写真館関西その1(大阪、兵庫、京都、滋賀 三重の北部もね)





兵庫県播磨灘(ジャンボフェリー) 小豆島から乗ったジャンボフェリーは高松からのフェリーなんですでに乗客がいますし、1時間前に乗り場に来たんだけどもう結構待ってる人がいて船内に入ったらもう絨毯で寝転ぶ場所がない。この時点で椅子も埋まってる状態、こうなると船内に用意されてる「ゴザ」の出番なんですよ、こいつを借りて邪魔にならない床に敷いてそこで座ってしまう。でも、ボクはさっさと屋上の展望デッキへ。ここは人工芝が敷いてあって固くない。もうここで神戸まで過ごすと決めてしまう。3時間以上ですけど、そこは瀬戸内海です、行き交う船を見たり、陸地を眺めたり、クラゲ数えたり?まあ時間はスマホとカメラがあれば過ごせるもんです。そして何よりもこの季節、暑くも寒くもない。西陽が照りつけて来ますが、薄い雲で日差しも柔らかくなってるし、とてもいい時間が過ごせました。ちなみに本当に満員になるとジャンボフェリー船内の階段にも人が座りだし、法律上航行中は車両甲板に入ってはダメだったと思うけど、クルマに戻って車内で寝てる人いっぱいいます。以前高松から満員のこれに乗り、しかも寒い時期だったんで過ごす場所に苦労したことがあります。それと各フェリーによって違いや貸出しサービスもあると思うけど、ジャンボフェリーは絨毯の部屋はなーんにもなかったと思います。ボクはカメラバッグ、これはミラーレス機にレンズ2つ入る大きくないもの。これに着替えを丸めて入れて枕にしてます。これ後日出かけた佐渡島への佐渡汽船でも使った技です。


兵庫県神戸市中央区神戸港(ジャンボフェリー) コンデジの手持ち、しかも船上からなんで画像のノイズも目立ちますがこのサイズなら気になりません...よね?Googleの地図でこの写真の場所、フェリー乗り場から少し出たところの場所、ここって何て表示されるだろ?と。「神戸港」とか「大阪湾」かな?と思ったら「本州」だって。ボクが先生ならペケだな。ジャンボフェリーは埠頭から離れてここで向きを変える。メリケンパーク、ポートタワーなどがある方角がやはりいいなと思うけどこの写真は向きを変えている時、神戸大橋(ポートアイランドへの橋)の方に船尾を向けたところ、空に向かってライトの光が4本伸びてます。フェリーというのは席の確保が大事なんですが、明らかにガラガラなんでこうやって写真撮ってます。小豆島行きのスペースとして絨毯のスペースが確保されてますがフェリーが出航してからも空いていてカメラバッグを枕に寝転がっていました。最初は深夜1時発で高松に行ってから小豆島に戻るルートで航行時間6時間の深夜便も考えました。これで寝ながら行くのもいいかと。でも深夜1時までが長いので小豆島に着いてから普段通り(?)クルマで寝る方が自分に合ってるよなと。ジャンボフェリーは4時間近く乗船してても5000円くらいと他のフェリーよりも安く船旅気分味わえるのがいい。ほとんど揺れないし。伊勢湾フェリーで以前味わった揺れは正直勘弁して欲しいのです。坂手港まで3時間20分、音楽聴いてスマホ触ってりゃすぐです。

京都府伊根町新井(新井崎付近) 国道178号線からは丹後縦貫林道で南下、経ヶ岬はパス。碇高原牧場までは2車線快走路。この日も?猿がいっぱいおりまして...ゆっくり走行します。徐行です...が、クルマをまったく恐れず中途半端に道路脇にいた猿に向けてウヒョー!と加速する。その瞬間のびっくりした猿の顔が面白くてクセになりそう(こら)。猿はびっくりしてもちろん逃げますが、猿って安全だと思うところに移動した後こっち見るんですよね。あの白いワゴン何するんよって睨んでんの。さて猿に嫌われた後は新井崎近くに海に向かって広がる田んぼ。新井にはここではなく「新井の棚田」という段々畑がありますが、こっちのなだらかな棚田の方がクルマを止めるスペースもあって落ち着けますね。(ゲートがあって写真の軽トラックのある道とか入って行けません)ここまで来たら新井崎海道も終盤、伊根の府道622号線に合流しておしまい。そして「道の駅舟屋の里伊根」があるんですけど、まあ混んでるだろなと思ったところで渋滞が見えます。府道沿いの方にも駐車場があるんですが、休憩だけならこっち。先にある道の駅までここからズラッと並んでます。この状態では立ち寄れませんね。この日はこの後、国道178号線の新しいバイパスから伊根の集落をパスして帰りました、だいたいは旧国道をあえて走り昔はこの町並みの中で観光バス同士必死で離合してたよなと懐かしむんだけどね(本当にガイドさんが笛を吹いてのギリギリの誘導は見応えあったのです)。

京都府京丹後市丹後町間人(間人展望台) 遠方から来た人もわざわざ国道から間人の集落へは入らないと思う。でも今回は行きます。展望台とは小さく写ってる東屋のことですね。海に突き出たいい場所なんですが、目の前にテトラポッドの山があるというのはどうなんでしょうね。この間人(たいざ)というところも海水浴ではお世話になってたところで後ヶ浜海水浴場というのがこの近くにあります。この展望台への道からそのまま海水浴場に今は整備された道で抜けられますが、昔の記憶しかないボクはわざわざ見通しの利かない狭い道で下って海水浴場に下りていったりしてました(目印のガソリンスタンド潰れてた)。昔はこの海水浴場ももっと広かったように思ったけど記憶違いかな...この間人あたりでは立岩や丹後温泉(はしうど荘)、「道の駅てんきてんき丹後」など経ヶ岬や伊根の舟屋群などよりもボクにすれば「丹後半島ってのはこのあたりだよな」ってな場所です。ところが、残念なことにこの道の駅は休憩場所であって車中泊する場所ではないとHPでも言ってます。実際ここ広くないです。とは言え、まああちこち車中泊しまくってる身としてはそうハッキリ言われちゃうと...ね。おそらくゴミの問題とか騒音とかなんかあったんでしょうね。今回はこの道の駅はスルーしましたけど、やはり休憩所して利用した回数は最多かも知れない。1996年開設でまだ道の駅が今より少なかった(4分の1くらい)頃からありましたからね。ボクが道の駅としてイメージするのは「道の駅てんきてんき丹後」で、今思うとちょい狭いこの広さがいい。ではこの青い海を見ながらゆっくり東へ。


京都府舞鶴市白杉(槇山公園) 槇山公園となってますが...府道601号線から槇山の道へ、ひどい道の先にあったのは戦争遺構と通信設備、そしてフライトポイント。南北に景色が広がるのですが、北向きの景色は以前よりなんか窮屈になった気がする、樹木が育ってしまったんじゃないかな。以前に来た時はそれでも北向きの景色の方がオススメに思えたけど今はこちらの方が気に入ってる。この写真は行き止まりのごく手前で南側に広がる景色、道路からすぐです。舞鶴港とその向こうには雲海も残ってますね、標高はそれほどでもないですけど全体的に高い山もないので(この方角に見える範囲に1000mの山はないんじゃないかな?)高いところに来た気分、なかなかいい気分になれます。今回のドライブではボクに風景を撮ることの面白さを教えてくれた広角ズームレンズを持ち出してみました。これは22mm相当、もっと広角になるとかなり歪んで来るのでとても重宝したレンズです。この広角レンズが無ければこの景色の場合、上部の青空部分が入らなくなって曇り空の写真みたいになってしまうところでした。この後は丹後半島のリベンジのリベンジです。ここからナビをとりあえず琴引浜にセットして一気に向かいます。やはり時計回りに走りたい半島ですから。でも、またあの道を走らんとイカンのか...はい、その一本道で来た槇山公園ですから。


京都府宮津市畑(丹後縦貫林道成相線鼓ヶ岳付近) この日は丹後縦貫林道を北にどこまで繋がってるんだろう?という探索が実はメインだったが、角突山線の家族村のところで通行止め。この林道全線開通して走れる日は来るのか?過去のそんな日があったのか...長い林道と言うのは予算が年単位で出た分だけ毎年作って、また崩れて...と、これでいい仕事だからなー(そう思ってます、でなきゃ説明つかない)。この林道走破はダメでしたが、もうひとつ気になってたところ、ここに行ってみたのがこの写真の場所。ここは丹後縦貫林道から成相寺、成相山パノラマ公園の方にこちらから抜けて行けるの?と行ってみたところ。丹後縦貫林道からはダートでした。そして眼下に栗田半島、そして東に海景色が広がったところでおしまい。通信設備の上り坂はチェーンゲート、パノラマ公園の方へは雑草に覆われてもはや道ではなかった。一度はダートを通したけどそれっきりで自然に還った感じですね。この時点で天気は悪くなり、雨になってしまった。成相山パノラマ公園からの景色は素晴らしいようだけど、さらに標高のあるここからも素晴らしく、短いダートなんで丹後縦貫林道からここまで来てみる価値はあると思う。地図には道路が記載されてるけど実際はダメだということ。それと傘松公園への府道616号線は一般車ダメだけどストリートビューはあるのね。徒歩撮りした?この日はここで諦めて後日また丹後半島を目指すのだった。


京都府宮津市田井(田井海水浴場) 栗田半島を周回して後半、田井の海水浴場の前を行きます。海水浴場と言っても9月ですし水上バイクが2台走ってるだけ(この写真では見えてません)、砂浜も幅があまりないですね。このあたりだと対岸も宮津市、伊根も遠くに見えてくるといったところ。栗田半島の東では雲が多すぎると心配気味でしたがこの辺りでは少し雲もバラけてきてこんなに青い海が見えました。丹後半島の前菜で走ったこの半島だけど結局今まで一番気分良く走ったような気がする。わざとゆっくり走ろうという理由が良かったんだろうね。今回この府道を走ってひとう思いだした。そう言えば若い頃一緒に走ってた連れのクルマが狭路部分でドン!と出会い頭にぶつかって、宮津の警察署について行ったな。別で一緒に丹後半島行った帰りに連れのクルマが田んぼにジャンプして落ちたこととかいろいろあったね。え?ボクですか、実は当時は自分で運転せずに乗せてもらってばかりだったんですよ、イメージ違うよね。携帯電話の無かった時代に仲間とクルマとはぐれてしまって結果、帰ってしまう事態になったり、いろいろ経験したのが丹後半島やら、栗田半島のドライブだったりするんです。この後は宮津の市街地を抜けて国道312号線の方へ向かいます。宮津市街も高速道路が伸びて国道も混んでないですね。以前は常時渋滞してたイメージがあります。


京都府京丹後市久美浜町湊宮(葛野浜海水浴場) こういうタイミングでクルマを入れて撮るのは露出が大変なんで割り切ります。日没まで2時間近くある余裕で到着したのでこの砂浜でウロウロ、クルマでもウロウロします。そしてこの位置に駐車して日没を待ちます。ただまだ陽が高い時間帯だと西陽が暑いだけになるのでサンシェードを立てて待ちます。日没時間はこの時期だと19時15分くらい、これ一年で一番遅い時間。こうなると日没後の残照とか見てると20時になります。この時間帯は日帰りにしろ、泊まりにしろ海岸でじっくり過ごせる人はあんまりいません。だからこそ今回は過ごしたやったのですよ。この時期でこの位置に太陽が沈むとなるとこの浜で海に沈む夕陽ってのは短期間だけだね(もう少し右と思ってた)。20時くらいまでこの浜に居たんですが、どこで車中泊しようかと思ったら宮津の道の駅まで戻ることにして東に走ります。ナビ任せにしてたら大内峠とか走らされたりして21時半すぎに道の駅到着。この「道の駅海の京都宮津」がどうもただの立体駐車場と1階平面駐車場...道の駅という感じがしなくて「いいのかな?」って雰囲気、と言うのも街は静かで賑やかさはないのに駐車場はクルマがびっしり。みんなどこ行ってるんよ?って思う。明日は晴れれば丹後半島、曇ってるなら狭い府道の峠ドライブ。どっちにしても早起きの必要なし。しっかり寝させてもらいます。


京都府舞鶴市行永(府道51号線菅坂峠) 旧道探索してるとね、バイパスでは見ることの出来ない景色も楽しみ、ただ期待しても木しか見えない...ってのが多いです。でもこの道は舞鶴市街を眺めるポイントがありました。舞鶴は東舞鶴と西舞鶴と大きく2つありまして、これは東舞鶴の方ですね。いい感じで見えてますが、この写真はトリミング前提で撮って切り取ってます。実際にはもう少し遠くに見える感じ。太陽が真上に近い正午過ぎなんで難しく少々露出を控えての写真になりました。こうしてみると平野部は全部市街地になってますね。手前の高架道路は舞鶴若狭道、遠くに見える目立つ橋がクレインブリッジ、前島埠頭にフェリーらしきものが見えてるけど新日本海フェリー...だよな、あそこなら。ボクはこの後、東舞鶴に行きアイスクリームで昼飯を済ませ(!)高浜町方面へ、京都府道・福井県道21号線で上瀬の方まで行く(日引の棚田があるところ)。途中の恵良岬展望台も相変わらず、中途半端ですね。あそこまでするならもうちょい目的地なるくらいにして欲しいなー。もうちょい高いところに作るべきでしたと。ダメ出ししながらここで昼寝です。この昼寝で丹後半島をグルっと回って夕陽を見にゆく午後の計画がボツったのでありました。丹後半島はショートカットして西へ、久美浜の方に向かいます。この時期は日没は19時過ぎ、時間は余裕。


兵庫県香美町香住区余部(余部鉄橋 空の駅) 余部埼灯台から国道178号線に合流、すると余部鉄橋が目前、余部駅の案内は惑わされずにここは道の駅に行きましょう(いつも混んでますよ、満車覚悟)、ここから歩いて駅に向かいます「空の駅」と言ってるけど、内心大げさと思いつつもここは“乗っかかって”しまいましょう。元々は鉄道ファンのボク、モノクロ写真の余部鉄橋をいっぱい見てきたんですよ。だからドライブに目覚めたら行ってみたいポイント、行って感動したポイントのひとつでした。そんな余部鉄橋はボクにとっては懐かしい気分にさせてくれるポイント、正直今のきれいになってしまった鉄橋は「なんだかなあ」が本音。だから写真を撮るなら残してある古い鉄骨部分ですね、それならここ、「空の駅」への通路の途中からのもの。有名な撮影ポイントへは案内があるので行ってみても、なぜかこの写真の赤い鉄骨を重視したこの景色がいい。もちろん、同じように思ってる人も多いのでここで撮るにも少しでも違いを出すために広角19mmのカメラ使用です。余部鉄橋に関してはこうして観光ポイントになるのは結構なことなんですけど、ここに作るために明治時代に作られたこと。アメリカから鋼材を運び船でここに運んで作ったこと。そもそもここに駅を作ることになったこと、これらみんな現地で説明してます。一通り知ってしまうとボクみたいに現在の橋梁よりも残ってる赤い鉄骨にしか反応しなくなるからね。現在の橋梁もすごいんだろうけど、新しい高速道路の橋を見すぎてそれほどすごいと思わなくなってしまった。


兵庫県香美町香住区訓谷(県道11号線) ひたすら海沿いを行くぞというドライブだと道路脇に駐車スペースがあってもそんなに頻繁には寄りませんよね。今回は海沿いも行きますがその区間は短め、それなら頻度を上げて多い目に駐車ポイントにも寄って行きましょう。と言うことで先程休憩ポイントにしてた佐津の海水浴場が見えるところ。ここ眼下の岩場に釣り人がいる、ここから下りて行けるんだ。どこから?なるほどここか..無理です。ロープが垂らしてあるじゃん、釣り人すごいわ。このロープ巻き上げておいたらどうなるやろ、登れる?(良心が勝ちました、面白くないかも)ここからの眺めで特徴的なのはやはりあの半島。半島にも山にも何も地図には名前がありません。道路もなければ何らかの設備もなし、八幡神社ってのはあるので神社扱いなのか?法的に何も作れないのか...地元の人はなんらかの名前で呼んでると思うけどね。ボクなんかは道路作りたいとか、展望台作りたいとか、邪心(?)が脳内で渦巻いてるし、ここ小さい半島ではあるけど実は...こ、こ、この半島にはとんでもない秘密があるのでは?などと何にも情報や名前がない以上こっちで好きに考えさせてもらいますよ状態なんですよね。それがボクのドライブだったりするんですけど。実はこの日はまだまだ西に行きたいんだけど、見逃して取りこぼしてたハイドラの岬CPがある猫崎に向かいます。


兵庫県香美町村岡区小城(兵庫県道258号線) 南から妙見蘇武林道ドライブ、この林道からの離脱は?そこで県道258号線。国道482号線は3692mの蘇武トンネルがズッどーんとこの林道の下を貫いてますが、このトンネルが出来る前の旧国道?っぽいルートで東へ神鍋高原に出られるだろうか?いやトンネル開通前は普通車が行き来するような道が無かったんですよ。そこでさらに北に進むとこちらでも県道258号線の表記になってます。地図によっては山田渓谷という紅葉マークがありますね。県道の表記は現地にはないものの、Google Mapではこの写真の場所、どこかと言うと八坂神社の北西、小城の集落へ下りてゆくところ。和佐父の方への道は知ってるので山田渓谷の方へ抜けようとしたのだが、極狭路過ぎてこの先で断念。握りこぶしサイズの落石が多く、ハンドル取られるのとパンクが怖いし、ほぼアウトバックの幅しかない道の曲がり角で路肩も崩れかけてる..これを突破してももしこの先でバックを余儀なくされるとしてここをバックか..という訳でした。と言うか、手前の三叉路には「車両通行困難」の看板はありました。どうやら山田渓谷はクルマで行くところではないようですね。県道4号線の方から南向きにこの県道を試そうと思ったことも以前ありましたが、やはり無理だったと思います。普通の人よりは突っ込みますけど、自分なりに基準はあるのでやはり安全優先ドライブしてます。


兵庫県香美町村岡区耀山(妙見蘇武林道) 雲海を期待してたんですけど、これはこれで気持ちいい早朝の景色。まだ日も低く影の部分が多いんですけど早朝の気持ちいい朝の感じ出てます?土曜日は仕事だったんですけど早めに帰ることが出来て夕方から出発です。中国道から舞若道、北近畿豊岡道と繋いでみると「日高神鍋高原」というインターまでほぼ一気に行っちゃう。ほぼ?そうなんすよ遠坂トンネルは昔からケチって下道..ここは普通に有料でもみなさんはトンネル使って下さいね。地元の県なんだけど初めて一気に高速道路利用で北に向けて走ったがここまで来れちゃうのか...スキーだって神鍋高原なら日帰り楽勝じゃん。少し南に移動して国道9号線にある道の駅「ようか但馬蔵」で車中泊、居心地いいですね、向かいにファミマもあります。しっかり明るくなってから、というかこの時期なんで5時で十分明るいですね。朝ごはんを調達して養父市街経由で妙見蘇武林道に進みます。県道267号線は養父市街の西で切れますが、こちらの林道へ進む道は特に大きな案内は無かった?ように思ったけど妙見山や名草神社の案内はあったかな。古い地図ではこの妙見蘇武林道もダートになってかも知れませんがほぼ舗装済み。この写真は標高を上げてゆくと西の方の展望が広がる場面があるのでそこから、道路からの展望です。どこまでも見えそうな朝、左端に鉢伏山、その左に兵庫県最高峰の氷ノ山もくっきり。(カットアウトしてますが)


兵庫県川西市一庫唐松(一庫ダム) 兵庫県のダムと言えば?阪神地区の人だとパッと思い浮かぶのがこのダムだと言う人も多いと思う。ボクもドライブに目覚めた頃はこっち方面によく走りに行ってました。ただ、その頃はこの一庫(ひとくら)ダムを過ぎたら本番だぜ、ってなもんで早朝のうちに国道173号線で綾部の方に向かって快走してましたね。ちなみにこのダムは神崎川に合流する猪名川の上流に位置していてこのダムあたりで市街地から山間部に切り替わるからドライブの気持ちがワンランク上がるんですね。この日のドライブは午後になって日帰りドライブの後半で立ち寄ってみたもの。このダムは堰の上に県道もあるし、公園も整備されてるし、道路沿いも含めてクルマを駐める場所は結構あるんですけど、今回はいいところが空いてました。ここで記念撮影。この場所は「かに工房」というレストランを目印?に国道の173号線の旧道(現役国道です)から入ってゆきます。結構すごいところにこの「かに工房」ってありますよね。国道沿いとか普通あるもんやのに。この日のドライブは淀川沿いで空が広いポイントを目指したんですけど枚方のお目当てのところ、その付近は「淀川寛平マラソン」のスタート直前、人だらけで撤収。京都市内方面に向かうと市内で車椅子マラソンやってるとのこと、高槻方面に予定変更、そのまま亀岡へ、そして能勢から川西。まだ帰りませんよ。


大阪府岬町深日(みさき公園付近) シンプル過ぎるので説明しないとね(シンプル過ぎるんで勝手に自転車のおっさん入れたけど変わらん)。大阪府でもずっと南の岬町、ここにはみさき公園ってのがあります。この公園と大阪湾の間に一本道がありまして、ここがこの道。南から行くと道路沿いにクルマを止めて穏やかな大阪湾から淡路島、神戸から明石大橋までこの日は見えました。ここは晴れた冬の日しか来たことないのでいつもこんな感じで穏やかな印象。海が逆に荒れても大阪湾なら道路にまで波が来るような感じでもないけど満潮と台風のコンビだと危ないか、まあそんな日にこんなところ来ることもないですよね。この道、南からだとある場所で道が狭くなり、こうなるともうずっと海に沿うところは狭いのでその前に休憩なりしましょう。ここを出ると尼崎までは湾岸線の泉大津PAに寄ることもあるけど、もうサッと帰っちゃうだけですから。国道26号線のバイパスが出来てからはここからの帰りも楽になりました。ところで...大阪湾沿いの道、と言うかこの道を最後に大阪湾を見ながら走れるところ、いやクルマから海を眺めてられるところはあるんだろうけど、知りません。工業地帯とか様子見にフラッと走ったことも過去にあったけど、いいなあと思うポイントは見つけられず。それこそここで取り上げて「はがねいちらしくないな」と言われた(?)大阪市港区の第七岸壁まで。仕事中に大阪湾は見てるからまあいいか。


滋賀県東近江市九居瀬町(永源寺ダム湖) この年一番のモミジはこの木でした。毎年紅葉ドライブに出かけては何かひとつ自分なりに答えを拾ってきます。ネットの紅葉情報はアテにならんとか、標高差がある山道ならどこかで見頃があるとか(具体的に言えば白山白川郷ホワイトロードとか)、写真を撮るにも構図に関してあれこれ、各紅葉スポットも単純に有名かつ都会に近いところは混んでて行くこと無いとか、キャンプ場のある紅葉スポットは大したことないとか、雨と霧こそいい紅葉を見るチャンスとか、雨のち晴れの予報が当たれば最高とか、自分の休日と紅葉のピークは滅多に合わないのであまり早い遅いと言うのは止めようとか...そんな中で今年はやはりちょっと出遅れたかな?の方が写真撮ったり、いい紅葉を探すにはいいかな?と言うこと。例えばこの写真のモミジ、手前中央ちょい下なんてもう葉も落ちてたりしますよね。でもおかげで枝や幹も見えるし、まだ青い部分なんてここまで紅葉も進めばないわけだし..とかね。で、この写真は多くのカメラマンが撮りたがる凝った写真じゃなくピントを全体に合わせてあくまでも写真いっぱいに紅葉を撮る。全部にピントを合わせると目が疲れるとか言ったコメントをどこかで見たことあるけどボクにはそれわかりません。ボクのブログとかね、チラッと写真だけ見て文章など読まない人も多いと思いますよ実際、でもいいです..でもその写真はたった1枚から2枚です、“目も疲れない”はずだから一応撮った人がどういう意図を持って撮ったかわかろうとしてくれたら嬉しい。


三重県伊賀市玉瀧(三重滋賀県道133号線) 三重から滋賀にかけてのダムなどを日帰りで走ってたんですけど、この日はまだまだ明るいうちから帰ることに。行きたいところはまだまだあるけど欲張らずに来々週に持ち越します。この日は滋賀の新しい道の駅に行ってから竜王インターから素直に帰ったんですが、この写真の場所がボク的に反応してしまう場所で県道133号線の名無し峠?県境で運転席は滋賀県で、後部座席は三重県という場所にクルマを止めて撮影。おっと、これは言っておかないといけないこと、県道はボクが進もうとしている暗闇の方、県道を拡幅してきれいな道にしたところで峠からは都合のいい方(市道ですかね)に道を作って拡幅出来ない県道は放置されてこうなったんですね。そういうのネタになりますから大歓迎です。もちろんこのまま狭い県道を行きます。こういうパターンでは県道ということもあるので喜んで狭い方を走るんですけど、実際はホントに興味だけですよね、古い標識とか今も現役の県道だということが分かる何かがあれば嬉しいだけ、実態は「不法投棄禁止の看板VS不法投棄」の戦いが繰り広げられてることも多いし、そりゃ無くてもいいか?と思われたら道路も駐車帯も閉められてしまうます。考えようによってはボクなんかの他府県ナンバーで入り込んだら不法投棄しに来たと思われてしまうよな。11月は近県ドライブ月刊、近日滋賀県また行きます。


奈良県大和郡山市櫟枝町(西名阪天理PA) 名阪国道の天理インターは天理市になるんだけど、西名阪の天理料金所とPAは大和郡山市になるんですね、細かいことなんだけどこういう話好きなんです。名阪国道の高峰SAを出て西に向かうと西の空がきれいであまり寄ることのない天理PAに吸い込まれてしまう。こんな空を見ながら走るのもいいけど、ここで「料金所に沈む夕陽」を撮っておく。海に沈んだり、山の向こうに沈む夕陽は何度も見てるけど料金所に沈むってのは面白い。PAからだとこの写真みたいに料金所のブースに沈むようにはならなかったけど、歩いて料金所のこういう写真を撮ることが出来る場所もそんなにないので貴重と言えばそうなのかも。夕暮れの西の空に向かって走るのなら京滋バイパスとかきれいな西の空を見ながら走ってるけどあそこはPAのひとつもない道だもんね。名神だと山が立ちはだかる部分が多いけど京滋バイパスは宇治から西で空が広いんですよ。11月は近県の日帰りドライブが増える時期、だけど11月ってホントに日が暮れるのが早い。ちなみにこの写真、16時55分の撮影なんですよ。日が長いときなんかまだまだ走り回ってるのに、暗くなるのが早いからバタバタした急ぎ足ドライブになってしまう。ホントあっと言う間に一日が終わります。ま、朝なかなか明るくならないのは好きなんですけどね。


兵庫県香美町村岡区大笹(ハチ北展望駅) 瀞川氷ノ山林道でも爽快な部分、ハチ北展望駅というポイント。ここはゲレンデの一部分になってるのでここから見下ろせるというわけ。すっきりし過ぎる景色なんでツーリング中のバイクも入れちゃいます。雲もほとんどないし、どうもこのパナソニックのミラーレスの青みがかった色に苦労してます(これ愚痴です)。この林道はハチ北を見下ろすだけで下って行けないのでさらにすすみ鉢伏高原にそのまま向かいます。この林道ではこのあたりも稜線近くを行く気持ちのいいところ。ん?なんだこの路上駐車は?と思ったらここが鉢伏山の登山口ですね。ここからは下って鉢伏高原へ。ここスキー場でも有名なところですけど、他のシーズンも部活動のグループや研修?などで混み合っていて、季節外れのスキー場というボクは好きなんだけど、あの寂しさはどこにもなく盛況です。何時間か前に未通区間の終点まで行った県道87号線、再び未通区間を挟んで反対側のこの県道を行きまして国道9号線に向かうけど杉ヶ沢高原方面へ、そして林道を繋いで県道714号線へ。この県道は地図では狭路表記だけどセンターラインがないだけで道幅あります。その後は養父インターから高速道路で帰ってしまいま...いや、遠坂トンネル(北近畿豊岡自動車道)が部分的に有料なんでここは国道を使います。が、これまたゆっくり走るクルマに阻まれてしまい、ボクの後ろもバイクの大名行列。我慢、我慢、牛丼一杯分のトンネル区間の料金ケチったのは自分ではないか...


大阪府大阪市港区港晴(静波橋) 一日中部屋にいれば節約にもなるし、とドライブに出かけない休日を月に何回か作るのですがどうにも頭が痛くなってくる。この日も昼ごはんを食べに外出したまま2時間ほど大阪市内の橋巡りに出掛けてしまう。大阪市には目立ついくつもの大きな橋があるのでこれを繋いで真冬の天気のいい日にボクは毎年のようにご近所ドライブするんですね、今年もやってきました。ただこの橋ドライブ、橋の上にクルマを駐められるような場所はほぼないのでせっかく見晴らしのいい橋からも写真はなし。大阪なら港区と大正区に架かる「なみはや大橋」とか無意味に往復しちゃいたいくらいの橋なんだけどね。大正区鶴町にあるIKEAから景色を見るためにこの橋を歩いて登る人もいるんだよね。本当にクリアな視界のある日なら港区の方から歩いても良かったけど、この日は晴れてるけど霞みすぎ。この写真は?湾岸線で天保山までやって来ました。そして交通量もそれほどなく、それでいて港区のこのあたりの雰囲気をよく伝えられる静波橋からの写真。こちらは北西側を見たところ。霞みくすんだ青空ならドラマチックトーン+モノクロにしてみる。高架の道路が阪神高速の天保山ジャンクションです。大阪市内の写真を撮って楽しむなら歩くのがいいでしょう。クルマだと市街地での撮影の面白さを満喫するのは難しいです。どんどん先に進んじゃいますから。ボクはと言えばやはりクルマ乗ってナンボの人ですから写真は僅かな枚数でしたね。


兵庫県洲本市由良町由良(生石岬展望台) 生石鼻から帰りましょうとしたところで正面からやってきたメルセデス、あのクルマ乗ってる人と言えばKUROYONさんだよね、って本人じゃないですか。ボクがツイッターで淡路島に来てることは知ってたようですが何のやり取りもなく合流出来るとは、と言うわけでしばし談笑タイム、「この上に展望台もあるんですよ」ということで連れて行ってもらいます。この写真は展望台から木々の合間に少し入ったところのポイント、もっと伐採してもらえたらいいけど、これはこれでこんな写真で。生石岬展望台と言うのは新しいところで紀淡海峡を眺めるいい場所に作られた展望台。作りかけの雰囲気もあったけど、花畑でも作るのかベンチでも並べるのか、まだ発展しそうです。ここには先客がいて望遠レンズを海の方に向けていた。鳥でも撮ってるのかな?と気にもしてなかったが、先に来ていたおば様がパイロットボートについて教えてくれてそれを眺めだす。赤い小さな船がよく見ると行ったり来たりしてます。大阪湾に出入りする1万トン以上の船舶はここ友ヶ島あたりでラダーを出してパイロットボートからの乗務員(パイロット)を乗せます、そして港までの案内をするという仕事。なるほど、このパイロットボートの活躍を見て下さいと言わんばかりの場所に展望台があります。そうか船が好きな人にはもしかしてたまらんポイントなのかもね。この日はこの後高速道路でサッと帰っちゃう。周回とは言えないか?淡路島3分の2周ドライブでした。


兵庫県南あわじ市福良丙(県道237号線) 海の上を行く道路、これは神戸淡路鳴門自動車道、県道237号線で鳴門岬に向けて走ると高速道路を渡ります、このあたり。もう少し詳しく書くと鳴門岬から戻って高速を渡る手前になんとか数台クルマを置くことが出来ます(ここしか停車出来る路肩はないです)、ここにちょっと駐車して高速道路を見下そうと茂みに入って行きます。実はここ雑草に埋もれてますがベンチとか設置してあったりするので以前は展望地だったようです。ここからフェンス越しにこんな景色があるのですね、荒れてるのがもったいないです。真冬の昼前で逆光になるので濃い目にエフェクト効かせてますが、夏の朝とかカッコいい写真が撮れそうなポイントです。この場所まで来たらもちろん県道237号線でこの神戸淡路鳴門自動車道を渡るところにも行きましょう。ここは四国向きの真っ直ぐ伸びる高速道路を上から眺めることが出来ます。ありがたいことにここを歩く人なんてほとんどいないと思うけど、歩道が設置されてるのでフェンス越しになるけどいい景色です。ちなみに一眼レフだとレンズが大きいのでフェンスが隙間からの撮影は不向きですが、コンデジはなんとか真っ直ぐ伸びる高速道路の写真撮って喜んでられます、はいこの日のボクですね。この後は福良の市街地へ、道の駅もあるけどボクは国道28号線の淡路島側の終点である交差点とローソンがお目当てです。福良の道の駅が昔は鳴門(撫養港)まで定期航路があった港。ここらの雰囲気は好き。


兵庫県明石市中崎(明石市役所近く) 金曜日の朝、どうも聞き間違えていた今月の土曜日休み、え?明日ボク休みなの?と言うわけで天気のいい土曜日に日帰りドライブ。年末年始の関東ドライブの後、ハイドラを離れて地元をじっくりドライブしたいと思い、先月の六甲山ドライブに続き地元ドライブ、淡路島のゆっくり周回しようと朝4時半に出発。暗いうちに淡路島に渡ってもさすがに早いので阪神高速神戸線の若宮から下りて国道28号線へ、以前のフェリー乗り場に向かう。以前のフェリー乗り場のひとつ手前の信号のちょい手前を左に(信号でもいい)行く。そして直角に右に折れるここでクルマを止めるとすぐこんな写真の景色がある海沿いに出られる。ここはテラスになっていて太陽が南よりに昇る真冬ではこんな感じ、大蔵海岸よりも少しだけ西になるここだとなんとか海からの日の出が見える。寒いのでクルマの中で暖まってサッと撮って戻る技が使えるのだ。この写真はまだ真っ暗のうちからクルマと撮影ポイントの4往復繰り返して撮った数枚のうちの1枚、日の出の撮影ならここまで明るくなったら普通はもう撤収なんだろうけども、「まだ淡路島に行っても早いかな?」とまだ粘って完全に明るくなるまで居座ってました。では、ここから向こうに見える橋を渡ろうとすると面倒で結構走ることになります。その前にフェリー乗り場はどうなってるかな?とすぐそこなので行ってみるとマンションが立ち、交差点名も変わっていた。ここから明石海峡大橋を渡ろうとすると第二神明北線の長坂インターになるのね。フェリーがあればいいのにと思わずにはいられない遠回りです。


兵庫県神戸市灘区六甲山町(鉢巻展望台) 表六甲ドライブウェイにある展望地であり、20台は駐車出来る貴重な休憩ポイント。夜景スポットでもあるけど夜は来たことないです。ボクは六甲山からの夜景と言えばやはり掬星台ですから。冬ということもあってかこの日もなんとか納得の展望、大阪湾の形が分かればヨシと。六甲山にある展望台は有料でだいたい駐車場代が500円だっけ?走るのが楽しみでちょいと寄るには微妙なんで無料のここ。でもそうなると視界が少々狭いんですね、よく出来てるわ、その分有料駐車場のガーデンテラスとかだともっと景色は広がってますよ。この鉢巻展望台からはちょい窮屈な景色でそのへんを誤魔化すためにも案内板とか入れて撮ってますけど、景色だけじゃなくここは神戸という大都市からすぐの場所にある六甲山ってものを実感するためにちょいと寄るべき場所です。六甲山というのは海、街、山のコンボが魅力ですからね。海に近いところ、街中でのいいポイントは勉強不足だけど(仕事でよく走ってたからもういいんですけど)海が近いから表六甲ドライブウェイは短いけどいい道。1時間前には行こうとしてた道が通行止めでアイタタタとなってとりあえず市街に下って来たけど、すぐまた山上に向かってる、それでも楽しいわ。そうだ、六甲山ドライブは雪が降るちょい前が良いですよ。夏とかはクリアに遠くまでは見えませんし。真冬も走れるけど融雪剤でだらけで道路は白いですから(早朝は凍結も)。


京都府宇治田原町高尾下大原(宇治川ライン) 天ケ瀬ダムに向かう宇治川ライン(県府道3号線)からの景色。ちょっと水量が少ないかな?まばらにだけど12月になってもなんとかまだ色づいてる木があってあまりクルマを止めるポイントもないんだけど、見つける度に駐車しちゃう。この時のドライブは2台目のカシオ機(EX‐ZR3000)を初めて持ちだしたのでどこまで写るものか。1/1.7型センサーの1200万画素でボクはまず納得、HDRアートも使えるし実に便利(それでも天気がいい日、ロングドライブなら他のメーカーと合わせて3台持ってく)。このサイズのセンサー積んだものでは他のどれよりチープな印象だけどこれでいいや。宇治川ラインと言われてるこの滋賀県道京都府道3号線。景色も単調だし、これと言った施設もない。京滋バイパスだったり国道307号線と大雑把に並行してるのでボクはあまり走らないんだよね。でもよく思い出してみる。そうだ、この道は結構崩れやすいのか片側対面通行の箇所が多いんだ、路面の注意喚起の凸凹があったり速いバイクはいたりでいい印象もなくいつの間にか避けてたのも事実。今回はこんな曇天でも今まで走った中では一番いい印象だったかな。この日、大阪府茨木市の安威川ダムは大規模な造成工事中でハイドラCPが反応するところに入れず、この宇治川ラインからの橋で行けるかな?と思った喜撰山ダムは関係者以外入れず、さらに次に三度目の正直と言いたい気持ちで訪れる天ケ瀬ダムも工事をしていてCP獲得ダメでした。


滋賀県長浜市余呉町川並(余呉湖) 福井県から滋賀県入り、まだ真っ直ぐ帰るには早いしどこか立ち寄るところは?このあたりならいくらでもアイデアはあるんだけど久しぶりに余呉湖に行ってみる。駅巡りで余呉駅には最近も来てたんだが、周回となると久しぶりなんです。この余呉湖への県道は行き止まりになってるので交通量が少ないのがいいんですよね、静かなイメージの余呉湖はこの行き止まりのままの県道がある程度作ってるんです。一周が6キロほどの湖だし、交通量もないのでどこかで絵になる写真が撮れそうなところなんですが、写真あまり撮らず。これなんか湖よりも空を大きく写したこの写真、ここは反時計周りに周回すればすぐわかるポイント。この日ね、関西でも木枯らし1号が吹いた風の強い日、湖ってやはり波が出たら雰囲気ないですね、この日よくわかりました。いや、わかってたけど、本当にそうだなと実感。波がないことで静かな湖畔の雰囲気があるわけでこの日はそれがなかったんですね。ゆっくり周回し、休館中の国民宿舎のところもやはり雰囲気が出ない...と言うわけで周回して米原インターまで国道を繋いで行き、とっとと帰りました。次回の余呉湖は...波のない日はもちろんですが、春に賤ヶ岳に登って新緑と余呉湖を眺めたいと思ったりしちゃったり...なんですが、体力ないボクに果たしてそれは可能なのか。よく見る賤ヶ岳からの余呉湖のおなじみの景色、好きでこの目で見たいと思ってるんです。


兵庫県丹波市春日町上三井庄(県道709号線三春峠付近) 早朝から加古川線の駅を訪れて多可町のセントラルサーキット...の近くにダムとか行ってました。このサーキットって何かやってるの?とあまり、と言うより全くレースに興味のないボクは存在すら近年まで知らなかったくらい。ちなみに兵庫県でも尼崎に住んでるボクなどは阪神地区以外知らないことだらけ、播磨(大雑把に県の南西部)の方は「ドライブで走る道路」以外は知らないことだらけ。この写真、ここでこんなの撮る人もあまりいないと思うし、ボクみたいにこれをPCの壁紙にしちゃう人はさらに少ないかな。こういう写真撮りながらのんびりドライブしたいんですよ。この日は早朝のうちにハイドラCPの取りこぼしをやっつけておいたのでこの時間はのんびりドライブになってたんです。ハイドラCPも獲れるところみんな獲っちゃえばその後はこういうドライブに戻れると思うんだけど、もうちょいかかるね。この景色は道路から「ちょっといい感じ」と思った場所なんだけど、景色的にここがこの峠越えで一番のポイントだと思う、峠の少し兵庫側を下ったあたり。この峠に向かう前に見えている三宝ダムに30分くらいいたんですね、トンボと戯れておりました。ニホンカワトンボが相手をしてくれましてね、トンボって案外警戒心がないのか、いざとなったら素早いと自信があるのか人が近くに来ても結構逃げませんもんね。逆に大きいトンボほどすぐ逃げちゃうよね。


兵庫県豊岡市日高町篠垣(県道259号線) ちょっと川の名前がわからないのだが(稲葉川?)、その橋の袂の木を見上げると鳥が10羽?もっといる?葉が落ちた状態なんで巣の場所とか丸見えになってますね。この鳥、コウノトリでしょ。大きさ、色、くちばしの形もそう。コウノトリを見つけようとドライブしてたわけじゃないけど、なかなか見なかったわけでクルマから下りて見物。望遠レンズとか持ってないのでカシオのコンデジが12.5倍ズームなんでこれで寄ってみる。これはそこまでズームしてないけど、鳥を大きく撮るのもさほど興味が有るわけでもなく(ニコンのP900は興味あるけどね)、ボクの趣味ならこんな感じ。これで10羽くらい見えます?この木には巣もあるし、とても居心地いいんだろうな。人間がいろいろ良かれと思って人口の巣塔をあちこちに作ったけどコウノトリの評判はどないやろ?ネットで監視されてること知ってるんやろか?この日は昼出発の兵庫県北部のドライブ、この写真の空はもう夕暮れ時のさみしげな青空になってしまいました。この県道は新しいものではないと反映されてないかも知れない珍坂トンネルから神鍋高原に向かうところ。八鹿から神鍋に県道の長いトンネルが近年開通したんですね。このあたりまで来ると走れない道路はないと思うけど山には部分的に雪が残ってる。日が暮れて寒くなってきた?ボクはほとんど夏のカッコなんですけど...


三重県いなべ市北勢町東村(三岐鉄道伊勢治田駅) このあたりには三岐鉄道の路線が2本あり、午前中は主に三岐鉄道の沿線ドライブになりました。北勢線は近鉄が諦めたので三岐鉄道が引き受けてる路線。こちらはなんと言っても762mmの狭い軌道が特徴、電車も小さいんです。そしてこの駅のある三岐鉄道三岐線、こちらは旅客もあるけどセメントの貨物輸送が現役なんです。東藤原駅あたりをGoogle Mapの画像を見てもらいたいのだけど太平洋セメントが山を削ってこの路線でセメントを運んでる様子がわかりますよね、工場も結構精密に写ってるので見応えあったりします。この雰囲気はそのまま昭和です。ボクが全国走りまくり、駅にいつの間にか求めていたのは「昭和」ですね。ボクは新しいものにも古いものにも“それなりに興味を示す”けど、駅だけは昭和です。この駅のホームは蒸気機関車がやって来ても何の違和感もない景色。どんどん建て替えられてゆく世の中でローカル駅ほど昭和のままで、気楽に立ち入れるところってないんじゃないかな?終点の西藤原駅もなかなかですね、ボクは何も知らずに行ったんですけど、この駅舎のデザインにやられました(実は子供向けなんだが)。もし知らないなら検索せずに行ってみません?その後はこのあたりのダムめぐり、そして関が原インターから帰りました。いなべ市あたりはボクの帰省ルートでもあるけど、長閑(のどか)でいいポイントもあるんですよね。


兵庫県三田市大川瀬(大川瀬ダム) ダムにドライブで行くとかあるけど、特別に好きなわけでもなく、だいたいは山の中にあるし、混むところでもないし、ハイドラCPがあるから釣られて行くわけです。特にダムの知識があるわけでもないので専門的なことを勉強することも無ければ、ボクがあれこれ語ることもない。ただ、ダムについて何か言うことないかな?と考えたところで、この写真。ここは大川瀬ダムと言って立派だが他府県の人が知ってるほどでもないくらいのダム。どんなダムでもね、この堰に対してまっすぐ進むシーンはワクワクすると言うこと、もうダムのことで言いたいのはこれくらい。ダム湖沿いの快走ルートを走るもいいし、ちょっとした公園になってるダムもありますよね、そういうところはボク的にポイントアップです、でも目の前に立ちはだかる堰は割れたらビックリ、いやそんなことじゃなく、巨大な建造物として迫力あります。大事なところは見下ろすよりも、見上げることね。この大川瀬ダム、このままもう50m進みたいところだけど、フェンスで行けない。ここまで雑草アタックに負けずに突っ込んだけど惜しい。当然帰りは雑草のバックアタックです。そうだ、ハイタッチドライブ!知らない人に簡単に言っておかないと。ダムのCP(チェックポイント)はダムにあるんですが、イメージするダムよりも、実際には農地の溜池だったり、ダムが見当たらないけどゲット出来たからもういいや、ってのがかなり多いです。川の堰もダムですしね。まだ飽きないので各県のダム行きますよ。


大阪府阪南市鳥取 南海本線の鳥取ノ荘の海側、府道250号線から海に向かっての直線、左手の松の木は揖取(かじとり)神社。この日は夜明け前から市街地を走りまくり、ダムに挑んで山に入って行ったり...空は見てて飽きないプカプカの雲、ここまで来て「海が見たいぜ」ってことになりました。でも「せんなん里海公園」は有料。箱作海水浴場も日曜日は有料、駐車場も一回に付きいくらになるんで抵抗がある。実際には数百円なんだけど、実に高く思えてしまう。海沿いならみさき公園まで行けば公園の外を行く道が海沿いを行くが、ちょっと戻ってきてしまった。そんなこんなでここ阪南市の鳥取で海沿い道を目指します。この日、何ヶ所か大阪湾が見えたけど、しっかり明石海峡大橋まで見えるし、淡路島がずいぶん近くに見える。プカプカ浮いてる雲の日は遠くまで見えるもの、わざわざ雲の多い山間に入りダムとか行ってる場合か?いや場合なんですけど、気持ちは海です。この写真、もう少し海に近寄ってからが良かったかな?あるいはこの写真、クロップしてもいいかな?と思うも、手前に写るボンネットが大事なんでこれでいいや。向かって左の松の木なんてこれ完全にディテール潰れているけど、フジのダイナミックトーンの傾向なのか、弱点なのか、雰囲気重視なんでこれでよし。海まであと100mです。


大阪府熊取町成合北 一気に真冬になってしまった感じ、もう山間部は行けないな、と阪神高速の堺線住之江インターから流出(ボクは深夜でも阪神高速使います)、夜明け前に堺あたりのハイドラ駅CPを集めて岸和田、貝塚と南下、実は大阪府内で畑の写真撮りたかったのね、以前大阪の能勢町で田んぼの写真撮って嬉しがってましたが、同じ感覚。これは熊取町の永楽ダムに向かうところ、府道62号線から分岐して間もなくのところ、コミュニティバスの停留所があったかな?そのあたりからの畑の景色。カシオのHDRアートを曇りの日に使ってみたかったこともあったし、泉南地域(岸和田以南を言う)って野菜畑がいっぱいで同じ大阪でも大阪市内、それ以北で生活してる人にはもう別の大阪って感じ。なるほど、雲が色の感じこそ想定してた通りだけど、妙に滑らかだな。畑の中にある物置?みたいな小屋がポツポツあってなんかいいね、これが無かったらここで撮る気にもなってない。この日はハイドラCPの泉南方面やっつけドライブ、楽しみはダムなんですよね。阪和道から山側にいくつかダムがあるんですけど、ひとつは車両入れずで徒歩になるみたい、結構時間食いそうなんでこれはパス。あとは一般人近づけないもの、かなり山奥で見捨てたのが2つ...まぁダムは最後の最後にじっくり向き合う難関でいいでしょう。


滋賀県多賀町 滋賀県の有名な神社に多賀大社がある。正月は近辺が渋滞する。その近くに胡宮(このみや)神社がある、ここは国道307号線からのアクセスもよく100台分の駐車場もあるが静かなところ。ここはなんといっても名神高速多賀SAから遊歩道でひょいと立ち寄れるのだ。多賀SAはホテルが下り側にあることもあり、歩道橋があるから上下線どちらからでも行ける。この歩道橋のたもとから遊歩道がある。つまりフルトレーラーでもまず駐車に苦労せず紅葉を楽しみに行けるってこと。夜はライトアップもやってるみたいだけど、ボクは電線やライトが雰囲気を壊すので好きじゃないなぁ。


兵庫県美方郡香美町香住区訓谷 シンプルな写真で帰宅後にPCで見てからいいかな?って思いだした写真。ここは佐津の海水浴場の駐車場。この佐津というところまで国道178号線が以前は来ていたんですけど、バイパス開通で国道が県道11号線になったんですね。ちなみにこの県道が素晴らしいドライブ県道なんですよ。もちろんこの後この県道を走ります。この駐車場、8月いっぱいは有料で休日は混んでたと思う。この日は9月最初の日曜日、クラゲに挑む(?)海水浴客もいたけど、遠方からのお客はない、クルマはボクだけ。こうやって写真を撮ってると軽トラが前の道を走ってゆく、ちょいと緊張。昔他に誰も来ない季節外れのキャンプ場でバーベキューとかして遊んでいて夕方帰る間際、軽トラが近寄ってきて「クルマ2台、タープひとつで3000円!」とか言われたことがあったな。シーズン外でもう無料だと思い込んでたから(場内荒れてたし)結構気分悪かったのね、みんな盛り下がったな、そういう過去もあり、まさかあの軽トラが寄ってきて「一回500円」とか言われてたら嫌だもん、9月になったらだいたいこの地域の海水浴場の駐車場はタダなんだけど。(鳴き砂の琴引浜は通年有料だったかな)この後は竹野に行って地元スーパー(ミニフレッシュ竹野)で買い物。新車だけど車内で食べちゃう。


兵庫県西脇市鹿野町(加古川線比延駅) 最近は駅ばかり行ってるなと思ってもらって結構ですよ、そうなんです。この8ヶ月で2500くらい訪れてる。実際には近くを通っただけのところもあれば、こうやって写真撮って「ここ気に入った」なんて思う場所もいろいろ。それでもこれだけ訪れてると、“これだけいろんな駅を訪れた人にしか見えてこない何かがあるかも?”なんて思うわけです。例えば伊豆半島だって一度ドライブで訪れた人と、30回以上訪れた人では同じ景色でも当然見え方も違います。ボクはたくさんの駅を訪れて、駅前やその街並とかを見て何か普通の人には見えてこないものが見えてきたらいいなと真面目に思うわけです。ボクはなんてことない県道を走っていても楽しいと思えるのは、あちこち走り回ってるうちに普通の人がなんとも思わないものが見えてると言うか、感じてるんだと思う。そうして最近は訪れた駅でボクは「駅前」という空間が好きになって来た。それは大きなターミナル駅であっても、小さなローカル線の無人駅でも。ドライブ的にはホームに立ち入れてじっくり自由にクルマを入れた写真を撮れるローカル線の駅がやはりいいですね。この写真はその駅前の雰囲気が気に入って「みんカラ」のヘッダー写真用に撮ったものの元画像。この駅は開業時のままの姿だそうです。駅の西側は播州織の大きな工場があるんだけど、駅は住宅側だけかな。駅前には店ひとつ無く住宅のみ、静かです。


大阪府八尾市(八尾空港) クルマが変わって最初のドライブ、と言えるかな?盆休みのロングドライブ前にならし運転を終わらせておこうと連休を確保して、ならし運転ドライブする予定だったのに台風がバッドタイミングでやって来た。それでも2日間の自宅待機は嫌だし、と言うわけで大雨の中でクルマを走らせる。もしこの日が出勤だったら、この雨の中での運転と作業なわけで、自家用車でのドライブなんて快適です。とは言っても河内長野や富田林あたりでは道は川になってたし、ボクはここまで来て何してんだろ?な土砂降り。すれ違う対向車が水溜りもお構いなくそのままのスピードで走って来ては新車に思い切り水をぶちかましてくれます。そんな雨も午後には一時小康状態になり、写真撮っておきたいなと助手席で出番を待ってたカメラを持ち出せる場所、と言っても大阪の市街地ドライブですからね。この写真は乗り換えて最初の記念すべき(?)1枚なのに八尾空港です。夏の雲をバックに草原とかで撮りたかったのに、八尾空港。本人もビックリです。旅客機とかの営業もしてない空港で、この先に進んでも落ち着いて写真撮れる場所もないのですぐ引き返したんだけど一応敷地内に入るところで記念撮影。前と同じ車種だけど、クルマってカッコ良く見える角度とかは違うはず、いろいろな角度で撮ってみよう(これはリアからの基本形)。この日は市街地ばかりなんで12時間で250キロ、距離を走るならし運転としては一番あかんドライブだったかな?


京都府伊根町「道の駅舟屋の里伊根」 土曜日の晩から出発したけど舞鶴若狭道の西紀SAで大雨のためにこの日は終了、21時半に寝て3時半に起きて走りだす。雨も止んでるしこの時期は4時過ぎから明るくなって来る。もう少し寝てもいいけど、しっかり明るくなって起きると勿体無い気がするので出発、まずは天橋立へ。大観光地もさすがに6時はジョギングする人、店の前を掃除する人などを見かけるだけ。ボクって観光地は早朝にサッと寄るだけでいいのでそういうシーンばかり見てる、これ悪くないっすよ。実は天橋立を歩くの初めて、いつも眺めるだけでしたから。この松林の道、125っc以下のバイクは走れます、この道を歩いて...ツッタカツッタカ♪名水CPゲット、華麗にUターンです、さあクルマに戻って丹後半島へ(ビューランドは9時からだって)。もうこの地方にドライブ言ったらかかさず立ち寄るのが「道の駅舟屋の里伊根」、ここはいつ行ってもいいところに道の駅作ったなあと感心する。この写真はその道の駅からの眺めの一部。朝早かったので売店もまだ開いてないし、クルマだってボクだけ。いつも混んでるイメージだけどこれは新鮮。この日は京都府北部のドライブ、覚えてないくらい走った丹後半島の国道178号線も曇りということと、いつもと違い時計と反対まわりの周回ということでこれまた新鮮。無理やり?新鮮味を作り出すことはとても大事なこと、クルマが変わればそれだけでどこに行ってもしばらくは新鮮かも知れないな、「ほとんど同じクルマやん」って言われそうですが。


京都府綾部市野田町西谷 ここは国道173号線の綾部大橋の下、クルマを止めてるこの道は橋を潜ってからすぐまたこの橋を潜る。なんでこんなところにいるって?国道27号線を走っていたボクは右折して由良川に架かる府道450号線の橋を渡りそこねたんですね。そこで綾部大橋を渡ってからスルスルと狭い道を下りて行き、府道450号線に進もうとしたわけ。この府道450号線、地図を見たところで市街地を離れたら多分快走路、でもさすがに国道27号線の方が走りやすいでしょ。確かに府道も快走路だけど、いきなり狭くなるところもあるし。ただ、それでもボクがこっちを走ったのは山家(やまが)駅に行きたかったこと、そして由良川と山陰本線、国道27号線のコラボ写真が撮れたらいいかな?というところ。その写真がないということは、そういうことなんです残念、あまり川が見えなかった、畑と線路はいい感じでしたけどね。府道としてはイマイチでしたが十分探索の面白さは味わえました。しばらくはハイドラのCP集めがメインで道路の探索は控えめ、ただしCP集めのおかげで面白いものが見つかるという展開は予想通りです。この綾部と言うところ。ドライブに目覚めた頃、国道173号線を朝から北に向い、一気にここまで来て朝マック(国道27号沿いにある)してこの後の作戦を練るということを何度かやってました。だいたい宮津の方に行ったかな。


滋賀県長浜市高月町片山 奥琵琶湖パークウェイは多くの区間で一方通行路になってしまった。制限速度は30キロから40キロになり対向車もないのだから走りやすい。でも湖の景色は運転席側ばかり、パーキングも限定的だけど、実際には一方通行路になりどこでも停車出来る道にもなってますね。路面も一方通行路仕様のラインが引かれてるしもう以前にような道に戻す気は無さそうです。この写真はそんな道路からのもの、まだギリギリで新緑と言える頃なんだと思う。琵琶湖の最北部はこんな感じ、湖が山に面してるのこのあたりだけであとは平野と言うか、街だったり、多くは畑だったりなんですね。その少ない山の部分を行くのが奥琵琶湖パークウェイ、地味だけどいいドライブウェイです。この写真を撮ったところもそうだけど、最近伐採が進んだのかすっきりした部分が増えたような気がする。元々崩れやすい場所で一方通行になったのも元はそんな理由だと思うので、景色が良いポイントというだけで展望所が出来るものでもなさそう。この日は琵琶湖一周も考えていたが、結局は半分で終了。走るだけで一周なら大津の市街地以外はストレスもないけど、ボクは大津あたりから反時計周りで一周ドライブをやろうとするとこの奥琵琶湖パークウェイで「もうこのへんでいいや」になります。それは一周すでにしてるからでもあるんだけどね。それに"湖西の大津市街をゴールにするのは作戦ミス”です(面倒なところ最後にしてだめ)。


滋賀県長浜市余呉町余呉駅 GWと言っても前半は土曜日の仕事だし、今年はカレンダーの並びが辛いところ。とか言ってみても、ボクなんか休日はイコール自由時間ですからね、貴重な休日に買い物の運転手させられてショッピングセンターの駐車場の順番待ちとかの同世代を見ると大変だなと思います。いや、そのためのクルマだった、ごめん、ボクの方がどう考えても普通じゃないのね。で、そういうクルマを横目に好奇心最優先でこの日も琵琶湖周辺を走ってみる。そして余呉駅、この駅は気に入った、いやこの駅が見えるところひっくるめてこの辺りいいですね。近くには静かな余呉湖があり、県道もどこかに通り抜けてるわけでもないので交通量もない。山に囲まれて田畑が広がるこの場所、もちろん民家もそれほどないのだが、やはりローカル線ではなく北陸本線の駅、ホームが長く立派ですね。吹きさらしで寒そうなのが特にそう感じさせるんだろうな、長いホームにしばらくたっても誰も来ないのも不気味、なんて言ったら失礼、不思議な感じ。この後でボクは畦道を走り戻るのだけど、この畦道からも立派なホームを見渡してみる。これ夜なんか真っ暗になこのあたりに煌々と駅の明かりが伸びてるのかな?行ってみたくなって来た。夏なんかカエルの声とか凄そうだ(聴きに来ようかな?)。


兵庫県たつの市御津町室津 3連休前で午前様になったにも関わらず、4時前に起きてしまい出かけてしまう。普段は5時間は寝ないとしんどいと思っているのだが、この日は異様に元気で眠くなったらそこで寝ればいいとして西へ向かう。やはり高速道路は眠いので姫路から下道へ、国道250号線で海沿いドライブ。とりあえず「道の駅みつ」に寄るもボクは駐車場にガードマンがいるような道の駅はどうも好きじゃないのね、つまりは混雑するからガードマンがいるわけでね、「そこに駐車して下さい」と指示されるのも面白くない。そんなに意固地になることもないけどね。と言うわけでトイレだけ借りてすぐに西に走らせる。このあたりは「はりまシーサイドロード」という部分、地図で見て思うよりも実際に走ってみると結構楽しい区間で、真冬の日帰りドライブでは結構ここを走ってます。道の駅ではゆっくり出来なかったと言うか、あの道の駅は落ち着ける道の駅ではないので室津の漁港へ。この写真の漁港へ下ってゆくところがいいんだけど、祝日でもこの道をトラックが行き来するんですね、横を走るトラックの「どこ止めとんねん」というエンジンの吹かし方が何か言いたげなので、この写真を撮ったらすぐ移動。ぼちぼちクルマを止めるポイントはあるけど国道沿いには決定版ポイントはないかな?やっぱり一般道を走ってる分には眠気も消えた。とは言え、せっかくの3連休、まだ地元兵庫県走ってるんだよな。日帰りで行けるところは日帰りで行くべきなんだが...


京都府宮津市 宮津市と言っても丹後半島の真ん中あたり、世屋高原というのを見つけたらそのへんの府道618号線を追って下さい(この府道はダート区間あります)、その県道の色が途切れたあたりに「駒倉」と言う集落がかつてあった。今は廃村ということになっている。この写真ではクルマの前にここに集落がありましたという石碑が立てられている。コンクリートが部分的に残ってたりして確かにここに集落があったことわかります。ボクみたいなドライブをしているとかつては集落があった場所というのはそれほど特別でもないのだが、ちょっとだけ複雑な気持ちになるのは確か、そしていろいろ考えさせられる。今後もそういう場所は増えるだろうしね。思えばこの日は梅雨の晴れ間を狙って丹後半島の青い海を見るつもりだったが、やはり狭い道ばかり走るドライブになってしまった。それはそれでいいけどね。実は丹後半島に行くなら碇高原の展望台、その向かいの笠山展望台に行こうと思ってたんです。前回も曇りだったのでスルーした場所、今回はそれでも行ってみたんです。ところが碇高原の展望台(駐車場は広い)へは雑草だらけでルートすらわからずに登れない。笠山の方はロープで入れないようになってたし、こちらも雑草で進めない?もうダメかな?行ける時に行っておけば..になってしまった展望台、なんとかして。


三重県亀山市 鈴鹿スカイラインを往復した後、再び滋賀県側へ。鈴鹿スカイラインからひとつ南の県境越えである安楽越林道へ。これ新名神の鈴鹿トンネルの上を行くルート。ところが..昼間通行止だって?夜間通行止ってあるけどね、ここ昼は工事で常時通行止め状態、あきらめてもうひとつ南の県境越えルート、国道1号線の鈴鹿峠で三重県へ。そして以前から気になってた場所へ向かう。そのポイントがここ、三重県道302号線で新名神の錐ヶ瀧(きりがたき)橋を見上げる場所。新名神を走っていても「とんでもない橋だな..」と思い、そのうちこの橋の下に行ってみるかと思ってたんです。安楽越林道のの通行止めがアイタタタ..ってのはここを目指していたからですね。大回りで関に出て、フラワーロードという使える抜け道で県道302号線へ、スイスイ行きますね。工業団地を行くこのフラワーロード、亀山と言えばシャープの工場?この道沿いにあります、デカイ〜。写真はとりあえず「おおぉ!」と思いクルマを止めたところ。もちろん真下にも行く、畑の方に入って行く道があるのでちょっとそちらへ、新名神の上り線と下り線の真ん中で見上げてみる。すごい高さで柱も細く見えちゃいます。この後は再びシャープの工場の前を通り(来た道戻ったわけね)、国道1号線へ、コンビニで作戦を練りながら昼飯。もうこの時点でお昼なんだよね、1時間寝坊して出発した上に桂川PAでちょっとだけ寝るつもりが1時間寝ちゃったツケが...


兵庫県香美町 西からのアプローチは林道が通行止め、そこで余部からのアプローチで灯台へ。こちらからは灯台まで行けた、その先はすぐ通行止。ここいいね、灯台の横までクルマで行けちゃう。別に書くことないことなんだけど、パジェロで来ていたおっさんが弁当を食べていて、これを灯台にある青い看板で上手いこと隠してるんですねこの写真。ただおっさんがいるだけなら、そろそろ移動してくれるかな?と思ったりするけど、弁当ですからね、移動しないよね。海が見下ろせるところにクルマを置いて記念撮影したかったけど、また今度。この灯台にはちゃんと駐車場あるんですよ、でも道が続いてたらクルマで入っちゃいます。さてと、割とあっさり撤退して新しい余部鉄橋を潜って国道178号線のバイパス(余部道路、香住道路)へ向かいます。あれ、新しい余部鉄橋の横に旧橋が残ってる?残してるのかな?あれ残しておいて欲しいな。初めて鳥取までドライブした時のこと、特にこの橋を見に来ようとしたわけでもないけど、通りかかって目にした時、元鉄道ファンとしては当然この橋を知ってたわけで大いに感動したもの。今は以前何度か休憩した橋の下の駐車場はなくなってました。どうやら「道の駅あまるべ」ってのを作ってるようです。道の駅のカンバンまで設置済、シートがかけられていたけど、字が読めるようになってるのは意図的だったんだろうか。山陰地方って道の駅がポンポン出てくる気がするけどこの余部鉄橋の下っていい場所じゃない?お世話になるよ。


兵庫県朝来市 3年前から行きます、行きますと言いながらなかなか行けなかった和田山(まだこの地名が出ちゃう)の竹田城。案内に沿って迷うことなく駐車場に向かいます、こんな狭い道でまだ上るんだ、有名なところだからクルマも多いだろう、対向車来るなよとゆっくり祈りながら進む...駐車場に着いてわかったが一方通行の措置がされてて帰りのクルマはこっちには来ないようになってました。さて歩いて登ります、しっかり雨になってしまいましたので傘をさして歩きます。車両通行止めにした車道なんで歩きやすいです。城跡に着けば景色も雰囲気も素晴らしく「もっと早く来たらよかった」と今さらながら思ったりして。ただ天気は予報より早く本気の雨なんで傘を差して片手でデジイチを構えます。傘は風で飛びそうになるし、カメラのレンズは水滴を拭くのに忙しい、実際撮った写真の多くには水滴が写ってた。レンズは防滴なんだけどカメラは... ここ竹田城と言えば雲海、ボクは今回実は下見だったんですね。やはり雲海にこだわりたい場所だから。家からの距離、時間を計算すれば4時半に出てノンストップで行けばすっかり明るくはなってるけど、雲海はまだ残ってる時間。これでもよし、得意の車中泊で夜明け前に着くもよし。再訪問は案外近いかも知れない。11月に休みはまだまだある。


兵庫県神戸市 こうしてみると大阪湾って狭いよね、実際に大阪にいると狭いとは思わないのだけど。六甲山に上ると関西の3つの空港が見える、ローカルなところでは八尾にも空港があるのでもしかすると4つ見えちゃう、これ結構すごいかも。とにかく今度ここに来るなら和歌山の方まで街の灯りが続いてる景色が見たいと思ってた、そしてこれ、街の灯りが低い雲を照らしちゃったけどいい感じ。六甲山にはいくつか展望台があるけど、どこも駐車場代やら、有料道路代がかかる。でも六甲を縦断する県道があるじゃない、ここからはこんな夜景は見えないのか?これが意外と場所がない、クルマから景色を見ることが出来る場所もわずかにあるが競争率高い、やはり500円くらいは覚悟して展望台に行くことがお勧め。この写真はね、超広角レンズを使ったちょっと遊び心のあるもの。もちろんもっと寄った方が美しい夜景の写真が撮れる。このレンズでの見え方は標準レンズとは違うので例えばこの写真であれば街の灯りも少し離れたところから広がってるみたいだが、実際はもっと近いところから街の灯りが広がってる。それでもこのレンズを使ってみたのはポートアイランドからぐるっと大阪湾を写してやろうと思ったからですね、そういうところが見られる日を選んで行ったんですから。この日は東日本大震災から12日後の平日の夜。店舗の大きな看板も節電モード全開で消灯されてたが、平日この時間のここからの夜景、光の量に大満足。


滋賀県米原市 “富士山と新幹線”を撮りたいのだけども、ちょっと遠いので近いところで“富士山と伊吹山”です。30分ほどでもかなりの列車本数があるのが嬉しい東海道です。のぞみ号はシルバーの車体でカッコいいけど、やはり白い新幹線が絵になります。しかしシャッタースピード次第では簡単に新幹線がピタッと止まって写るんだね。


兵庫県宍粟市 この景色を見た時に今日はドライブに出かけて良かったと思えた。紅葉の景色はしっかりと色づき、モミジだと真っ赤なものがいいように思うけど、いろんな色が同時に目に飛び込んで来ることに良さを感じるボクはこの写真の方が趣味に合致する(ボクはこの手の写真はいくら撮っても飽きないと思う)。枯葉を敷き詰めている林に残った葉は少ないのだが、鮮やかな色は残ってるし、おかげで光が差し込んで来てます。ここは音水林道、地図を見て紅葉マークが入ってる道を探しながらちょっと気になってたところ。でも何せ林道です、狭いし運転もさらに慎重になります。枯葉が道路にびっしりなんでどこまでが路肩なのかもわからない状態でしたから。そういう道なんでこういう景色はクルマから下りて歩かないとたとえ道路沿いであっても気付かないんですよね。この日は黄砂で白い空になってしまいました。青空に白い雲が浮かぶ空こそが一番なんだが、この写真に関しては逆にちょっと違うイメージを作ることが出来たみたいです。紅葉のピークが過ぎても美しい景色がもうないなんてことはないね。ところで今回のドライブはレンズ一本だけで通しました。ZD(ズイコーデジタル)の12−60mmだけ、紅葉ドライブでは11−22mmと18−180mmをこまめに交換してたけど今年は楽でした。このレンズが得意とするのは今回のようなドライブなんだね、よくわかりました。


兵庫県南あわじ市 灘黒岩水仙郷(1人500円)は以前から行って見たいと思っていた。急斜面の遊歩道からは海と水仙の素晴らしい景色が展開する。水仙を向こうに海を見下ろす写真を撮っていたが、遊歩道を下ってきて見上げたところで雲が流れてきたところで撮影、遊歩道の柵と展望所の屋根は写りこむけどいい雰囲気でしょ。見ごろは1月〜2月、ボクが訪れた時はまだちょっと早かったかな?


京都府舞鶴市 春になり雪の心配もなくなると日本海側に行こうかとなる。だいたい丹後半島あたりに出向くのだがこの年は舞鶴から若狭にでも行こうかと思い立ちやってきたのは空山展望所。舞鶴市街中心部から県道21号線で北に向かい、三浜峠から東に行く林道、これが林道三浜空山線。手元のツーリングマップルは古く6年も前のものなんで「秘境気分に浸れる」なんて書いてあるけど、実際は明るく走りやすい展望林道。空山はアンテナ設備の山だが、この設備から東は市道空山線(“大浦空山ロード”の通称、看板あり)という“やりたい放題”に切り通して作った道。この道路の写真も一応1枚撮っておいたが、舞鶴市のサイトでこの道路の開通を紹介するところで同じ場所で同じような写真だったんでボツにしてやりました。センス同じなんだな。この市道と林道は幅員5mあり路面良好。唯一の施設は写真の空山展望所。ここからは若狭湾から丹後半島、眼下には三浜の景色も見られるのだがこの時期らしく霞んでる。もうひとつ言えば、この展望所ももう少し高い展望台を作らないと育った木々で特に見下ろす三浜の景色が見づらい。せっかくいい場所にこういう展望所を作ったんだからね。ここに繋がる市道みたいに「作るのが目的じゃないの?」という言われ方をしちゃう展望所じゃもったいないと展望所ミシュランのはがねいちさんが言ってるわけですよ。と言うことで、この展望所から少し西に下ったところの道路沿いの方が景色は良かったのでありました。


兵庫県宍粟市 国道29号線で鳥取から戸倉峠を越えてしばらくするとダム湖沿いを走ることになる。このダムが引原ダムで、このダム湖が音水湖(おんずいこ)。11月中旬の国道29号線は峠付近の紅葉は終わってしまってるが少し標高を下げれば、ちょうどこのダム湖あたりはいい感じで駐車場のもみじもこんな感じでした。この手の写真は見上げながら自分でここだと思ったところで撮ってきたつもりだが、PCで見てみると「うーん...」と納得はあまりしないのね。この手のものは少し切り取ってまとまればいいが、これは切り取ることもなくそのままです。赤く色付いた葉だけど、こうして光の当たり方や、影の入り方だけでなかなか面白い絵になるもんだね。同じ日にこれと同じような構図で黄色の葉バージョンも撮ろうとしたけどこっちは適当な木を見つけることが出来なかった。それにしてもこの手の写真は撮ってて楽しい。どの葉にピントを合わせるか、どの葉、枝まで写し込むかとか考えて10枚くらい撮る。え、それだけ?もっと撮ればいいのに。キリがないのだ。(後でもっと撮っておけば...になるんですけどね)。この青空と赤い葉の色の組み合わせはありそうでボクの中になかったかな?


京都府京丹後市(丹後町) この日のお目当てだった碇高原近辺の探索は少々時間も押しての到着だったこともありここで終了、というかここに着いた時点でちょっと疲れちゃってました。ここは国道178号線からは丹後半島縦貫林道の太鼓山線(ここまでは多くのところで2車線あったりする)で北からスイスイ来れる。写真では左手奥の茂みの向こうからの道がそう、この場所はステーキハウスの手前でベンチなどがあり、ヒツジに触れたり出来るところ。ここに来るといかにも展望台ですよという建物が2つ見えるので両方行ってやろうと思ったんだけどね、両方断念、実はすぐ後ろに厚い雲が迫っていてこいつに覆い被されてしまった。日帰りで来れるところだし、きっと素晴らしいであろう展望台からの景色は快晴の日にちょっとおあずけ。道路沿いにあった小さな看板には20分くらいで登れそうなことがあったようになんとか記憶してる。さて..帰りは県道で半島の東へ下ったが、途中で狭い上り道を見かけた。地図にもないこの道、うーん..ネットの空撮画像でもちょっとわからないか、車で展望台行けるかも。いつも言ってるけど展望台を作る建材はトラックで運ぶでしょ。この道が一般道になってるか、管理人専用かどうかの話だから。


京都府京丹後市(丹後町) 立岩(たていわ)は後ヶ浜(のちがはま)海水浴場にある周囲1キロの柱状節理の玄武岩。以前からこの岩は見ているが観光スポットとして登場するものとは思ってなかった。ところが9月になり、静かなここに独り行ってみるとなるほど、である。写真ではわからないが周囲1キロというから相当だ。場所は“道の駅てんきてんき丹後”のすぐ近く。夏休みならここから歩いてもいいが、それ以外なら道の駅から西に進み次の信号を真っ直ぐ(国道は左折)行けばすぐ右側に後ヶ浜の駐車場があり、ここでもう立岩が見えてくる。写真ではいい天気だが、実は30分日差しを待った。ちょうど真上の雲が太陽の邪魔をしてたからね。その間にテトラポットに座りながらなかなかいいものも見せてもらった。向かって左側は海辺だが、右の穏やかなのは竹野川の河口。ここにいる魚を立岩から様子を窺っている鳥が捕りに行くのだ。一気に川に飛び込み、魚をくわえて飛び立って行くシーンはなかなか「ダーウィンが来た!」って感じで(?)ちょっと感動、そういうのを見ていれば30分など早い。日差しを待ってとんびのおまけ付きで立岩を撮って来ました。この岩?登れるのかな、素人にはちょっと無理っぽかったけど。


京都府京丹後市(久美浜町) 久美浜湾に突き出すような兜山は標高は192m程、手元のマップルには好展望マークがあるのでちょっと行ってみる。とりあえずキャンプ場の前にある駐車場に着いた。遊歩道を示した案内を見てちょっと歩いてみる、そしてそのまま歩いて20数分、展望台に到着。山の北側にあるここからは素晴らしい眺め、写真は北を見てるが西も東も素晴らしい。この山、車で直接展望台に行ける。歩いて登ったが展望台の少し手前で遊歩道も車道と合流する。麓から展望台が見えたときに「あれを作ったなら車道があるだろ」と思ったが、その通り。山の東側を行く道路を気にしていれば兜山登山道の案内がある。この道路は完全1車線で2mの幅制限らしき鉄製のゲート(冬季通行止め用だろう)を超えてからは対向車が来ないことを祈るだけ、ボクは車でもう一度展望台のところまで行きました。さらに、展望台に着いても他に車が来てたらUターンする場所がない。つまりこれはまずUターンしてから展望台に行きましょうってことだね。それにしても、このマップルの好展望マークはおかしい、この展望台にこのマークを付けないと。この後、大雨になりドライブは中断することになる。よかった、雨具がないままあの雨くらったらどうしただろ。“にしがき”で着替えを買ってやはりドライブ続行するだけ。 


滋賀県米原市 午前10時になかなか晴れそうもないので長野道の岡谷インターから尼崎の方を向いて走る、まだ帰ってるのではない。この後のドライブを天気の回復まかせにしただけ。あっさりビーナスラインでの晴れ間は諦め、西から天気も回復してるみたいなので西に進みながら晴れたところで高速道から下りようと。飯田、恵那、このへんで晴れて欲しかったが関が原まで来てここで一般道へ、夏の伊吹山を見に行こうかと(小牧あたりで晴れてきた)。この写真は東海道本線を行く特急しらさぎと一緒に撮ったもの、この場所は新幹線も同時に見ることが出来るところ、このあたりは鉄道の写真を撮る人も多いんだよね。この日も習志野ナンバーの車で来ていた人に「こんにちは」されたなー、絶対「撮り鉄」に思われたね。ここは丁度東海道本線が南北に向いてるところで線路の西側に市道が沿うところ、ちなみにこの道は真冬は日陰になるので雪が残りノーマルタイヤで走れなかったりする。冬の伊吹山を見にきてこの道で撤退したことあるんだよな。これ杉の木も邪魔だけどボクのこの日のひとコマとしてなら、これかな。


京都府京丹後市(丹後町) いつでも行ける、そう思ってるとなかなか行かないもの。ここがボクにとってのそれだった。今度丹後の方に行くなら..と言ってる間に青森の尻屋崎に2度行った。なのにここは後回し。そんな経ヶ岬に行ってきました。広い駐車場からも場所は選ぶが灯台が見える、あそこかぁ、近い近い行ってみよう。遊歩道は整備はされてるが、倒木が怖いところもあった(放置でいいのかアレ)。そうは言ってもあっけなく到着。歩いてきた山が背後にあり、おかげで雑多な雰囲気もなし、灯台と広がる海だけの世界があるじゃないですか。そこでこの写真、この写真から想像出来ることはなんでしょう?あまり歩き回る場所もなく(室戸岬よりはマシだが)、背景との組み合わせに苦慮して開き直った構図というやつですね。でもここのイメージを悪くする写真じゃないと思いました。他にアイデアもなかったのですが、光の当たり方が良かったんでね。さらに言えばボクは青と白の組み合わせが単純に好きなんです。この経ヶ岬灯台への駐車場、車も多く賑わっていたのに売店も潰れていた(この時期に営業してないからそう思いました)。また、せっかく近年建替えて新しくなってたトイレも放置気味で手入れがイマイチ。ボクはコンパクトで見所も多い素敵な丹後半島を応援しようと思ってるのに残念だなぁ。


京都府京丹後市(丹後町) 国道178号線に素晴らしい展望所がある、桜の時期にここをパスする理由はありません。それは犬ヶ崎トンネルの東側にある丹後松島展望所で、海側にテラスのような場所があり、山側には10台分ほどの駐車場がある。松島の展望所になっているのでそっち方面(右の方)の海岸線もいいのだが、写真は展望所の東端から左を見下ろしたところ、「春霞と海と桜を見に行く」というこの日の軽い目標は完璧に達成しました、こんなことは珍しいぞ。この駐車場に車を置いて、海の方に下りて行きたくなるが歩道はなかったように思った。ここは公園じゃないからね。もし入って行けてもそれは“侵入”になっちゃうか、残念。この日、国道沿いの桜は散り始めのものもあったが、この絵になる桜は満開だった。もし葉と花が半々だったらこの場所で悔しい思いをしただろうね。桜の名所じゃなくても楽しめるくらい日本には桜がそこらにいっぱいある。それらをどんどん移動しながら見て行くのも移動手段を持つ人の贅沢な鑑賞方法だとあらためて思った。決して人が集まり、大渋滞になる名所の桜を悪くいうことはないが、桜を楽しめるのは年にせいぜい2日、ボクはやっぱり適当に移動しながらの桜鑑賞ドライブをしてしまいます。


京都府京丹後市(網野町) 丹後半島を周回する国道よりさらに海側を行く府道665号線、久美浜から網野の海沿いになります。この県道は特筆すべきものでもないが、海を見下ろす景色と磯の集落はゆっくり走ってドライブを楽しむタイプの人には薦められる。この県道を行くと五色浜園地と看板があり、海の方に下って行ける。ここは駐車場、トイレ、遊歩道を整備されている。ここは岩の上を歩いてどんどん海の方に行けるのでこっちに進みましょう。この岩礁を伝って行くと気付くことが実はあるんです。それはどうもこの岩礁に建物の基礎が残ってるみたいなんですよ、コンクリートで建物の跡があるみたい。そう思うと道が途切れたような展望台などにもいろいろ想像が膨らむ、ここから橋でも?まさか?そんな想像力が働くのです。そんなことよりも素直に青い海と整備された公園を楽しんだ方がいいと思いますけどね。ここは最新号はわからないが、家にあるいくつもの道路地図にも記載がない。でも足を運んで時間を損したなんてことはない静かな公園です。繰り返しになるけどあんなの展望台じゃないですよ、ただの「行き止まり」ですよ。そこまでの道が立派過ぎるから?海の景色より気になります。


滋賀県米原市 夏の伊吹山は3度目、決してクリアな視界でもないけどこの時期はそれがお目当てじゃありませんから。伊吹山ドライブウェイは夏場は営業時間も長い。かつては24時間営業もしていたが、今は3時〜22時。ただ駐車場でなら車中泊もいいですよとのこと、涼しくて寝やすい。でもこの駐車場じゃ携帯電話も繋がらないし(別にいいけど)、トイレも...紙も自前だしね、設置しても霧が多いので紙がダメになっちゃうそうです。ということでボクは琵琶湖沿いで寝る、そして夜が明けて雲がないのを見てから登ります。写真では雲が東側に発生、道路も濃霧の区間がある。しかし終点は晴れてます。こうしてみるとこの駐車場からだって素晴らしい景色が広がっているんだね。さてお手軽登山、お薦めは中央ルートで登って西ルートで下りる。滑って転びたくないならこれで決まり。頂上は売店もあり賑やか、お花畑はカメラマンでいっぱいです。頂上付近からは各方面の絶景がある。1377mの標高だが思ってる以上に高さを感じます。夏も涼しくて気持ちいい。


兵庫県淡路市 ここは“花さじき”というところ、駐車も入場も無料なんだが年中何かの花を育ててくれている。ここに来るたびに淡路島は花の島ということで売り出したらいいんじゃないか?と思ってしまう。淡路島に来たなら寄ってみましょう。海をバックに写真を撮るなら午後の方がいいかな?大阪湾に向いて花畑が広がる。ここは斜面に花畑が広がるのだが、入口が一番高いところにあってそんなに歩かなくても立派な展望台に登れるという足に優しい(?)ところ、ボクは3度ここに訪れているのだが中腹にすら下りたことがない。いつも見下ろせるところを軽く歩くだけです。この花さじきもHPでは季節ごとに花を植え替えている。繰り返しますが、ここは無料なんです。ボクは売店でも缶コーヒーをせいぜい買う程度です。お金を落としてゆきません。どこも財政難だと思う。お金がないからとここがなくなるくらいなら200円くらいの入場料ならいいんじゃないか?と思ったりね。ここは無料なんで24時間開いてるのかな?防犯の都合で駐車場は閉鎖されるかもしれないけど人はいつでも入れると思う。夜明け狙いますか?


兵庫県淡路市 神戸淡路鳴門自動車道という名前はなんとかならんか?と思う、長すぎる。ボクは頭の中では鳴門道ということにしてますけどね。ちなみに神戸(山陽道とか名谷ジャンクション)ではこの自動車道方面には「徳島」という地名が出てきます。淡路島はスルーされてますね、限られた標識の中じゃ仕方ないか。写真はこの日のお目当てのひとつだった北淡震災記念公園の後で島の東側に行く途中で見晴らしのいいところを見つけて撮ったもの、場所は高速道路にもPAがある室津あたり。この高速道は珍しく神戸からだと左手に海が見えていたかと思うとまもなく今度は右手に海が広がる。ここはボクの知ってる高速道からの景色でもお気に入りのところだ。いつも淡路島ドライブとなると時計回りに島を回ってしまうのだが、この日は島の北部だけでした。初めて島の西側を午前中に訪れて海の青さにちょいと感動。西側の県道はもしかすると尼崎最も近い海沿い快走ルートなんだよね。東側の国道より海が近い。


滋賀県草津市 ベンチも凍りつく氷点下の朝、琵琶湖沿いの公園でカメラを構えていたら水鳥がボクの足元に寄ってきました。人間に対して警戒心もないこの鳥はボクの回りを歩き回ってクエックエッと鳴いてました。今思うとこの鳥たちはボクに餌でもねだってのかもしれないね、そんなこと思いもせず戯れてしまいました。そしてこの後20分くらいボクの周りを歩き回ってから湖に戻って行きました。ボクは結構、動物や虫(?)に好かれるんだよなー。ところでこの鳥たちは家族?この集団はなんだろうね。人がいっぱい居たらこっちに来てくれたかどうかわからないな、やはり朝はいいね。また同じ時間に行ったらこの鳥たちに会えそうな気がする。琵琶湖沿いはこんな公園がいくつもある。スカイラインの頃は冬となれば冬眠と言ってあまり出かけなかったが琵琶湖には何度か行ってました。


滋賀県草津市 ここはボクの冬の定番ポイント。県道559号(さざなみ街道)には駐車場と公園がたくさんある。中でも「志那1」で駐車場入ると水鳥たちが集まる場所がある。混んでいたらとなりの駐車場でもいい、近くです。目印は南からなら水門越えてすぐ、北からなら「志那2」の次。ここはいつもカメラマンが集まっている。湖の手前数メートルのところにロープがあるので鳥も人が来ないことを知ってるみたいです。


滋賀県米原市 写真の伊吹山は岐阜県と滋賀県の境なんです。ドライブウェイの山頂駐車場は滋賀県だけど、スタートでもある料金所は岐阜県。ボクは関西エリアとして扱う。写真は頂上ではなくドライブウェイから見た稜線の一部、雲が湧いているところ。山頂付近はすっかり雲が被さっていた。それでも高い料金も払っているし頂上まで駐車場から歩いて行った(10分くらい)。もちろん展望もなし、ゴーゴーと強風が下から吹き上がり雲が目の前で発生し自分に吹き付けてくる。それで駐車場まで下りてくると北側は青空が広がり、山並みが広がっていた。頂上だけ嵐。写真は夏の朝7時くらい、この時間の山は緑に輝いていると言ってもいいくらい鮮やか。伊吹山は東海道のルート上にあるが、本州のくびれたところにあり日本海からの風が入ってきて気象も他とは違う。





TOPに戻る