにこれ食材が丼の中でそれほど仲良くないです。豚丼はシンプルにして、あとはお客がなんとかするもの。そこまでわかっていながら、もしかして美味しいなら期待してない分感動があるのでは?と言うボク選び方、間違ってる?それと味噌汁の具、あのピンクの物体は何や?★1つっすわ。



中国道下り加西SA ぼっかけ丼セット780円

これ、朝ごはんです。5時半に食べてます。「ぼっかけ」とは牛すじ肉とこんにゃくを甘辛く煮たもので、神戸のB級グルメ(こんな言葉が出来るずーっと前からこれは有名)、ぼっかけは便利で安く美味しいのでこういうところ向きだね。これの丼ですから味は大丈夫でしょう。ただ、肉とこんにゃくのバランスはサンプルよりググッとこんにゃくが増えると思った。5対5がどれくらいになるでしょう。

で、実物を見ると...8対2? 9対1? こんにゃく強すぎるぞ。それでもこういうところで食べてることをネタにするくらいです、慣れっこです、そういうものです。このこんにゃく丼(あれ?名前変わった?)ですが、安心して下さい美味しいです。絶妙なのが紅生姜。ボクは勝手に盛られる紅生姜はあまり歓迎しないのだが、こんにゃくと甘い味付けにシャリっと口の中で1本の紅生姜、これがよく出来てる。安い食材のコンボが素晴らしい。

そしてうどん。きつねうどんってカップ麺で食べたことはあっても、店で食べることあまりないんです。たまーになか卯で食べるか?ってくらい。丸亀製麺に一時期行ってたが、あそこはさぬきうどんなんで「きつね」はないですから。こういうところのうどんは「冷凍」か「茹でであるものをまた茹でたもの」か。後者だと箸で摘もうとすると切れちゃう。ここは「冷凍」のコシがありました。それだけで十分です。“あげ”もこの大きさならいいでしょう。★3つ!


北陸道賤ヶ岳SA上り ミックスばら焼き定食850円

ここもリニューアルしてきれいになったはいいけど高くなったな...のフードコーナー。ネクスコ中日本はこういう傾向が強くていかんね。丼ぶりもので連続して激しく打ちのめされてるのでここは定食にするかということで牛と豚の肉がミックスされてる焼肉定食ですな、味は無難ですよ、肉の質なんて何も言わない、ご飯のおかずなら安い肉がいいくらい。

さてと、この写真だとあまり伝わらないかも知れないが、実物を目にしてまず思うのが、誰もがそうだと思う、バランスが違うやろ!というもの。これ写真を上から撮ったものでわかり難いか、肉の量に対して野菜が多いのなんの。ボクは野菜バリバリ食べたいからいいんですよ。でも、ここは肉の量をもう少し増やして(ちょい少なく思った)、野菜の量を減らすべきですね、それにキャベツばかりやん、トマトとかポテトサラダとか考えなかった?

これの大盛りが1200円なんですよ。オチとしてはさらに野菜が多くなるんじゃないか?と思いますね。と言うか「これで少ないなら大盛りにしなよ」ってことだろうけど、フードコーナーで1200円はないわ。食器の返却の際に他のメニューがとなりで出来上がっていたのでチラッと覗いてみたけど、カツ丼の類でしたね、やはりなんかバランスおかしい。カツ丼でご飯があんなに見えるってカツが小さいんですよ。もう各店の問題じゃなく、ネクスコ中日本大丈夫か?★2つ。(野菜多いのはいいが合格点はちょっと...)

北陸道尼御前SA上り 甘えびかき揚げ丼1180円 

前日の朝、豚丼で地雷を踏んだので翌日は天丼にしてみた。しかもレストランの方ですよ、1180円!お客はボクと他に一組、静かな空間でなかなかいい気分、この時間、なんせ他に料理待ちの客いません、「厨房はボクの天丼のためにあるのさ」といい気分でふんぞり返ってたんですけどねえ。しかしいい気分は天丼を口にするまでだった?

この天丼にはなんでや?がいくつもある。天丼ってご飯にツユをかけて、天ぷら乗せてまたツユをかけるものと思ってます。このツユを吸ってしまうもの見えます?天かすですわ。天ぷらとご飯の間に天かすを敷いてるのでこれがツユを吸ってご飯の美味しさを奪ってます。天かすが口に刺さるわ、ツユをかけたはずなのにご飯は白いままだし。

さらに、見た目重視のつもりだろうが、しらすはまるっきり邪魔でした。天丼に合いますかね?しらす、結構しょっぱかったし。そしてお吸い物も、凝ってるんですよ、いろいろ具が。でも三つ葉を入れてたら三つ葉の味と香りで頂きたい、いろいろ入れすぎ。と言うわけで...「手間ひまかけて不味くしないでよ」という見本でございました。余分な手間ひま省いたら880円で美味しい天丼出来るでしょ。★1つですわ、1000円オーバーなんで厳しいぜ。

名神高速多賀SA上り 近江豚の赤母衣丼880円

ネクスコ中日本の「戦めしキャンペーン2015」のメニュー。ネクスコ中日本のパーキングで対戦させるような企画で多賀SAはこれ。見た目がイマイチなんでちょっと怖かったんだけど、豚丼ってのは牛丼より好きなボク、朝から行ってみますか...と、これがついに踏んでしまった豚丼の地雷だった。うーむ、責任者出てこい。

近江豚ってのはいいでしょう、量が想定以下でしたが。それよりも近江地方では普通だけど、この赤コンニャク、慣れないとちょっとこれキツイかな。途中でしんどくなります、味はこんにゃくですけど。そして何よりもドサッと乗った野菜の量、辛い紫タマネギがメニューの写真の10倍くらいあるじゃないですか、これ冷たいから最初から冷めた豚丼になってしまってる。

トッピングの白いネギも多め、元々量の少ない豚丼に冷たく辛味の残ってるネギ類を大量に乗せて味も滅茶苦茶にしちゃってます。とにかく紫玉ネギが多過ぎ、作ったやつバカだろ。メニューの写真の通りならまだマシだったろうに...おそらく、この企画のメニュー、53品のうち最悪だと思う。手間ひまかけて不味くするとは何事だ。★ゼロの許さんは武力行使なんでそれはやめておくが、★1つ、ただゼロに近い★1つ。口直しに何か売店で買って食べましたわ。ガオー!

山陽道上り福石PA ミンチカツ定食740円

ミンチカツ定食としてはちょい高めではあるけど、無難な定食として頼りにしてるミンチカツでございます。メニューに722キロカロリーって書いてあったけど、それ本当か?ってくらいボリュームありますしね、ご飯もボクは普通にしてもらってるけど、大盛りでも同じ値段ですよ。山陽道も中国道も岡山以東はSAよりもPAがいいよね。

ミンチカツには何をかけるかと言えるのはここが何もかかっていない状態。中国道の安富PAのミンチカツにはデミグラスソースが最初からたっぷりかかってますけど、こちらのミンチカツはさらに庶民派になってますね。このメニューを高級路線にしようとしても限界があります、これにはソースをたっぷりかけてやります。あ、ソースはいわゆるとんかつソースね。

生姜焼き、メンチカツ、アジフライ、そして豚汁定食。このあたりは無難と言いながら食べてきたけど、豚汁は以前豚肉がほとんど入ってなくて豚汁風味の味噌汁だったこともあり、これが脱落。結果無難四天王は無難3大メニューになった。そのひとつであるメンチカツ。いつかどこかでボクの安心を打ち砕くフードコーナーが出てきちゃうんでしょうか?ここちょい高めなんで★3つ、合格点。

伊勢湾岸道下り刈谷PA 肉そば(塩)+ミニチャーハン 1000円

もはや意地になって来た塩ラーメン、醤油がまだ無難なのはわかってる、でもこの世にサッポロ一番塩ラーメン(袋)を超えるものはないのか?と手を出しまくっては「こんなもんか..」を繰り返す。ここでもそれをやってしまいました。お腹空いてたんだな、半チャン付けてる。お腹空いてるからラーメンにしたのかも知れないけど。そう言えば塩味はラーメンに限らず、焼きそばでもそうだな。手を出しては「こんなもんか..」をこっちでもやってる。

これは「肉そば」、こういう名前になるのね、肉ラーメンと言っちゃダメなのか?丸源ラーメンも「肉そば」という名前にしてる、近江ちゃんぽん亭も「豚そば」だ。肉ラーメンと呼ぶところは少ないみたいです。味の方は、塩味っすわ、いやこれ以外に出てこない。肉や他の具材も塩に負けてしまい、もう1回これを食べる気にはなれないかな?ってところ。そろそろボクは塩から足を洗った方がいいと思うんだよね。

それよりも、このラーメンは一楽という店なんだけど、店員さんも外人さんでした、それにしても黒人?は珍しい(超日焼けならスマンです)。そして、周りの客もなんか中国人ばかりだったな。小さい子供連れの中国人観光客?確かここは愛知県の刈谷だったよな?と自問自答しちゃうくらい外人に囲まれて食べた「肉そば」でした。もしかしてここのラーメンは中国人が好きな味なのかな?★2つ。

50

新名神土山SA 近江ちゃんぽん(並)790円

何度か朝ごはんとして頂いてる「近江ちゃんぽん」です。滋賀県にはチェーン店も結構あるんですが、関東だと東久留米のイオンモールにあるくらいなんですね。なんともやさしいちゃんぽんで、肉など本当に一切れだけですかね、これはこれでいいんです。食べ方のひとつに途中で酢を足してまろやかにすると言うのがあります。これはボクもなるほどと思ってる食べ方。皿うどんとかでもそういう食べ方を紹介してるの見たことがあります。

ちなみに並で790円というのは高速道路価格で他の店舗ではもうちょい安く、税込み702円です。他のメニューもこの「近江ちゃんぽん亭」ではあるんですよ。でもね、今度は別のにしてみようって思っても、次回来店したらやっぱりこの近江ちゃんぽんにしちゃうんですよ。このパターンで天下一品に行く度に今度は「味がさね」ってやつ食べてみようと思ってもやはり「こってり!」になってしまうパターン、ここでもやってます。

新名神の土山SAですけど、ここは上下線どちらも同じ施設の利用なのでどっち向きでもオッケー。先にボクはこれを朝ごはんにしてると書いたが、ここは家から100キロの場所で、夜出発して、ここで寝て4時半に起きて5時にこれ食べて、混む前に名古屋突破がパターンなんです。で、結論?このパーキングには「近江牛」を使ったメニューがレストランにあるが高すぎる。同じ近江ならこれでいいですよ。★4つ。肉好きだったら物足らないよ〜。

北陸道上り南条SA おぼろあげそば980円

南条上りのSAが新しくなって初めて行ってみました。リニューアルする度にどんどん単価が上がって行くもの、ここもご多分に漏れずってやつですね。特にSAはそうであって、PAはまだ頑張ってくれてる気がするけど、営業時間がロングドライブでは時間をずらして食べるには開いてなかったりなんです。南条のここは海鮮レストランが出来ていて、ここがボクには高いのでフードコーナーに追いやられる。こっちは比べれば安いが、安くない。

そこで見た目のインパクトで勝負してるこの「おぼろあげそば」、天ぷらでフタをしてるのでその下はどうなんだろ?とりあえずこの天ぷらを真中から押して割ってしまおう。薄い天ぷらなんでパキっといきますね。ここで中にもなんぞ天ぷらなり何かあれば「これが980円のわけなのね」となるんですが、「これで980円かいな...」になったような記憶が..ねぎくらいは入ってたと思うよ。

思えばそばに乗せる天ぷらってカップ麺や立ち食いの店の影響でいつしか「丸いアレ」が天ぷらになってる。立派な海老天が乗るやつなぞ食べたことあったっけ?カップ麺の例の天ぷらは後のせの日清ならすぐフニャフニャになるから一気に食べないといけないし、先のでの東洋水産なら完成時にはフニャフニャです。え、このおぼろてんそば?天ぷらもそばも★1つかな?2つにするか?うーむ、だめだ★1つ。

東北道上り安達太良SA 中華あんかけセット980円

中華あんかけ、とは中華丼のことですね、これが一般的な中華丼ではなく、お皿にして食べにくくしてるというもの。よく見るとうずら玉子とエビにはあんかけがかかってないから後でトッピングしてるんですね、その方が隠れないもんね。あんの中にちゃんと入れて作っても隠れないように装うのがプロ技なんだけど、まあいいです。とりあえずこのうずら玉子とエビが「見えないといけないメニュー」ですから。

この中華丼なんですけど、一口食べて「おおおぉ!」となりました。それは、甘い。一歩間違えればスイーツになりそうな味付けです。ボクは許せると思ったが、許せないラインにかかる人もいると思うくらいでしたね。ご飯ってのは和菓子になったりもするんで案外これが甘いものにも合ってしまうものだけど、思えば白菜、玉ねぎ、人参と甘いと言えば甘いか?美味しいという単語より先に甘いが来る中華丼でした。

それと、春巻きにはケチャップがすでに...と言うかケチャップに春巻きが乗ってる。春巻きは何も付けない派のボク、もし何か付けるとしたら、醤油?それもほんのちょっとだけね。春巻きに何を付けるかも個人それぞれの好みがいろいろなんでしょうが、お店でケチャップが最初から付けてあるってのは初めてかな?結構ビックリした。ケチャップって結構何でも強引に味をかぶせてそれなりにしちゃうよね。春巻きのケチャップは評価のプラマイ無し、★3つ。


東北道上り長者原SA 豚汁定食680円

無難と言えばそうですかね、朝食の定番であります。ボクは晩御飯ではなく夕御飯(19時までに食べると夕御飯と思ってる)を軽めに食べておしまいという食生活ですから朝起きたらもうお腹ペコペコ、朝からソースカツ丼とか食べちゃうのですけどね。この日は前日の晩御飯が普段よりずっと遅くなり、しかも白金豚の味噌漬けの定食、ボリュームあったので朝は豚汁定食で。

豚汁定食はですね、当たり前のことだけど具に豚肉が入ってるかどうか、これが大事、どれくらい大事かと言うとその日の次の食事までの間、いい気分でいられるか、呪い倒すような気持ちで生きるか、それくらい違います、だから箸で具を持ち上げる時の緊張ったらありません。タコ焼きでもしタコが入ってなくても、8個入りならまだ7個あるし、許してもいい。でも豚汁は違う。

で、長者原のここはどうだったか...はがねいちは泣いたね、ほぼ野菜のみ、肉はほとんどなし、ボクが国土交通大臣なら次の日からここは閉鎖ですよ。え?豚肉の脂が浮いてるからいいじゃんって?その理屈でボクが言いたいこと言っていい?ハイ通用しませんね、と言うわけで豚汁恐怖症にならないようにちゃんと豚肉を入れてくれる「ザめしや」に行きますわ。★2つ。(肉の件で★2つ失ったね、味は普通)


東北道上り紫波SA 白金豚の味噌漬け980円

滝沢PAのフードコーナーが閉店近くだったのでこちらまで来てレストランの方でいただきます。席でメニューを見て即決でこれ、白金豚(はっきんとん)の味噌漬け。定食とは書いてませんがご飯も味噌汁も付いてます。ちなみに時間は20時20分、ドライブに中こんな遅い時間に食べることないんだよね、そう思ってるとやって来ました。うーむ、ボリュームありますねこれ。

メニューの写真よりも実際はショボイことが正直半分以上、いやだいたいそんなもんですよね。ところがメニューの写真よりも豚肉もキャベツも多いんですわ、これ嬉しいです、お腹いっぱいで寝るの好きじゃないけど、食べてやる。うむ、豚肉が柔らかい。ボクはグルメレポーターの女の子が「柔らか〜い」を連発するのが嫌いなんだけど、言わせて下さい「柔らか〜い、」この厚さでもいいわけだ。

レストランの方でこのボリュームと味で980円、これは★5つです(ご飯がちょいマイナス点あったけど)。滝沢PAのフードコーナーの営業時間が20時とかだったらここでこれ食べてないわけで、滝沢PAでは「もうちょっと遅くまでやってよ」なんて思ったけど、こっちに来て大正解。ここ紫波SAのレストランはこの白金豚のメニューがいくつもあるので他のこの豚肉使ったメニュー食べてみたい。でも遠いわ...


北陸道下り大積PA 生姜醤油味野菜たっぷりラーメン

長岡地方では生姜醤油味のラーメンなるものが普通なのか?そうらしいですね、これは知らなかったです。券売機のボタンに「野菜たっぷりラーメン」とあったからサッと押したけど、赤い字で生姜醤油味とあって、何それ?ってなったわけです。と言うわけでラーメンと生姜が脳内で今ひとつマッチしないまま待ちます。そう言えばとんこつラーメンに紅しょうが入れたりするよな...スープがピンクになってどうもなあ..と。

うむ、目の前の野菜たっぷりラーメン、野菜は炒めたわけではなく、湯通ししたような感じで生ではないですという微妙なもの。シャキシャキ感を出すと言えばこうなるけど野菜の味しかしないのでこれを生姜醤油のスープにしっかり浸して食べるんですね。野菜は確かに量があります。麺は細めのちぢれ麺、普通と柔らかい、どちらかと言えば柔らかい部類ですね、ここで★3つはありません、それ以下になります。

問題は、この生姜醤油のスープでしょう、これは今以上メジャーにはならんと思う。ほのかに生姜を感じるというレベルじゃなく、しっかり生姜ですわ。ボクとしては、こんなラーメンここでしか食べたこともないし、見たこともないわけで「なるほどね〜」と興味深く頂きました。いや、麺がしっかりしてたらボクはまた食べるかも知れない。そんな★2つ(本来次はないという基準ですが)ですね。とりあえず野菜たっぷりというフレーズは心くすぐられる。


北陸道南条SA下り ボルガ丼930円

ボルガ?この名前の由来は名物だと謳う武生の公式サイトでも謎になっておりました。ボルガライスというのはオムライスのアレンジ版ですかね。これを丼にしてしまったのがこちら、朝ごはんとして朝5時50分に頂く。食券の販売機に写真があったのですが、ボクは玉子(スクランブルエッグ風)を見落としていて単なるソースカツ丼かと思いました。ちなみにボルガって北斗の拳にそんなヤツ出てきたなと思ってましたが、ボルゲでした。

デカイお盆で登場、おかげで小さく見えますが普通の丼ぶりもの。業務用のどこにでもある安いカツであっても揚げ立てはサクサクしててボクくらいだと納得出来るもの。熱々のカツを食べてみて結構しっかり玉子があることを知る。サクサクのカツと玉子、これにキャベツ(少し控えめの量がナイス)とご飯、これが結構イケますね、皿になってるボルガライスより丼の方が食べやすくていいかも。

最初はお盆にスプーンがあったので「何?」と思うも、最後はこれですくって食べちゃう。なか卯の親子丼にスプーンがあるのと同じね。あまり見た目がいいとは思わないけど、最後の2口くらいは便利です。930円という値段に★4つにしますが、気に入った。


西名阪道香芝SA下り 温玉肉丼880円

「店長おすすめ 食べるならコレ!!」と食券の販売機にデカく書いてありましたので、とりあえずこれにしてみる。無難なメニューだし、作るの楽だろなと思う。これ意地悪言ってるんじゃないですよ、作るの楽と美味しいは関係ないですもん。逆に凝って手間ひまかけて思いきり「普通」だった方が困っちゃう。

あまり待つこと無く呼ばれて取りに行く。うむ、見た目はまかないレベル、肉丼とは言っても牛丼ですから玉ねぎとか一緒に煮込んでるかと思えば肉オンリー、玉ねぎ苦手の牛丼好きが大喜びですね、最初から「ネギ抜き」です。ならばそこそこいい値段なんだからご飯が完全に隠れて見えないくらい肉で攻めて欲しかったな、この時点で貧弱さが強く出てる、なんせ880円です。玉ねぎ入れたらご飯が隠れますね。

玉子はいきなり潰すしかないかな、もう上品に食べてられない丼モノです。やれ貧弱だとか言っても少し甘めに煮た肉と玉子とご飯ですからねガツガツいきます、味は文句なしです。でも、味だけで評価しない、評価は★2つになっちゃうかな。値段やら何やらで★が2つくらい減ってしまいました。そう言えば、牛丼屋さんまた値下げしてますね、この温玉肉丼より500円安く玉子付きで牛丼食べられます。


阪神高速5号湾岸線中島PA 唐揚げカレーライス(サラダ付き)830円

好きな中島PA「うみかぜキッチン」のカレーです。カツやハンバーグが乗ったカレーは多いけど、唐揚げというのは合わないという気もないこともない?ココイチではフライドチキンカレーなんてあるけど、結構通ってたボクも食べたことないな、唐揚げとカレーと言うのは合うものか?食べてみたところでボクはハンバーグやカツに比べたら合わないと思う。さらに言えばここの唐揚げはすごーく味が濃い、人によっては濃すぎるくらい。この唐揚げひとつでご飯相当食べられます。

ここの生姜焼きもすごく濃い味、唐揚げもそうなんです。なにせカレーがかかっていても負けてませんからね。そこで、付いてくるサラダなんですよ。このサラダね、玉子もかかってるし830円で付いてくるって結構お得感あるんです。このサラダにはドレッシングがかかってるけど、これはかなり控えめな味なんです。それこそ物足りないって感じ。ここで唐揚げをサラダに乗せて「唐揚げサラダ」にして野菜を食べると丁度いいのです。

どうしてこんな皿にしたかわかんないけど、四角くデカイ皿でなんか食べにくい。でもこのパーキングのここはネクスコのどこも似てるフードコーナーと違い、すごく開放的で雰囲気がよろしい。カレーも丁度いい辛さ(人によっちゃ甘さだな)でありがたい。と言うかココイチが「普通」で辛すぎですから。評価は830円でサラダ付きが嬉しくて★5つ。カレーより辛い(上記では濃いという表現をしてたけど)唐揚げをどう評価するかだね。


中国道上り安富PA ジャンボミンチカツ定食800円

確かにジャンボ、ずっしりと存在感ありますね。このPAのフードコーナーは以前からわりとお世話になってるところです。ミンチカツというのはあまり高くないのが嬉しくて、これで800円、確かご飯も量が選べたんじゃないかな?普通でボクは十分です。このフードコーナーはボリュームのあるものも多く、それでいて1000円以下。最近のSA、PAは新しく改装したドサクサ?で全体的に高くなってますからね、ここは嬉しいです。

ミンチカツは大きさの他にも特徴があって、衣がかなりしっかりした食感、そしてデミグラスソースがたっぷり最初からかかっている。ミンチカツは「ウスターソースって何に使うの?」と普段から疑問のボクが唯一かけるのがミンチカツ、だけどここは最初からデミグラスソースが...でも味の濃さがちょいと控えめなんですよ、だからさらにソースを少し足しちゃうのでありました。


付け合せのポテトサラダがボクは好きでこれが嬉しい。券売機の写真ではマカロニサラダだった。そのポテトサラダの横にフライドポテトというポテト攻撃です。券売機の写真ではフライドポテトじゃなくてトマトでした。もし逆で券売機の写真がポテトサラダで出されたものがマカロニサラダだった、となればちょい減点だったけどね。評価は★5つです。あ、もしマカロニサラダでも★は5つだよ。

60


中国道加西SA上り 加西ラーメンセット味噌900円

西宮名塩の醤油ラーメンのセットや冷やしラーメンがなかなか良かったので同じところが監修してるという味噌ラーメンのセットを加西でチャレンジ、やってもうた、というやつですが、一口目を口に入れるまではドキドキで楽しいもんです。ラーメンセットはあちこちでチャレンジはしたけど、勝率5割切ったな、完全に... お腹が膨れることに関しては合格だが、それだけだと「なんか悔しい」のであります。

味噌ラーメンと醤油ラーメン、同じ店で同じ麺だとどちらかのラーメンで合わないような気がする。これなら太麺で味噌に合わせたほうがいいかな。そんなことを先日の北陸道蓮台寺の「とん太」でのこともあって思った次第。考えてみたら、ボクが食べた最高の味噌ラーメンは25年前(!)に通販で買って自分で作った「小樽じょっぱり亭」の味噌ラーメン。今これはネットでも見つかりません。

勝負するには分の悪いこと承知の味噌ラーメンだったんで落ち込み方は穏やかですが、唐揚げもご飯も西宮名塩SAの下りには及んでないので★2つです。そろそろラーメン系に飽きが来てるんですが、パーキングだと他に定食、丼ぶり、カレー、そば、うどん...と似たり寄ったり。フードコーナーではなく、レストランのラーメンなら?...まだまだ懲りずに続けます。


山陽道上り道口PA 道口豚かば丼710円

定番の豚丼の類ですね、豚かば丼ということで、蒲焼きのタレを使ってるのがポイント。ただ蒲焼きにしなくとも、そのタレを使ってるだけだとボクは思ってるし、それも蒲焼きと言ってもかまわない。これに乗るのが目玉焼き、玉子を乗せるのは多いが、ボクはこの目玉焼きはいいと思う。生卵や冷たい温泉たまごは冷ましすぎると何度も書いてる気がする。

味の方はホッとする想定内であり、面白みにかける想定内。当エリア限定メニューとか書いてあったけど、だいたいそんなもんです。肉は写真では分かり難いが、大きいのが3枚だったかな?この肉は一口で1枚食べたいからご飯があまりそうだ。肉の丼ものは小さ目の肉の方がいいかなと思ったメニュー。もう1枚肉があれば★4つだが、評価は★3つ。

実を言うと豚丼となるとすき家や吉野家、松屋の豚丼が大好きなボク。メニューが消えたり復活したり忙しいメニューで、つまりはネタ切れ?の時に登場するヘルプメニューなのね。牛肉がBSEの問題で輸入出来なくなったからこそここまでメジャーになったメニューですから(もちろん以前からありますよ)。牛丼チェーンでは300円台でボクを満足させてくれた豚丼、豚丼系の全国制覇目指します。



中国道下り西宮名塩SA 冷やしラーメンセット890円

以前ここの醤油ラーメンセットが高評価、同じ店が監修してる冷やしラーメンに挑戦です。実はボク、冷やしラーメンの類は過去何年もコンビニで試しては「やっぱラーメンは熱いもんやな」と思い込んでます。冷やし担々麺やら冷やしちゃんぽんから、いろいろ試しました。昔からあるあのちょい酸っぱい冷やし中華がまだマシですね。そばは冷やしてもいいけど、山形名物の冷やし肉そばは正直やはり温かい肉そばいいなと思いました。

そんなボクが無謀?にも勝負に出た冷やしラーメン、スープは醤油味です。こ、これは...有りかも。いや初めて冷やしラーメンもありだなと思いました。冷やしラーメン向けにチャーシューは鶏肉になってます。もやしではなく刻んだキャベツが入ってたり、単に冷やした醤油ラーメンじゃありません。ネギも2種類多めに入ってます。麺は弾力のあるちぢれ麺。

予想外の出来の良さに★5つものだが、セットの唐揚げとご飯が以前の醤油ラーメンセットよりもペケだったかな。注文が入ってすぐ、お盆に唐揚げとご飯が乗った。もう少し待てばいいのに、すっかり冷めちゃってる。ご飯に盛り付けも冷やしラーメン出来るまで何分もあってご飯の前で待ってるのなら、もう少し整えてくれてもいいのに。これで★4つになりました。でも高評価。



北陸道上り神田PA 北陸道カレーライス830円

盆休みの連休最終日、どこも混んでる時間帯だったので名神に入ってからよりも神田PAの方が席もすぐに確保できるのでは?とこちらへ。選んだのはとりあえず目に付いたこれ、メニューの写真を見て「どれにしようかな〜」はほぼ無しの勝負。こういう買い方した場合、絶対にあとから他のメニューを見ちゃイカンですよ。

見た目はカツカレーですね、キャベツも一緒になってる豪快さ、ソースがカツにもキャベツにもかかってるもの。さて、なぜに「北陸道カレーライス」なのか?一口、二口と食べ進めてもわかりません。と言うか...カレーの味がしない。見た目はカレーなのにカレーの味がしないのは職場の社員食堂(すでに廃業)の名物だったが、これもそう。ソースに味に負けた?この程度のソースに負けるカレーはないと思うぞ。

それにしても...ほとんどソースカツライスだねこれ。他のカレーメニューもこんなの?とりあえず北陸道とは「味のない」を意味するということでよろしいか?カレーなんてレトルトで味は決まってると思いきや、思わぬトラップにハマりました。何度も水を飲んで自分の舌を確かめたボク、そう言えば職場の味のないカレーの日、食堂でみんな首を傾げてカレー食べてた光景思い出したわ。★1つ、これがボクの優しさ。



北陸道上り蓮台寺PA 醤油とんこつラーメンBセット1000円

「とん太」なるお店、ドライブしているとボチボチ見かけるのだが、ボクは25年以上前に山形の国道沿いで食べたきり、記憶にもう残っていない。ただ、美味しいなと思っていればこれだけのブランクを開けるまでもなくどこかで食べてると思うので、ここに多少の不安要因があるのだが...そこで1000円と4桁と強気なこのセット。Bセットは検索すると以前は卵かけご飯だったみたい?時期的なもの?この時は焼肉丼らしいが、この写真の通り。1000円からラーメン代を引けばこれいくらになるの?減点です。

どうも「とん太」は味噌ラーメンが売りみたいですね。ボクはとんこつ醤油がメニューにあるとこれを選んでしまうことが多いと思う(本人の曖昧な記憶調べ)。とんこつが強く、醤油の印象は薄いかな?紅しょうが入ってる時点でそんな気がしました。海苔やワカメで賑やかに見せてますね。焼き豚は薄いよね。ボクはラーメン店が焼豚のグレード(量、厚さ)を落としたら客も気付くし、もう後は消えるだけだと思ってます。ここはPAなんで大丈夫ですけどね。

そんなことより、麺ですね。とんこつだと細麺、それも極細などが多いんですけど。ここは平打中太麺、これは喜多方ラーメンや主に味噌ラーメンで使うタイプ。これがやはり合わない気がしてね。麺にスープが絡みすぎるというか...ある「天下一品」では麺が選べるんですが、ノーマル以外を選ぶとやはりあんなに好きな天下一品もダメなんですよ。それくらい麺とスープの相性が大事。「とん太」は味噌がいいのかな?1000円超えだから★1つ。



山陽道下り福山SA 尾道たこ天ラーメン780円

地元のものを組み合わせてのラーメンです、これ一杯で996キロカロリー。みるからに脂分浮きまくりですね、尾道ラーメンの背脂にたこの天ぷらからの油もあります。クドすぎるかな?なんて思ったりして、これ朝4時45分の朝ごはんです、この企画やってなきゃこの選択はなかったかもしれません。昔より高速道路のラーメンの質も上がった?とよく食べてるけど、勝率5割くらいです、これどうでしょう。

うん、尾道ラーメンいいね、最近醤油ラーメン派になりつつあるので喜多方ラーメン、尾道ラーメンが好きになってきたかな、美味しい。問題はたこ天ですよね、トッピングはネギとこれだけですから、たこ天がラーメンに合って無ければ終了してしまいます。で、ボクの感想ですが...合う。と言うか、尾道ラーメンの濃い目のスープってそのまんま「天つゆ」になるという事実。他のラーメンじゃダメ、尾道ラーメンだからこそ成立しとる。

それでも、天ぷらとラーメンの組み合わせはうどんやそばでもそうだけど、汁に浸かってることによって天ぷらがふやけてしまいますね。天ぷらを箸でもちあげるとふやけた天ぷらからタコが逃げます(落ちます)。天ぷらってのはサクサクが美味しいのでしょう。でも、普段から揚げ立てサクサクの天ぷらなど食べることがないので天ぷらってこんなもの、これもあり。うーん、★3つ。


上信越道下り松代PA ニララーメン780円

閉店20分前に駆け込んだフードコーナー、間に合って良かったとサッとこれに決めてしまう。麺類の単品だけにすると決めてたので秒速で食券を買ったが、季節限定って書いてあるね。これって試用期間でしょ?とか、美味しかったらレギュラーメニューになるんじゃない?と懐疑的なボクだけど、これはどうだろう?見た目は地味だけど、780円か、結構するじゃん。

実際のニララーメンは券売機のところの写真よりニラの比率が多い感じ。では頂きます、そして3秒後に★1つが決定。茹で過ぎの麺だと、他でどう挽回しようとしても★は1つです。逆に言えば茹で加減が好みなら★3つは安泰と言えるのがラーメンです。中央の味噌はラー油の辛さもあるけど、この味噌もかなり濃いです、ボクは咳き込んじゃいました。この濃い味で肝心のニラの味を見事に抑えこんでます。

ニラもここまで刻む必要があったか?のもので、レンゲですくうしか無い。それでもニラの風味より味噌の味の勝ち、どんなにニラを口に入れても濃い味噌の方が勝っちゃうのだ(ニラの風味もあるけど)。担々麺みたいに味噌と一緒にミンチ肉も入ってはいるがわずか、担々麺のお楽しみである、レンゲで下に溜まった肉をすくうような楽しみはない。ニラを使ったラーメンを考えるなら醤油、あるいは塩スープでしょ。


長野道下りみどり湖PA ひとくち山賊焼き定食730円

「山賊焼き」って何ぞや???唐揚げかな?長野県は好きで30回以上ドライブ来てるのでこの山賊焼きって名前は知ってるけど..山賊焼き、行ってみましょう。うむ、うんうん、なるほど、これは唐揚げですね、どういう経緯でこういう名前になったかはわかんないけど、それはもうどうでもいいや。それにしてもひとくちって名前だけど、結構ひとつがデカイぞ。

ここは定食のご飯おかわり自由、それでこの山賊焼きの量、絶対お腹は満たしてくれる。ボクはこのお茶碗一杯で十分でした。ご飯のおかわり自由となると、だいたい100円分くらいは値段に入ってるもの、これ730円ですか、高速道路内ではありがたいですね。でもボクは悔しいことにおかわりすることってもうほとんどないんですよ。だから「「おかわり自由」って100円くらい割高になるんです。やよい軒とか街かど屋とか...

この唐揚げ、っていうか山賊焼き。もちろん山賊焼きにもいろいろあるんでしょうけど、ここのは正直言っておかずにならない系の唐揚げかな。唐揚げでもご飯が進む味のものと、そうでないものがあって、ここの山賊焼きは後者でコンビニのレジ横で温めてるやつみたいに、ちょっと小腹空いた時にたべたい唐揚げ。ボクが「生姜焼き>唐揚げ」なのはこれが理由かな。時々ご飯が余る唐揚げ定食に出会っちゃう。生姜焼きにそれはない。★4つ、コスパ良し。

中央道上り内津峠PA ぶっかけ冷やしたぬきそば550円

中央道では少し前に屏風山PAの吉野家のそばで「アイタタタ」を喰らったんですが、懲りずに中央道でそばにチャレンジです。朝4時くらいに出発して、名神のパーキングで少し寝たりしながら中央道に進むとこのあたりで朝ごはんになるんですね。4時過ぎに尼崎のローソンでおにぎり一つ食べて出発してますが、あれは朝ごはんではないっすね。

そばの麺については専門的に語れないのですが、こういうところならこんなもんでしょう。名前にたぬきとありますが、「たぬき」というのは地域で変わりますよね。ボクは天かすが入っていたら「たぬき」という教えられ方でした。そして大阪じゃ「あげ」の乗ったそばがたぬき、このメニューはどちらも該当しちゃう。さて、このメニューの特徴のひとつである「あおさ風味の天かす」がなかなかいいです。でも、厳しいこと言えば、この天かすも一杯食べると十分でリピーターになるかと言えば難しい。

このそばを食べてみて唸るのは、この「あげ」です。これは温かいツユに浸かって甘い汁がにじみ出てちょうどいい味付けなんでしょう。こういう冷やしぶっかけに乗せても、味が汁に流れ出ないので、スイーツかよ、ってくらい甘い甘いあげのまま。これがそばつゆや天かすの味に対して逆と言うか、路線が違う味で存在感抜群。このギャップがボクは面白く気にいった。きざみ海苔は多分見た目のみの存在。こういう不思議そばは好き。★3つ。

中国道上り赤松PA アジフライ定食670円

この中国道の赤松PAと言うのは、宝塚の渋滞の前に息を整えるポイントになってまして、重要な休憩ポイントであります。でもここで休憩していると渋滞がジワジワ長くなってゆくこともあって落ち着かないPAでもあります。ここは以前「海と丘のリッチ丼730円」という★5つ獲得したメニューがあるところ、迷ったけど定番のアジフライ定食を。

ボクの定番に白身魚フライってのもあるんですが、これはタルタルソースがどれだけあるか、これが評価を大きく左右します。ではアジフライは?こちらは主にトンカツソースで頂くのでさらに無難なメニューになります。これには少しタルタルソースもあるのでトンカツソースと2種類味わえますね、ソースは混ぜてもいい。

すごーく残念だったのは、味噌汁が普通すぎた。あのね、ここで以前食べた「海と丘のリッチ丼」では付いてきた味噌汁を絶賛した。野菜の甘味が出ててこの味噌汁おかわりしたいくらいだった。同じ店なんだから他のメニューでもこの味噌汁が出ると思いきや...違うのね。それじゃあ★3つ。(残念でひとつ★減らしてやった感じ)

70

中国道上り七塚原SA 塩バターラーメン780円(+セットチャーハン320円)

岡山のラーメンチェーンである「すわき後楽中華そば」が七塚原SAのレストランに納まってます。ここはスナックコーナーもないので食べるならここ。中華の定食からそばやうどんまであって、スナックコーナー兼用ってのも納得。会計のレジは売店と同じですもん。そこで最初に目に付いたラーメンとセットのチャーハン、頼んでから気づくが合計1100円か、大丈夫か?

頼んだのは「七塚原塩バターラーメン」で名前がこうですから一押しメニューみたいです。ところで、ボクって塩バターラーメンなんか食べたことあったっけ?ま、食べられないことはないでしょう。これ780円なんですけど、つまりはトッピングがバターってことでよろしいか?値段の割に迫力不足は否めませんな、学食で400円のラーメンみたいだ。味はバターよりも圧倒的に塩が勝ってました。麺は細めのストレート、写真では麺が見えないので軽く触れておきます。

塩ラーメンとなると、サッポロ一番の袋でしょう、あれを超える塩ラーメンを知らない。今までに塩を冠したメニューでリピーターになったことがないボク、これもやはりそういうことになってしまいそうだ。チャーハンは特にコメントも出てこないフツーのもの。これはセットで780円、はきつくとも、880円ですね。★2つでしょう。ちなみにここ以前は「ラーメンとん太」でした。

中国道下り社PA モテナスランチB満腹セット880円

これはお腹膨れそうだ。この日は午前中に健康診断、前日からの絶食の反動でお腹ペコペコんあおであります。そこで宝塚インター付近のお店の誘惑を断ち切り、あえて高速道路で食べる。名塩はパス!赤松もパス!お腹すいてるぞ〜とやって来たのは社PA、ここってあまり利用してないんだよね、中国道だととりあえず加西SAまで行っちゃうから。

モテナスランチとはネクスコ西日本の店でどこでも出してるもの、だけど全く同じではないでしょう、これと同じメニューを他店でも試す予定ですが、まずは社の下りで。ご飯が茶碗だけど盛ってますね。ボクは聞かれて普通って言ったけど、もしかして基本が大盛りなんで、普通と言ったら普通の大盛りなのか?完食したけどね、でもここまで茶碗に盛られると熱くて持つの大変よ。

さておかずは...ボリュームはあるけど、一昔前の味って感じ。昭和の定食という言い方はないが、高速道路の中でも美味しいものを食べてるとそう感じてしまう。メンチカツは箸でサクサク切れちゃう、これは柔らかすぎなのね。ハンバーグやメンチカツなどは安く作るほど柔らかくなるもの。肉の味は少なくて「つなぎ」のフライになっとる。とりあえず名前通り満腹にはなりました。でももっと美味しいもので満腹になりたいかも。キャベツは厨房の暑さそのまま?温かかったぞ★2つ。

岡山道上り高梁SA 鶏肉のスパイシーカレー炒め780円

岡山道なんてあんまり利用しないので利用時にはしっかり食べておきます?このメニューはどうやらモテナス(ネクスコ西日本の店舗名)の夏季限定メニューだそうで、特に限定というものに飛びつくタイプではないけど、ポスターを前に迷わずこれを選びます、写真では鶏の野菜炒めカレー風味だけど、スパイシーが謳い文句、評価はこのスパイシー次第?

御飯が進みそうだなとまずは野菜の方から食べてみると、すぐにこのスパイシーってのがわかる。辛くないんです、でもわざとらしいくらいスパイシーを演出したカレー風味。カレー粉でチョイチョイっと味を付けただけじゃなく、野菜にも鶏にもカレーが絡みまくってます、それにしても辛くないのにこのスパイシーを謳うこの味、ニヤッとしてしまう。ココイチはノーマルでも辛すぎてダメなもこれヘッチャラ。

そして鶏肉はこれ唐揚げを使用してますよね。この衣の部分にカレー味がくっついてこれが美味しい。鶏肉をそのまま炒めなかったのは店にとって都合がいい何かがあるのか、このメニューを美味しくしようと考えたのかはわかりません。でも酢豚の肉を先に揚げておくのと同じ理由ですね。★5つ。やよい軒あたりこれパクったらどないだ。

中国道下り西宮名塩SA 名塩ラーメンセット醤油880円

お腹が空いてると注文しがちなフードコーナーの定番ガッツリセット。宝塚インターから中国道に入る場合、インターの手前に松屋、すき家、吉野家など揃ってます。実を言えば朝4時半に松屋に行くのは西に向かう時の定番でした。今回は仕事が早く終わり、夜のうちに少し移動しておこうという夜のこと、お腹空いてたんだね、999キロカロリーのこいつを注文。

普通、という表現があるかどうかわからんが、普通のラーメン好きです。逆にこだわりがあるとこういうところで醤油ラーメンとか興味ないでしょう。ボクは天下一品とか横綱とかコッテリ系が好きなんですが、この醤油ラーメン、「神戸南京町皇蘭監修」とあります、自信ありげですね、実際わかりませんが。

麺は弾力のある縮れ麺で、こういうところにありがちな茹で時間を短くしようという意図はなさそう。割りと固めで嬉しい。醤油スープも無難に上手に作ってる。専門店でもないから醤油ラーメンになるよね。そしてボクは思った、これいろんな凝ったカップ麺を食べても、たまに普通にカップヌードルを食べると「やはりこれだね」ってのがあるよね、この路線です、このラーメン。このセット、御飯と唐揚げもタイミング良かったのか美味しい。予想外の★5つ。


東名阪下り大山田PA 敵勝丼840円

40代のど真ん中の人が食べるにはガッツリ過ぎるのだが、この時のドライブはこれで豚肉メニュー3連発と言うことで食べてきました。なんとも乱暴な丼モノ、でも松屋のカレギュウより見た目はいいです。説明するとトンテキ丼であり、半分にキャベツが敷いてある上には味噌カツが乗ってるもの。自然と食べ方は味噌カツ丼として先に食べることになるかな。

何せ、ボリュームあります。トンテキは冷めると硬くなるので自然と急いで食べてしまいますね。カツもトンテキも焼きたて揚げ立てで美味しかったです。先に乱暴な丼モノなどと書きましたが、そういうの歓迎ですもん。ちょっと肉が続くので野菜をもっと食べたくなりますけどね。

敵(トンテキ)勝(味噌カツ)で「敵勝丼」というネーミングセンスは...ともかく、普通の人にはこのカロリーや満腹感が敵だよな、とツッコミを入れてくるのを待ってるかのようなメニュー。高速道路の運転は少し空腹くらいの方がいいとボクなんか思うんですけどね。食後のコーヒーが入らないくらいお腹膨れました。見た目から想像通りなんで★4つの評価、想像を超えてたら5つだけどね。


上信越道上り松代PA 生姜焼き定食720円

ボクはずっと前に生姜焼き定食のコーナーを作ろうとしたことがあるくらい高速道路内での食事では定番でハズレの少ないメニュー。東名高速上りの小笠PAでのガツンとした生姜焼き定食に感動したのが発端だが、後年再び訪れたところ、かなり...あの、ダウンしてたので気持ちが途切れて企画倒れになってしまいました。

720円か、フードコートの生姜焼きとしてはちょっとだけいい値段かも(700円が基本)、と思って席を確保してスマホを触りだしたところで「◯◯番、生姜焼き定食でお待ちのお客様」と呼ばれる、早いぞ、ホント?とカウンターへ。写真を撮ってる時点では気付かなかったが、箸で生姜焼きに手を付けるとなるほど。これ焼いてない、業務用で出来合いのものがあるんだろうか。

焼いてないから、生姜焼きじゃないとか言いません。焼きそばUFOの理論ですからね、UFOも登場直後にはなんやかんや言われてたように思うけど、今さら焼いてないのに焼きそばはなんぞや!と言う人もほとんどいない。その理論、美味しければいい。その味だけど、ボクとしては普通におかずになるから文句はない。でも、生姜焼き好きとしてはもう少し待つから焼いてよね、ってこと。味じゃなく、生姜焼き好きとしてのこだわりが厳しくさせる★2つ。(美味しいんだよ)


関越道上り山谷PA 深雪豚丼760円

深雪で「みゆき」と読みます。次の越後川口SAではなく、小じんまりしたこちらのPAのフードコート。メニューもそれほど多いこともなく、定食も焼肉とか唐揚げ?くらい?経験上、麺類よりも丼物の方が面白さとハズレが無い、と言うことでこちらを選んでみる。豚丼は無難なところだが、以前に少々苦言した温泉たまごが乗ってるのが気になる。冷たいものをトッピングされるといきなり冷めちゃってることもあるから。

小さいPAで閉店時間が早い(19時半だったかな?)ので夜は空いてるんでしょう、静かなところで頂きます。このメニューはこちらのイチオシで、米は新潟県産ですとお手製ポップまで。新潟だからっていろんな米作ってるんだし...と意地悪思ってみたりしながら食べると、これが美味い。肉がどういうタイプの豚丼かと言えばしっかりした厚さのものが6枚だったっけ?これ好きだわ。

甘めの味付けでやはり紅しょうがをまぶされちゃうのは減点だけど、舞茸も味を吸って美味しくなってる。これは当たりでしたね。自分である程度想定しちゃうのだが、それを超えた時の嬉しさがこの企画の醍醐味、この豚丼にはその嬉しさがありました。もっと高い値付けの豚丼でうーん...ってこともあったが、これは勢いもあって★5つあげよう。


中央道上り屏風山PA そば処吉野家とり天丼とそばセット680円

吉野家と言えばオレンジの看板だが、そばの吉野家は青、もちろんこちらも牛丼やってます。ところで、蕎麦というのはボクにとってよくわからんのです。うどんは本場で人気店だと安い食べ物なのに、蕎麦は庶民の食べ物ぶってると思いきや、人気店とか高くて行けません。蕎麦に1000円以上はキツイです。

吉野家のそばは十割そばを銘打ってるけど、ボクはそばは語れません。蕎麦にウルサイ人にはペケでも特にこだわってない人が「ほぉ..」と思えるくらいのものなんでしょう。それにしてもです..このそばツユの不味さはボクには有り得なかった。蕎麦にこだわるとツユはどうでもいいのか?と。それともツユに蕎麦をつけ過ぎなのか?(基本8割くらい付ける)ボクは牛丼のツユ付けて食べたくなったぞ。

各メーカーが出してる麺つゆ、今まで特に「これはダメだな」なんて思ったことないのに、どうしてこんな味?毎日店で作っていてこの日たまたま失敗したやつか?と思いました(ならば味見してよ)。セットのとり丼は普通、天ぷらは揚げ立てでした。他にもご飯物の種類もあるし、そばはかけ蕎麦も選べるが今後はとなりの「はなまる」でうどん食べます。★おまけで2つ。700円以上だたら★1つだった。


高知道下り南国SA 生姜焼き定食780円

美味しくなって復活!という触れ込み。食券機には「お待たせしました」と書いてあり、「この味、この美味しさ」とまで書いてあるので以前本当に生姜焼きのコーナーを作ろうとしたことのあるボクが試してやろうじゃないかと選んでみる。豚肉も生姜も高知県産とのこと、有名なのかな?

美味しいかな?高知県産、と思う前にイマイチ貧弱。野菜も肉もどうもスカスカ感があるぞ。写真で伝わるかな?味は普通だけどやはりボリュームが少ないのは事実のようで、肉を食べきった時点で、御飯が半分くらい残るのはそういうことかも知れない。カツオの小鉢(カツオかたいよ)はやめてもう少し肉増やして欲しいかな。

でも、これよく券売機の写真を見るとなるほど、その写真もよく見るとそんな量ですね、写真では大ボリュームで実際少ないと気分悪いけど、写真からしてそうなのね。これって地元のものを使ったからか?生姜焼きの豚肉と生姜にどこのものを使うかはこだわるってどうかな?自滅してないか?美味しくなって復活!は量は減ったよ、ってことかい?★2つ。


松山道上り石槌山SA 石槌山焼豚玉子丼800円

これは今治の名物、と言うかB級グルメですね。ボクはこのメニューを最初に見た時はどこぞのまかないを客に出しちゃうか?と思ったりもしたが、予想できる味の安心感、これ大事かも。ただし、ここの値段、800円となると高速道路でもなかなかの値段になります。こうなると付いてきたスープが結構重要、これが美味しければ納得、出なきゃ...ってことになる。

出てきたものは、なるほど、写真との見た目との差はギリギリ許せる範囲かな、これも採点の重要ポイント、ボクが外食があまり好きじゃなくなった理由はこの差、これって場合によっちゃ罪ですから。あれスプーン付いてくるのね、7割方は箸で食べて、後の3割はスプーンで頂く、これはなか卯の親子丼と同じパターンです。

この焼豚玉子丼ですが、どっきりがありました。豪華そうにするのに海苔がドサッとかけてあるんですね、このメニューに海苔は必須かと言えばそうでもないと思うが、ここは海苔。色合いとか考えれば他でもいいと思うが海苔。この海苔の下に野沢菜?漬物が隠れてる。券売機の写真をよく見るとそれらしいものが見えるが、普通気づかない。海苔だと思って口に入れて予想外の野沢菜の味、ビックリした。海苔で隠さなくてもいいじゃん。これ苦手な人だったら怒るぜ。なんとか★3つ。

80

関越道下り三芳PA 彩のみそダレ黒豚丼900円

丼ものでいい値段ですね。ネクスコ東日本のイベント「どら丼」に三芳PAが出品したメニューですね、決勝には出てませんけど、それなりに工夫したメニュー?です。工夫とは言え味も予想できるもので、そのへんは安心して注文出来ました。まあ肉系の丼ならだいたいボクはOKですけどね。それにしても、900円は手間がかかるのか?三芳PAで900円出すともっとボリュームありそうなもの結構ありますよ。これはどうだろ?

味は回鍋肉と言えばわかり易いですね、豚肉に味噌で味付けてご飯でしょ、この組み合わせで不味く作る方が難しい、玉子が付いてまして、これをぶっかけることを想定してる味付けなんで玉子なしだとガツンと濃い味、ご飯足りなくなりそう、玉子ぶっかけて食べるものみたいです。

回鍋肉は豚肉とキャベツですけど、この丼はあくまで豚丼ですからね、肉ばかりです。注文時に「少々お時間頂きます」と言われたので期待、美味しかったです。しかし、言いたいことがある。紅しょうがは要らない、と言うか丼に入れなくてよろしいです。やはり見栄えを気にしたか...★3つあげたいけど、900円は豚丼としては高い、そこで★2つの評価。結構値段にシビアなのね。


名神高速下り草津PA 近江牛定食990円

うわ、作るの楽そう。コロッケは売店で売ってるもの、あとは牛丼の具じゃない?まあ、そんなことはいいや、美味しければ、納得出来たらいいんです。ソースとドレッシングはボクがかけました。漬物はセルフ。いきなりかぶりついたコロッケ。見るからに揚げ立てならともかく熱気すらないのでかぶりついてやったらこれが猫舌向け、と言うか冷めてますな。コロッケは冷めてもそれなりに美味しい部類のものだけど、店内でこいつは減点。

牛丼の具?はこれはもう近江牛だろうが、なんだろうが、こうすれば不味い牛肉はないという調理法ですからね、こいつはご飯が進みますね。これは三田牛の定食でも触れたと思うが、近江牛というブランド名は出しても仕方ない気もするけどね。このPAは600円台の定食もいくつかあるわけでこいつだけ特別高い定食なんですよ。それでこれか、手間ないから店が喜ぶよな。

不思議なことに近江米ってのもブランド路線にしたいはずなのに、これはそう謳ってない。でもご飯が美味しかったなー。これで救われたよね。草津PA付近は午後の渋滞も多いところ、あまり寄らないけど寄ってみた。次回は600円台の定食にしてみよう。この近江牛定食は★2つと厳しく判定。冷めたコロッケが300円相当ですからね。後、テーブルがガタガタ揺れるってどうなん?テーブル拭くとき分かるはず。気にならなかったか?


伊勢自動車道上り安濃SA 松阪肉焼肉定食1500円

これは罠(ひっかけ)なのか、微妙である。「松阪牛」とはどこにも書いていない。松阪肉とある。それでもってこの1500円という価格設定。今までもご当地の牛の名前を冠したメニューを試したが、名前だけ、それどころか名前に悪いんじゃない?というのが印象。1000円ほどでブランド牛の良さを味わおうと言うのは無理でしょ、と初めから理解してる人向け、ボクみたいにネタを求めてる人向けでした。

1500円は完全予算オーバー。少し前に見舞金を頂き、この分はすべて食費に当てるとしてるこの時だけですね。安濃SAの上りはレストランとスナックコーナーが実際は同じですね、分けてるようで一緒です。焼肉は鉄板に焼き野菜が敷いてあり、その上にお肉。タレは別の皿になってるので、タレを少しだけ付けてしっかり肉だけ味わうことも可能、確かに1000円で食べてきた他のパーキングの焼肉定食のものとは違う、これはすぐ分かる、美味しい。それが500円分か、そんなもんかな。

ボクは大食漢でもないし、年齢なりなんでこれで量は十分。これじゃ量が足らんよ、って人は止めたほうがいい、そういうメニューですね。ちなみに、もっとお高い「松阪肉メニュー」もあります。これの評価は★3つ。1000円なら★5つですけど、1500円なら★3つは事実上マックスの点数。ここの判定基準は「美味しければ高くても当然」ではありませんから。ま、もしボクが感動して酪農家になって牛を育てようと転職するほど感動したなら★5つもあるかも...ね。


阪神高速5号湾岸線中島PA うみかぜ定食1130円

阪神高速湾岸線の「レストランうみかぜ」の店の名前を使った定食で1130円、予算1000円と言ってるのでこの時点ですでにハンデを持つ、判定が厳しくなるのだ。さらにこの中島PAって実は近すぎて使えない、ボクは中島で一般道に出ちゃうのです。つまりこのPAを利用すると1区間料金が高くなってしまうからさらにハンデが付きます、それでも...★5つ、これが美味しい。

ロケーションが素晴らしいPAで海が見える窓の席でなくてもいいんですよココ。またここに行ったらこれ食べそうだけど、別にメニューを試したい気持ちもあるし、★5つだと嬉しく困りますね。イカリングフライの下はポテトサラダ、2口分あります。付け合せパスタは日替わり?とか。生姜焼きのタレが濃い目なんでご飯が進み過ぎちゃうよ。タレは運ばれてきたまま、片面だけでオッケーです。

このPA、ちょっと作りを変えてくれてたら利用した後で中島ランプで出られるようになるんだけど悔しいな。海の上で気持ち良いところ。海の上なんで地上からももちろん行けない、近くて遠いのです。


名神高速吹田SA上り 五目冷やし中華セット920円

名神高速吹田SAの下りには大阪王将があるんです。ここ以前はレストランで大ボリュームメニューもあって好きだったので大阪王将になった時は結構ショックだった。このSAは横断歩道で上りと下りの行き来が可能なんで下りSAからでも大阪王将には行けます。ところで大阪王将と餃子の王将(京都王将)、ボクは後者の方が好きなんです。どうしても大阪王将は餃子の王将への怨念を感じてしまうから。

この年最初の冷やし中華はこちらでした。手に取ったメニューですぐ目に付いたからだけですけどね。運ばれてきたのはメニューのい写真に比べずいぶん貧相、味で大逆転とか冷やし中華だと難しいでしょう。他のメニューもそうだが、餃子の王将との違いを出すべくいろいろやってるけど、アイデア先行で味が付いてきてないものがある。ただ、大阪王将に行く時はその違いが楽しみなんですよ。麻婆天津飯なんて大阪王将の面目躍如でしょ。

冷やし中華に話は戻りますけど、味は普通で見た目でガックリ。盛り付けで雑な仕事がバレちゃうのが冷やし中華なんですよ。★は2つ、まぁ自分からここの大阪王将はもうないかな。


名神高速養老SA下り 養老プレミアムカレー焼きスパ780円

何がプレミアムかわかんないけど、カレーとスパゲティの組み合わせなら無難でしょう。プレミアムじゃないカレーもそのうち食べてますかね。リニューアルしたここ、オリエンタルというカレーを作ってるところのカウンターに券売機があります。メニューが少ないってのは逆に期待しちゃう、とりあえずカレーはココイチより辛いのはカンベンです。ココイチは辛すぎますから。

ボクはコンビニではスパゲティのでも箸をもらうのだけど、ここはスプーンとフォークで頂きます。カレーはあれこれ語るほど詳しくないけど、ボクは美味しいと思いましたよ。ただ、案の定と言うかスパゲティの味はすべてカレーに飲み込まれますね。

スパゲティを思い切りカレーに絡めて丁度いいバランスですから、スパゲティを味わおうとカレーを付けないように食べるとカレーが残りまくると思う。それも食べ方ですけどね。あ、これ焼きスパって言ってたな。あまり「焼き」は意識しなかったな。それよりも思ってるよりモチモチ食感のスパゲティにちょっとビックリ。クセになりそうなモチモチです。★3つ。


米子道蒜山高原SA上り 蒜山高原焼きそば定食980円

レストランを覗くと晩飯時だったが席も空いてる。観光地近くだとここで晩御飯食べて帰ると遅くなるので案外空いてるんですよね。一応予算は1000円としてるんですが、そうなると結構選べるのが少なくなる。そこでこれ、どうやらここでは人気メニューみたいです。注文の声がよく聞こえてました。焼きそばにご飯と味噌汁はどうやねん?とか言わないの、ボクはOKです。お好み焼き定食とかも大丈夫です。

この焼きそばは見た目では普通の焼きそばでしょ。でもソースではなく味噌だれ、豚肉ではなく鶏肉なんですよ。絶品かと言われれば「こういうのもありなんだよな」というもの、ソースと豚肉の焼きそばがありきたりだけど完成度が高いんだろうね。味噌だれと使ってるところで、焼いてるというより、タレをからめてる感じ、ご飯のおかずになりそうな味です。鶏肉もケチって無くそこそこの量が入ってました。

焼きそば単品だと800円、定食にしましょう。焼きそばだけだと物足りなくておみやげコーナーでつまめるもの買っちゃいそうです。定食になると2口分のプリンとか付いてきました。さて評価は?★3つと4つで迷っております。うーむ、★3つですね、3つは合格点、つまり納得なんですよ。なんとなく麺類は厳しい?そんなことないつもり。880円だったら★4つだったかも。(このあたりシビア)


東海北陸道川島PA下り 各務ヶ原キムチ焼鳥丼850円 

フードコートが7時から開いていたし、空いてるのでカワシマキッチンという岐阜県を売りにしたメニューのコーナーで「各務ヶ原キムチ焼鳥丼850円」を頂きます。お客さんはそれほどいないのにちょい待たされるのは逆に期待していい?写真ではちょっと凝った丼モノなんですけど。

うむ、驚くほど柔らかい鶏肉(焼いたという感じは全くない)は温かくていいのだが、他の素材はすべて冷たいので丼モノなどは熱いものと思ってるボクは「え?」って感じ。上品なのは確かなんだが、ご飯や鶏肉がどんどん覚めちゃいそうで一気に食べてしまう。

これに限らず以前から納得出来ないのは「冷たい温泉卵」が乗ってるもの。温泉卵自体は好きだし、なんか豪華っぽく思えるが冷たいし、ちょっと醤油とか垂らしたいボク、つまり温泉卵は別の皿にしてよということ。これをトッピングされて美味しくなるメニューを今のところ知らない。冷ます役割だけ。評価?★2つだね、かなりおまけで2つですよ。


中国道下り赤松PA 三田和牛焼肉定食1000円

盛り方も下手だし... 味の方は甘めのタレと玉ねぎが相まってボクは好きだな。ただ800円の焼肉定食でしょう、ブランド名の三田牛を持ちだしてこの価格にしてどうやねんというもの。

三田牛なるものは、こういう所で味わうもんじゃないのに、名前を出すことによっていったい誰が得するんだろ?こんなもんかと思われたら逆効果なんだよね。ブランド牛などボクごときが食べるもんでもないが、もし食べるなら一番いいものじゃないとね、それが高級ブランド牛。ブランド牛の「一番安いところ」なんてのはあってはならんのです。

この焼肉定食ですけど、キムチが付いてます。これがシャキシャキでなぜか美味しかったりする。評価といえば1000円の大台に乗ってると厳しくなるので3つあげない。★2つです。こういうところで1000円だしてくれるお客さんを大事にしましょうということですよ。


北陸道上り徳光PA ハンバーグベーキライス870円

ここのパーキングはショッピングセンターみたいに広い。その中、エスカレータで2Fへ。「キッチンユキ浪漫」という店、カレーライスがメイン?のお店、金沢ブラックカレーが売りのお店のようです。ですけど、ベーキライス?なにそれ?と反応して食券を買ってしまう。ハンバーグが一緒になってるからピラフみたいなものだろうと想像してみる。

そのベーキライスですが、焼き飯ですね。それも思い切り醤油味です。ガツンと醤油味です。ハンバーグはお湯で温めるやつ売ってるでしょ、あれです。これボク好きなんで嬉しい、職場の仕出し弁当のハンバーグが基本になってるので外食の、いやどこのハンバーグにもハズレはない。この組み合わせ、チャレンジしたつもりが、誰もが普通に食べてるものでした。

ワンドリンク付きなんでここは店の雰囲気としてメロンソーダ。とても高速道路の中って気がしない、どこぞの少々廃れた駅前のフードコーナーの一角の喫茶店みたいな感じ、漫画もいっぱい置いてますが、高速道路の中で漫画読むことはないか。評価は★2つと厳しくするが、今度はここで金沢ブラックカレー行ってみましょう。

90


北陸道下り尼御前SA ハントンライス980円

金沢名物だそうです、知らんかった。洋食でハントン?ハンバーグとトンカツ?と思ったら違いました。エビフライと白身魚フライが乗ったオムライスですね。オ、オムライスか!あのケチャップでハートを書くあの、イチャ飯のオムライスかあ、一生食べないと思ってたけど頂きました。味は想像してたものとほぼ変わらない、無難と言うか面白みのないものでした。

結構いい値段で980円でっせ。スープとかもないです、一口分の野菜が付いてまして、ドレッシングも袋入りをセルフで取ってくる。オムライスの作り方は知ってるつもりだったけど、そう言えば玉子だけは常温だったな。これだけ作り置きしてあるんでしょう。それを乗せてそれらしくする、そのへんはいちいち言いませんよ。

高い分評価も厳し目になるところだけど、この白身魚フライがガツンと食べごたえあるもので、しっかりした白身が良かった。「やわらか〜い」しか言わない女の子のグルメレポートとか見てると、「やわらかいのがいいなら毎食おかゆ食っとけ!」、とアドバイスするボクだけど、この白身魚フライはいい。タルタルソースも納得の量がかかってる(エビフライの分もあるよね)。で、★4つ。この白身魚フライだけで★1つ分プラス。


高松道上り豊浜SA アジフライと唐揚げの定食750円

ここの評価ですと、★5つですね。正確に言えばちょいオマケだけど★5つ、このコーナーほど★5つが出るグルメの採点コーナーはありません(そう思ってたけど、案外出ない)。その分、★が少ない場合は厳しいコメントをぶつけましょう。

定食の場合、普通に米が炊けてるか、当たり前ですがボクが外食嫌いになったのは1500円とかする刺し身定食のご飯がベチャベチャだったことが続いたから。この定食、この部分はごく普通。そして揚げ物ですが、これは揚げたて、注文時に「お時間5〜6分いいですか?」と来たので期待出来ます。

いつもこうならいいけどね、たまたま揚げ置きがないからだったりして。逆に混んでる時は先に揚げてるかも?アジフライは魚の味がする厚さと揚げたてで高ポイント、これが750円だから★5つ、ちなみにもし850円だったら★は減ります。味噌汁はちょい減点だけど、それでも★5つあげる。


新名神高速下り甲南PA トンテキ定食820円

この日は昼御飯に牛肉、夕御飯には豚肉と草食人間(?)の肉食デーとなりました。新名神は土山SAがいつも賑やかな印象なんで、甲南PAがオススメ。時間じゃ16時頃、朝御飯が4時ですから夕御飯はこの時間です。ガラガラの席でトンテキ定食を待ちます。トンテキは何年か前に伊勢湾岸道の長島で食べて以来、当時はちょっとブームになってた頃です。

自動オーダー式なんで注文は通ってるはずだけどな...ま、待つのはスマホ触ってりゃなんとでもなります、9分ほどで呼ばれました。トンテキは確かに時間のかかるメニューではあります。よく出来上がると振動してブザーがなるやつを手渡されることありますよね。あれなんか少しでも早く反応できるように頭に押し付けて待ったりしますもんね、脳に近い方が早いという理屈で。

うむ、美味しいですよ。冷めるとどうしても固くなる豚肉、冷める前にトンテキはテキパキと頂きます。ドレッシングはセルフでかけました。水をしっかり切った細切りキャベツは嬉しい。水がしっかり切れてない野菜は大幅マイナスですぞ。このメニューにはないけど、冷奴も水が器に溜まってるとマイナスだぞ。このトンテキ定食は★4つ。ポテトサラダ付きなら★5つだったかもね。肉系定食の野菜にはポテトサラダも欲しいね、このコーナーでは楽にポイントになるんですよ。


中央道下り内津峠PA 牛カルビ野菜炒め定食820円

ご飯が丁寧に炊いてますね、いいタイミングだったかな。メニューの名前にカルビと付いてるだけで価格アップさせた?野菜炒めで750円だったら評価プラスだったけどというもの。それでもこのカルビ肉、頑張って薄く切りましたね、でも悪く言ってるんじゃない。変に分厚くても食べにくいし、カルビの脂がキャベツに乗っていいおかずになってました。安い肉をアイデアと味付けでおかずにするのは高級な肉の食べ方とは別で追求すべきものですから。

それにしても重い... セルフですから番号呼ばれてカウンターに取りに行くんですよね。そこでこれを持ち上げたらズッシリ。鉄板の重さは見た目以上、なんせ食べ終わって返却口に持ってゆく時も全然軽くなってない。自分が食べた分量とか関係ない重さがすでにある。普通に皿に盛ってくれていいぞ。そう言うのも...

名前を呼ばれてカウンターに行く。「鉄板が熱くなってますので、お気をつけ下さい」と。分かりますよ、もうジュワー、バチバチバチとタレが煮えてるし、油が飛びまくってます。重いなと思って運ぶボクの手首に油が飛んで熱い熱い!当然だけど服にも飛んでるし、通路では他の客にも飛んだんじゃないか?熱々が好きなボクだけどここまでしてくれとは言わない。それでも★3つ。


中央道下り屏風山PA とんトン定食880円

売りはボリュームです、その点では合格でしょう。とんかつはいかにもこういうところのもの、普通です。PAの普通ですからホカ弁クラスなんでそのへんはわかってるつもりです。この定食の場合、メインは「豚汁きしめん」の方になりますね、こっち次第で評価が変わります。

そもそも、きしめんってのはどうなん?この地方の名物ではあるけど、ボクとしてはそれほど、好きでも無ければ嫌いでもないというもの。ただ、これは美味しいきしめんを食べたことがないからかも知れない。このきしめ...うむ、こんなもんだ。きしめんってね、塗り箸だと他の麺より食べにくいのです。食べようとすると滑って持ってる手の方に来てしまう。これ基本なのに、ここは割り箸がない。さらに豚汁と言いつつ、これは赤だしの味噌汁です、豚汁ではないです。

こりゃフードコーナーの看板メニューにしておきながら残念ですね。一応は完食したけど、次はもうないです。★1つです。ただ、ボリュームがあるのでわずかにポイントアップ。なんでかと言えば、もの足りないと売店でさらにじゃがバター天とか、ジャンボフランクとか買ってしまい、合計したらすぐに1000円になるでしょう。でもこれ完食したらさすがに腹は膨れます。でも美味しいもので膨らせたい、やはり★1つ。


阪和道紀ノ川SA 和歌山ラーメン(チャーシュー大盛)790円

厳しい採点でこのシリーズのブログを書きたくて選んだのがこれ。普通は美味しそうなものを選ぶものだが... ちなみにこのグルメコーナーがなかったら多分かき揚げそばにしてたような気もする。期待通り★ゼロが出るでしょうか。

うむ、味が薄い。ラーメンってのは自分で作る時は少し濃い目に作りますよね?濃ければ薄めればいいんですから。でもって、濃い目が結構美味しいと薄めずに食べちゃいます。つまりラーメンで薄く感じたら「遅い」のであります。和歌山ラーメンってのは見た目は濃厚ですからね、よく「見た目は濃厚そうだけど、実はそうでもない」なんてコメントがあったりしますが、見た目が濃厚なら実際に濃厚じゃなければダメです。

麺とかチャーシューを語る前に評価は★1つです。濃すぎるのダメ、麺はかたいのダメって人向き?そんなのは各家庭でお願いします。以前にお土産用のラーメンに凝って50種類100人前以上作ってきたボクはうるさいっすよ。


山陽道福石PA上り 岡山中華そばタコ丼セット870円

店に入ろうとしたところで看板やらのぼりが目につく、それがこのセットメニューなのでした。それじゃあそれにしてみるか、と即決。スナックコーナー(レストランないPA)で870円ですから満腹にならなきゃね、ボリュームはありそう。40代になると麺類と飯類のセットではほぼ満腹になりますね。確かたこ丼は大盛りも値段そのままじゃなかったっけ?(ボクは普通のままです)

ところで、岡山中華そば?これがそうなん?ラーメンの類ってこってり系が好きでそれに慣れてるとまずこういうところでもラーメンは頼りないんですよね、これもどうせこってりにこだわりきれないのなら、あっさり系のでいいのにね、がボクの印象。カタ麺好きの人もこれはNGかな、競争が激しい高速道路以外ではありえないラーメン。それは想定内だが、カタい脂の塊風チャーシューがデカイです。もっと薄くするか半分にしないとダメよ。やわらかいチャーシューなら噛み切れるけどこれダメだもん、店の人がこれ食べてない証拠。

たこ丼はたこの天ぷら?(唐揚みたい)これと錦糸卵がのせてある天丼。たこがコリコリと結構カタいです。これ単品ならこのカタさがスナックになるけど、天丼というならこれはどうなの?というもの。これたこが柔らかいならこれだけで単品メニューになりそうだけど、これセット用の丼みたい。看板メニューらしいけど、それなら厳しいかな。★2つね。


山陽道上り白鳥PA 白鳥定食950円

色合いという視点が抜け落ちたここの看板メニューです。券売機のボタンには1515キロカロリーという手書きの文字、ダイエットの気持ちがわずかでもあれば押せないようになっております。ボクは実は単品でカツ丼にしようかな?と思ってたけど、お金を入れてからボタンを探してるうちに後ろに人が並んでしまいまして、こうなると焦って落ち着いて「カツ丼」のボタンが探せずに左上のこいつを押しちゃう。先にボタンを見つけてからお金を入れる基本を忘れてた。

売店の入口にはカツ丼が名物だとのぼりが出ていた。ここのPAの名前の定食ってなんだろ?って、そのカツ丼に普通サイズのうどんです、これはボリュームすげえ。番号を呼ばれてカウンターでちょっと後悔。うどんは昆布入り、それ以外特に言うこともない、こういうところでのうどんだということ。うどんのコシとか語るものではないですね。小サイズならいいけど、普通はしんどい。

名物と言ってたカツ丼ですが、これが普通過ぎる。と言うよりも、見た目で残念がわかってしまう。ボクは玉子がカツを全部覆ってるとたいしたことないなと思ってるんです。それはカツが揚げ置きしてるものとバレちゃう。カツも揚げたてでサクサクだったら、その揚げたてをアピールすべく玉子をカツ全体にはかけないようにするんですよ。カツドニストのボクはまずそこを見ちゃうもん。★2つ。普通過ぎる。

名神高速下り伊吹PA すき焼き丼定食840円

定食と言ってますが、セットと言った方がしっくり来るかもしれませんね。蕎麦についてはこういうところのものですから、あれこれ言うこともなし、例の最初から茹で過ぎ状態のアレですから。蕎麦っては本格的で美味しいものはセットになりません。

すき焼き丼の方なんですが、玉子を崩して混ぜて食べるわけでこれがどうなるかと言うと、すき焼きというか、肉に対して玉子が大きい、この言い方は逆か?玉子に対して肉が少ないので実際は卵ご飯みたいになります。箸で食べると言うよりもかき込む感じ。すき焼きの味よりも玉子の味が勝ってます。

こんな趣味やってますと、どうしてもメニューを値段で分解してしまいますよね。すると蕎麦を140円にすればすき焼き丼は700円と言うことになる。これセットで600円台、それくらいで気楽に食べたいわ。★2つ。


中国道上り赤松PA 海と丘のリッチ丼730円

ここモテナスの看板メニューかな?入口に看板が出てたから、看板メニューですね。この企画をやってなかったら無難な生姜焼き定食にすぐ行ってしまうボクでしたが、チャレンジ精神が湧く企画ですよね、こいつにチャレンジです。兵庫県内のPAで美味しいものにありつけたらラッキーなんですが...

いきなり玉子を食べて冷たかったのでびっくりしたが、後は温かった。これはタコ天と豚の角煮が乗った丼で、ご飯にも大葉やゴマ、そしてしらすが敷いてあるんですね、タレは天丼のものかな。タコ天も角煮も想定内のもの、実はこの乗っているものはそれほど語るものでもないんですね、実はご飯の方に言いたいことがある、それはとにかく口の中で味が忙しい。悪く言ってるのではなく、甘いタレに塩の味がするしらす、ここに大葉もゴマも割り込んでくるのですよ、これが全部主張するからすごいことになる。ボクは口の中が忙しいとしか言葉が出てこない、でも他で味わえるもんじゃないし、不味くもない。

これが730円、以前より50円値上げしちゃったけどね。実はこのリッチ丼ね、付いてきたこの味噌汁が多分今まで頂いたパーキングの味噌汁では最高です。具は肉なしの豚汁で野菜たっぷり。この野菜の甘味がしっかり出ていてこの味噌汁で★がひとつプラスされましたね。と言うことで久しぶりに★5つですね。味噌汁が普通なら★4つでした。ここは他の定食でもこの味噌汁が頂けるんだよね?


TOPページに戻る